写真を飾る様子
スポンサーリンク

かんばら
どうも!ママライターのかんばらふうこです。

 

お気に入りの子供の写真をプリントしたところまではいいんだけど…、飾り方が分からない!!

というママさんにオシャレな写真の飾り方をご紹介♪最近はL版プリントだけでなく、チェキやフォトパネルなど、いろいろなプリント写真があり、家族の思い出を残すという理由だけでなく「写真映えするお部屋を作りたい。」「人に見られても恥ずかしくない家族写真を飾りたい。」という方にぴったりなフォトアイテムも多くあります。

写真をアート風のパネルにプリントしたり装飾をする事で、いつまでも色あせなず、日常を輝かせてくれます。

子供のいるお部屋で写真を飾る時に気をつけること

写真

オシャレに写真を飾りたいと言っても、ママにとって子供の安全は最優先。写真を飾る時に忘れてはいけない子供のいるお部屋で気をつけることをご紹介します。

写真が落下してもケガの心配がないもの

小さなお子さんがいる家庭では子供の安全を考え、ガラスの額縁や、角の鋭いアクリルフォトなど置かないように気をつけましょう。

また、釘や画鋲など、何らかの衝撃で写真が床に落ちてしまった時に子供が触ったり口に入れる危険があるものも避けることが大切です。特に小学生以下の小さな子供は危険なものを危険と判断することがまだできない年齢なので、小さなものは使用しないことを勧めます。

写真は子供が汚したり破かない場所に飾る

写真の紙質によりますが、すぐに破けてしまったり、汚れた時に拭き落とせない素材の写真を飾る時は子供の手の届かない場所に飾りましょう。

しかし、子供の自己肯定感を高め、思い出を振り返る時間を作るためには子供の視界に入ることも考えなければなりません。高い場所がないという方はウォールシェルフを設置してみたり、賃貸もOKな壁に穴を開けないフォトパネルなどがおすすめです。

赤ちゃんのいるお部屋は特に安全第一で

0〜2歳頃の赤ちゃんのいるお部屋は、手の届かない高い場所に飾っても落下した時に怪我をする心配があったり、紙タイプの写真は破いて口に入れてしまう危険があります。ママが気をつけていても赤ちゃんが予想外の行動をすることもあるので、手の届かない場所にあるからと安心しないようにしましょう。

私はハードカバーのフォトブックを置いていて、ハードカバーであれば破れないし、汚れた手で触ってもウエットシートでサッと拭き取れるのでママにも優しいです。子供自身も自分の写真を見て喜んでいるので、棚や子供机に飾っています。

スポンサーリンク

お洒落な子供写真の飾り方アイデア

1 ウォールデコで自宅をアートギャラリーに!

ウォールデコ

出典:fujifilmmall.jp

壁にかけても、棚に立てかけてもオシャレな富士フイルムのウォールデコ 。可愛くてお手頃な価格のミニサイズから、大きく飾りたい人のためのA2サイズなど、おうちの空間に合わせてサイズを選べるところが魅力です。

ラインナップが充実しており、子供のいるおうちに優しい軽いタイプもあるので、額縁に入れて飾るのは不安というママもそのまま飾れて安心です。富士フイルムの高品質な印刷技術で、プリントの仕上がりも大満足。スマホやデジカメで撮影した子供や家族の写真がより味わい深いものになります。

 

FUJIFILMプリント&ギフト

 

2  クリップで飾れば沢山の写真を楽しめる

フォトグッズ

出典:amazon

チェキやポラロイドなどインスタントフィルムにプリントすることが多い人にはクリップデコレーションがおすすめ。

簡単にクリップで止めているだけでなので写真の付け替えも楽ちんで、小さい子供も自分でつけて楽しめます。LEDライトがセットになっているクリップはイルミネーションのような演出で、クリスマスや家族イベントなど特別な日のおうちの飾り付けにぴったり。

アルバムに保管するのがもったいないお気に入りの写真を飾りたい時に便利です。

 

3  ハードカバーフォトブックなら子供の手の届く場所に置いても安心

富士フイルムフォトブック

棚に立てかけていつでも見返せるようにできるハードカバーのフォトブック。

1ページ1ページがしっかりした作りになっているので、小さい子が破く心配もありません。私も1歳半の息子がいるのですが、ソフトカバーや薄い紙のフォトブックだと破いたり汚したりしてしまうので、一緒に見返したり部屋に飾るのはハードカバーのフォトブックにしています。

毎日一緒にいても子供が寝ついた頃にコーヒーを飲みながら写真を見返す時間が幸せなんですよね。

FUJIFILMプリント&ギフト

 

4  ウォールシェルフを付けて写真を立てかける

写真の飾り方アイデア

フィトパネルや写真立て、お花や小物を置いてオシャレに飾れるウォールシェルフ。

自宅の壁が寂しいなと感じる方や、写真を飾りたいけどスペースがないという方におすすめのアイテムです。自分で好きな高さに設置できるので、子供の手が届かない場所やリビング、寝室にぴったり。

木の素材のあたたかみあるデザインは写真との相性も抜群です。

 

5  花やLEDライトで写真を囲う

フォトグッズ

出典:amazon

写真を飾るだけだとなんだか物足りない…、という方は花やLEDライトで装飾してみるのもおすすめです。

壁掛け用の花とプリント写真を交互につけてみたり、フォトパネルの横にドライフラワーを吊るしてみたり。最近はインテリア用のオシャレなお花が沢山販売されているので自分好みなお花を見つけてみてください。

部屋の雰囲気が明るくなるのはもちろん、家族の写真がより華やかな印象になります。

6   “日常で使えるフォトグッズ”も

COYOMI

私の子供はまだ1歳半と小さいのですが、子供が生まれてからフォトグッズをよく作るようになりました。

写真をプリントする時にアルバムやフォトパネルが思い浮かぶママが多いと思いますが、最近ではマグカップやオリジナルカレンダーなど色々なオリジナルフォトグッズが作れるんです。暮らしの中でよく使うアイテムが多いので、見るだけでなく使うたびに大切な人のことを想う時間ができます。

おじいちゃん、おばあちゃんへのギフトにも人気なので、自宅用はもちろん家族に贈ってフォトインテリアを楽しんでもらうのも素敵ですよね。

FUJIFILMプリント&ギフト/フジフイルムモール

 

7    マスキングテープでとめる

写真の飾り方アイデア

賃貸のお部屋で壁に写真を飾りたい人にマスキングテープがおすすめ。

マスキングテープはすぐに取れるところがメリットでもデメリットでもありますが、壁に穴を開けることができない賃貸暮らしファミリーには汚さず綺麗に付け外しできるところが嬉しいですよね。簡単にちぎれるので、子供と一緒に思い出を振り返りながらぺたぺた貼るのも良い時間になりそう。

マスキングテープはシンプルカラーなものから、キャラクターやイラストデザインのものもあるので、写真と合うマスキングテープを探している時間も楽しめます。

 

8   お部屋の雰囲気や家具の色に合わせて

写真の飾り方アイデア

お部屋に飾る写真をプリントする時「お気に入りの写真をチョイスして飾ってみたけど家の雰囲気と合っていない気がする…。」という経験をしたことはありませんか?もちろん、ママがとっておきの1枚を選んで飾るのもステキですが、フォトインテリアとして楽しむならお部屋の雰囲気や家具の色に合わせてみると、違和感なく自然に溶け込みます。

観葉植物を置いているお部屋であれば、緑が沢山入っている自然いっぱいの景色で撮影した家族写真を。 モノトーンなお部屋にはモノクロ加工した写真を。どうしても飾りたい写真があるけどお部屋にマッチしないというときは、スマホアプリやIllustratorで写真に白フチを付けてからプリントしても良いかもしれません。



スポンサーリンク

子供写真がお部屋映えに!おすすめのプリント方法

最近はWEBプリントサービスが充実しており、L版サイズ意外にもスクエアサイズや白フチを付けたプリント写真、色々な種類のフォトパネルなどがあります。その中でも、フォトインテリアとして楽しむのにぴったりなプリント方法をいくつかご紹介します。

「スマホプリンター」でインスタント写真を楽しむ

スマホやパソコンに保存している写真をその場でプリントできる「スマホプリンター」。

好きな時、好きな枚数プリントできるのが魅力的です。富士フイルムのスマホプリンターはスマホの写真をインスタントフィルムにプリントすることができ、ノスタルジックな写真を楽しめます。

今までのチェキはカメラで撮ったものを印刷という形でしたが、スマホプリンターはお気に入りの写真を選べるのでプリントに失敗しないところが嬉しいポイント。最新のスマホプリンターが次々と発売されているので、ぜひチェックしてみてください!

 

「フォトパネル」で子供写真をアートに

厚みがあり大きなサイズで写真を楽しめるフォトパネルは、飾るだけでおうちがアートギャラリーのような空間になります。

ミラーレスや一眼レフなど高画質なカメラで撮影した写真を小さくプリントするのはもったいない!カメラの力をプリントでも活かすなら大きくプリントするのがおすすめです。子供が自分の写真を見ることは自己肯定感UPにもつながるので、リビングや玄関など家族みんなの目に入る場所に大きく飾りましょう。

 

FUJIFILMプリント&ギフト

「ハーフサイズプリント」は沢山飾りたい人にぴったり

フォトパネルとは反対に、お気に入りの写真を沢山並べて飾りたいママにおすすめなのがL版の半分サイズの「ハーフサイズプリント」がおすすめ。

スマホで撮影した写真はプリントする時に引き伸ばすと荒くなってしまったり、アプリで加工したものだとプリント写真では色味が気になったりします。小さい分スマホ写真もキレイにプリントできるので、デジカメを持たずスマホで撮影しているママも画質や加工を気にせずセレクトできます。

 

FUJIFILMプリント&ギフト/フジフイルムモール

まとめ

フォトグッズ

撮影した写真をプリントいたものの上手く飾れなくて悩んでいるママにおすすめの飾り方をご紹介しました。色々な場所、色々な服や表情の子供の写真は1枚1枚がスペシャルでも飾るとなるとオシャレにすることが難しかったりします。ウォールシェルフやクリップなどアイテムを使ってみたり、不器用な方はスマホで写真を選択するだけで素敵に仕上がる富士フイルムのWALL DECORやオリジナルフォトグッズに頼ってみたり。

フォトインテリアを楽しめるようになると暮らしだけでなく、写真を撮るときも飾ることを考えた構図や背景を意識するようになるので撮影テクニックも身につきそうです。

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサーリンク
関西写真部SHARE「LINE@」でお役立ち情報配信中!
関西写真部SHARE LINE@

関西写真部SHAREの公式LINE@を友だち追加しておくと、カメラ・写真に関するお役立ち情報や、キャンペーン情報などいち早く受け取ることができます。友だち追加よろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事