スポンサーリンク

写真家”オレグ・オプリスコ”

ウクライナの写真家オレグ・オプリスコさん

の紹介をしたいと思います。

 

この作品を見てください。

 

オレグ・オプリスコの作品

幻想的で透明感のある

美しい作品ですね。

 

ファンタジー感も漂わせていて

独特の世界観があります。

 

フィルムカメラの味わいがたまりませんね。

 

スポンサーリンク

ヴィンテージフィルムカメラ

写真家というと

「きっと高いカメラを使っているんじゃないか....?」

と思いがちですが

なんとオレグ・オプリスコはたった

50$のカメラで撮影しているのです。

 

キエフ60 カメラ

(出典 http://cam2.sakura.ne.jp

 

オレグ・オプリスコさんの使っているカメラは

ロシアのダイヤル式ヴィンテージフィルムカメラ

「キエフ60」というカメラ。

 

合成などのデジタル処理は一切していないそうです。

写したものそのままを作品にしています。

 

「すべて自分でやるのが理想的だ。

コンセプトを決め、モデルの服を自作し

ロケーションを選び、ヘアメイクを

指示して、頭のなかで中心になる色を

決めてからシャッターを押すよ。」

 

と彼は語ります。

写真家のこだわりですね。

アーティスト(芸術家)としても尊敬できます。

 

ファンタジー感あふれる作品たち

オレグ・オプリスコさんの作品を紹介していきたいと思います。

 

オレグ・オプリスコの作品

(出典:www.oprisco.com

 

ロープウェイに乗った女性。

髪の長さや質感が綺麗に表現されています。

 

オレグ・オプリスコの作品

(出典:www.oprisco.com

 

白いヴェールに包まれている女性と男性。

男女の微妙な距離感が伝わってきます。

 

オレグ・オプリスコの作品

(出典:www.oprisco.com

 

大きなスーツケースをたくさん積み重ねて

その上に女性が座っています。

 

オレグ・オプリスコの作品

(出典:www.oprisco.com

 

鮮やかな花に埋もれている女性。

幻想的です。

 

オレグ・オプリスコの作品

(出典:www.oprisco.com

 

広大な畑のど真ん中でミシンを使う女性。

なんとも大胆な発想です。

 

オレグ・オプリスコの作品

(出典:www.oprisco.com

 

たくさんの蝶々に囲まれながら本を読む女性。

合成なしでこの写真とは驚きですね。

 

オレグ・オプリスコの作品

(出典:www.oprisco.com

 

こんな作品も。

時計台の建物バックに冠を被った小さい女の子が

シャボン玉に夢中になっています。

ファンタジーな世界観。

 

オレグ・オプリスコの作品

(出典:www.oprisco.com

 

たくさんのポストがつけられている木の横に立つ女性。

ポストの形で感情表現されています。

 

オレグ・オプリスコの作品

(出典:www.oprisco.com

 

たくさんの本が積まれている横に立つ女性。

どんな意味が込められているのでしょうか?

 

オレグ・オプリスコの作品

(出典:www.oprisco.com

 

長いレースのドレスを着た冠を被った女性。

時代を感じさせる神秘的な作品。

 

オレグ・オプリスコの作品

(出典:www.oprisco.com

 

カラフルで変わった形をした帽子を

被った女性。

 

アーティスティックな1枚です。

 

オレグ・オプリスコの作品

(出典:www.oprisco.com

 

海を目の前に

大きな崖の上に風船を持って座る女性。

なんだかとってもシュールです。

 

オレグ・オプリスコの作品

(出典:www.oprisco.com

 

小さな丘に女性と蝶々が。

色合いが素敵です。

 

オレグ・オプリスコの作品

(出典:www.oprisco.com

 

大きな筆を持って畑に立つ女性。

グリーンが印象的です。

畑に色を塗ったのでしょうか。

 

オレグ・オプリスコの作品

(出典:www.oprisco.com

 

湖のほとりにあるボロボロな

家の屋根に座る女性。

 

これもまた映画のワンシーンにありそうな1枚。

 

オレグ・オプリスコさんの作品たち

どうだったでしょうか?

 

とても独特な世界観に引き込まれていきますね。

気になった方はオレグ・オプリスコさんの

オフィシャルサイトやFACEBOOKも

チェックしてみてくださいね。

 

Oprisco Photography

Oprisco FACEBOOK 

 

スポンサーリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事