スポンサーリンク

9月25日、日本から遠く離れたドイツで開催されているカメラの祭典『Photokina(フォトキナ)』にて、Panasonic(パナソニック)がフルサイズセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラ「LUMIX S」シリーズを発表しました。

2019年春発売予定で、価格は未だ不明です。

ソニー、ニコン、キャノンに続き、各メーカーから続々とフルサイズのミラーレス一眼が誕生しています。予想はしていましたが本格的にフルサイズミラーレスの時代に入ってきました。

 

「LUMIX S」シリーズってどんなカメラ

Image: PanasonicLumixVideo/YouTube

「LUMIX S」シリーズには「S1R」と「S1」の2機種あります。「S1R」が4700万画素の高画素モデル、「S1」が2400万画素のスタンダードモデルになります。

 

動画においては4K/60pの撮影に対応。また、ボディとレンズ両方を組み合わせた手ぶれ補正システム「Dual I.S」対応で、手ブレも大きく強化してきました。また、記録媒体はXQDとSDのデュアルスロットに対応。3軸チルト液晶、防塵防滴にも対応しています。

 

スポンサーリンク

ライカ、シグマのレンズも共通で使える「Lマウント」

「LUMIX S」シリーズ
Image: Lumix UK‏/Twitter
マウントは、ライカ「Lマウント」を搭載。マウント口径は51.6mmと各メーカーと比較するとやや小さめ。現段階で、ライカ、パナソニック、シグマの3社のレンズを使えるようです。さらに今度各メーカーからも対応レンズが発売予定です。

 

 

3本のレンズ、ファーストラインナップ

「LUMIX S」シリーズレンズラインナップ

Image: PanasonicLumixVideo/YouTube

まず最初にパナソニックから登場するLマウントレンズは合計3本です。

  • 50mm F1.4の単焦点レンズ
  • 24-105mmのズームレンズ
  • 70-200mmのズームレンズ

となっています。

 

まとめ

パナソニックもフルサイズのミラーレス一眼がでるとずっと噂されていましたが、予想以上でデザインもかっこよく、スペックの高いフルサイズのミラーレス機が誕生しました。

 

以前はフルサイズのミラーレスはソニー一択でしたが、ここ数ヶ月でかなり幅が広がりました。これからフルサイズミラーレスに乗り換える方は、各メーカーの長所や短所を理解し購入することをお勧めします。

 

ちなみに『Photokina(フォトキナ)』の様子は動画で公開されています。

 

 

スポンサーリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事