カリレオ

 

最新のカメラを手頃な価格でレンタルしたいという方に「カリレオ」がおすすめ!

カリレオは旅行やイベント行事などの思い出を綺麗な写真で残したい方や、気軽に新製品を試してみたいという方にピッタリで、レンタルの流れが簡単なだけでなく利用者への優しさが沢山感じられるサービスになっています。

そこで今回は、実際にカリレオのレンタルサービスを利用し「SONY RX10IV(DSC-RX10M4)」と「Nikon Z6 24-70レンズキット」を借りてみました!レンタルの流れから届いた商品についてご紹介します。

 

カリレオとは

カリレオ

カリレオは、ネットで全ての手配が完了するカメラや関連機材のレンタルサービスです。

こだわりの品揃えと価格が魅力で、これまで関東一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定のサービスでしたが、2019年12月中旬よりサービスエリアが全国に拡大されました(沖縄・離島除く)。

申し込みから支払いまで全てネットで完結するので、スマホやパソコンで手軽に利用できます。また、ご自身の責によらない故障や不具合が保証でカバーされており、安心して利用できます。

 

 

カリレオで最新のカメラをレンタルしてみた

カリレオで2週間「SONY RX10IV(DSC-RX10M4)」と「Nikon Z6 24-70レンズキット」をレンタルしてみました!

レンタルの流れ

カリレオ

まずは新規登録を行います。新規登録はトップページの右上に表示されている「ログイン」から進められます。

登録にはお届け先住所・氏名・生年月日の確認できる書類が必要なので、あらかじめ書類を用意して写真を撮っておくとスムーズに登録ができます。

会員登録と審査が完了したらレンタルしたいカメラを選びましょう

 

 

レンタルしたカメラが到着

カリレオ

レンタルしたカメラが到着しました!さっそく開封していきたいと思います。

 

カリレオ

箱の開け閉めがマジックテープになっているのが嬉しい!!

他のサービスではテープで留めている場合が多く、開けるのに時間がかかってしまったり、返却時テープで留めたあとに入っていないものに気づいたりして手間に感じることがあるので、マジックテープという小さな気遣いでも利用者にとっては快適さがUPするポイントです。

 

カリレオ

箱をオープンしカメラを取り出します。梱包している紙は返却時にも必要なので捨てないように気をつけましょう。

 

カリレオ

どの商品をレンタルしても付いてくるのが、マニュアル、返却用梱包シール、着払い伝票、納品書になります。

マニュアルは分かりやすく写真付きの梱包ガイドと、2ページ目に付属品と返却時のチェックリストが記載されています。もしものトラブルを防ぐため、カメラを使う前にマニュアルで注意事項をチェックしましょう。

 

レンタル① SONY RX10IV (DSC-RX10M4)

ずは、SONY RX10IV(DSC-RX10M4)を開封してみます。RX10IVは24-600mm(光学25倍)のツァイス バリオ・ゾナーT*レンズを搭載しており、高速AFで運動会、スポーツ写真や野鳥の撮影などにも威力を発揮する新鋭機です。RX10IVをレンタルできるサービスは多くありません。

カリレオ

新品のような綺麗な外観です。専用のカメラストラップが付いているので、カメラの落下を防止できます。

SONY RX10IVにはリチャージャブルバッテリーパックNP-FW50やACアダプターAC-UUD12などが付属しています。取り扱い説明書もあるので、カメラ初心者も安心して使用できます。

 

カリレオ

カメラ本体や付属品、全体的に清潔感があります。

 

カリレオ

SONY RX10IVのレンタル品には記録メディアが付属されていないので事前に準備しておきましょう。また、外へ持ち運びをする方はカメラ・レンズを傷つけないよう保護ケースを用意しておくことをおすすめします。

 

カリレオ

カメラを起動して使えるか確認しましょう!

 

カリレオ

カメラの動作に問題がなければOKです。

 

 

レンタル② Nikon Z6 24-70レンズキット

続いて、Nikon Z6 24-70レンズキットを開封します。こちらもニコンの最新ミラーレスで、カリレオ以外でレンタルできるサービスは少ないです。

カリレオ

こちらも付属品が充実しています。実はNikon Z6は通常のSDカードを使うことができず、XQDメモリーカードという高速・大容量のカードにしか対応していません。カードやPCに接続するアダプターを別途購入しようと思うと数万円の追加出費になりますが、カリレオのZ6レンタルはXQDメモリーカードもアダプターも付属していますので、商品到着後すぐに撮影を行え、データの取り込みも可能です。

 

カリレオ

到着時はカメラボディとレンズが別々に入っているので返却する際につけたままにしないよう気をつけましょう!

 

カリレオ

Nikon Z6 24-70レンズキットも外観が綺麗で傷やホコリもありません。

2018年11月に発売されたばかりの最新機なので購入すると高いですが、カリレオでレンタルすれば借りている期間中は自由に撮影できるのでとても贅沢です。

 

カリレオ

さて、レンタルしたカメラが到着したところで返送日まで撮影を楽しみたいと思います。

 

 

カメラが到着したら撮影を楽しもう!

カリレオ 小野が撮影中

小野友暉
必要な時だけシチュエーションに合ったカメラをお得にレンタルできて最高!
購入しても意外と使わないカメラもあるから、買うか悩んだときにレンタルし実際に街で撮影してみることで本当に自分に必要なカメラかを判断することもできる。

 

レンタルしたSONY RX10IV(DSC-RX10M4)とNikon Z6 24-70レンズキットを持って撮影しに行きました!

これまで最新のカメラを試すには、購入をするか、店頭で限られた範囲を試し撮りすることしかできませんでしたが、レンタルサービスという選択肢が増えることで自分の好きな場所や好きなタイミングで使えるようになりました。

カリレオの商品ページにはそれぞれのカメラのスペックも掲載されているので、カメラの情報に詳しくない方でも一目で自分に合うカメラを見つけられるところも便利です。

 

カメラの返送も超簡単

カメラの返送はレンタル期限日の23時59分までに行います。

カリレオ

着払い伝票が同封されているので、返送に費用がかからないところが嬉しいです!郵便局やコンビニから発送できるので、旅先からでも返却が可能です。

カリレオ

返送日の夜までカメラを使えるので思う存分撮影を楽しめました。

マジックテープ式のボックスなので、作業に時間がかからないところも楽ちんです。

 

利用者に優しい!カリレオの3つの魅力

カリレオは利用者への気遣いたっぷりなサービスが充実しています。そこで、カリレオを利用して分かった魅力を3つにまとめてみました。

1こだわりの品揃えと価格に感動

カリレオ

定評ある機材を手ごろな価格でレンタルできるカリレオ。ミラーレス一眼カメラやGoPro、スマホなどアイテムも充実しており、価格もリーズナブルです。

旅行やイベント行事に最適なレンタルサービスですが、新機種のカメラやレンズを試してみたいフォトグラファーにもおすすめです。

サービスによっては古いモデルのカメラ機材が多く満足な撮影ができなかったり、届いたカメラの外観の傷やほこりが気になることもありますが、カリレオは新しい機種が揃っていることに加え、しっかりメンテナンスもされているので新しいカメラを使っているような気分になれます。

 

2短期から長期まで。レンタル期間の選択肢が多い

カリレオ 小野が撮影中

カリレオはレンタル期間も柔軟に選ぶことができます。 

従来は1週間、2週間、30日間の3種類でしたが、この12月中旬からサービス内容がリニューアルされ、最短2泊3日からレンタルできるようになりました。カメラレンタル経験者の中には、最短のレンタル期間が長く費用が勿体なく感じてしまう…、長く借りたいのに対応しているサービスがない…、と困ったことがある方もいるかと思いますが、カリレオはレンタル期間も自由に選べるのでとても便利です。

 

2レンタル初心者に優しい解説&付属品

カリレオ

レンタルサービスは借りて、返すだけのシンプルな仕組みですが、初めてレンタルする方にとっては不安なこともありますよね。

カリレオでは、レンタル品と一緒にマニュアルガイドが付属されているので、借りてから返すまでの流れを細かく把握することができます。

「最初どんな風に入ってたかな?」と忘れてしまう時も大丈夫!写真付きで解説されているので分からないことがあってもマニュアル1つですぐに解決できます。

 

まとめ

カリレオ

新製品のカメラをレンタルできるカリレオ。レンタル初心者も迷わない分かりやすいサイトデザインや、使う人の利便性を考えた優しいサービスが魅力的です。

これから旅行やイベント行事の予定がある方や、いろいろなカメラ製品を試してみたいフォトグラファーはぜひカリレオを利用してみてください。

 

 

関西写真部SHARE「LINE@」でお役立ち情報配信中!
関西写真部SHARE LINE@

関西写真部SHAREの公式LINE@を友だち追加しておくと、カメラ・写真に関するお役立ち情報や、キャンペーン情報などいち早く受け取ることができます。友だち追加よろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事