3軸電動ジンバル
スポンサーリンク

 

スマートフォンや一眼カメラで動画制作する際によく悩まされるのが「手ブレ」です。

そして手ブレのない滑らかな映像を撮るために欠かせないアイテムが「電動ジンバル」になります。

 

今回は手ブレを抑えたクオリティの高い動画を撮影したい方に向けて「電動ジンバル」の失敗しない選び方と人気おすすめモデルを16選ご紹介したいと思います。

 

 

この記事を書いた人

小野友暉

プロカメラマン小野友暉

大阪で活動するフォトグラファー / 映像クリエイター。年間書籍「プロカメラマンFile」2018-2020に選出&掲載。日本最大の写真の祭典「関西御苗場2018」でレビュアー賞獲得。仕事では広告写真や動画制作、写真教室講師等務める。毎月30〜40万円のガジェットや機材を購入するガジェットマニア。

 

 

「ジンバル」を使うとこんな映像が撮れる!

セットアップ完了

ジンバル(Gimbal)とは「1つの軸を中心として物体を回転させる回転台」という意味があります。

そして、映像・動画制作におけるジンバルというアイテムは「手ブレを抑えて、滑らかでスムーズな映像を撮影するための回転台付きグリップ」のことを指します。

 

ジンバルを使うことで、誰でも簡単に滑らかな映像を撮影する事が出来ます

 

ちなみに下の動画が実際にジンバルを使って撮影したポートレートムービーです。

 

 

いかがでしょうか?ジンバルを使用すれば、このような動きのある映像も滑らかに撮影できます。

電動ジンバルはここ数年で急速に伸びてきており、手頃な価格で手に入るようになりました。ジンバルがあるだけで動画制作の幅はとても広がります。

 

 

 

 

スポンサーリンク

ジンバルのメリット

3軸電動ジンバル

電動ジンバルを導入することで、どのようなメリットがあるか解説します。

 

1手ブレを抑えた滑らかな映像が撮れる

ジンバルの基本機能にはなりますが、ジンバルを導入することで滑らかな映像を撮影することができます。手持ちの撮影の場合、いくら高性能な手ブレ補正機能のあるカメラでも限界があります。演出として手ブレ感を出すことはありますが、そうでない場合はなるべく手ブレはしない方がいいです。

ジンバルで撮影した滑らかで高クオリティの映像は感動ものです。特に動きのあるシーンでは大活躍してくれます。

 

 

2アングルのバリエーションが広がる

3軸電動ジンバル

ジンバルを使うことで、ローアングルハイアングルでも滑らかな撮影が可能になります。

例えば低い位置から狙ったローアングルの撮影もジンバルを逆さにして持つことで可能になります(機種による)。また、別売の延長ポールロッドを使えばハイアングルからの撮影もできます。

手持ちでは目の高さ〜胸の高さくらいのアングルになりがちです。ジンバルを導入すればアングルのバリエーションが増えます。

 

 

3タイムラプスや360度ロールなど、豊富な機能を楽しめる

リモートコントロール

最近のジンバルは手ブレを抑えてくれるだけでなく、「タイムラプス」や「360度ロール」「リモートコントロール」といった豊富な機能を搭載しているものも多くあります。

そういった豊富な機能も使って、今までできなかった新しい動画の楽しみ方もできます。

※スマートフォン用のジンバルではこれらの機能はありません。一眼カメラ用のジンバルにある機能になります。

 

 

スポンサーリンク

映像クリエイターが教える!失敗しないジンバルの選び方

使用風景

 

小野友暉
今まで十数台のジンバルを試してきた筆者が「失敗しないジンバルの選び方4つのポイント」を解説していきます。

 

ジンバルは決して安い買い物ではありません。なので、これからジンバルを購入したいと思っている方はしっかりとポイントをおさえた上で自身にあった最適なジンバルを選びましょう。

 

1最大搭載重量(載せるカメラの種類)で選ぶ

ジンバルにはそれぞれ、最大搭載重量(何Kgまで搭載可能か)が決まっています。動画撮影で使うカメラとレンズを組み合わせた時の重量を把握し、搭載可能かどうかをチェックしましょう。

簡単にいうと、スマートフォン、アクションカメラ、コンパクトデジタルカメラ、ミラーレス一眼カメラ、一眼レフカメラ、シネマカメラなど、どのカメラを載せたいかで選ぶジンバルが変わります

ちなみに搭載重量はギリギリよりも、余裕のある方がジンバルの本来の性能も発揮しやすいです!

 

 

2ジンバルメーカーで選ぶ

無名メーカーのジンバルを購入するよりも、ジンバルを展開、販売している有名メーカーから選ぶと失敗も少なくなります

ジンバルメーカーの有名どころをあげると「DJI」「MOZA」「ZHIYUN」「FeiyuTech」「Hohem」などがあります。

これらは全て中国のメーカーになります。

 

日本のメーカーだと「Libec」もジンバルを販売しています。

大手メーカーであれば使い方がわからなかったり、初期不良で不具合があった際のサポート対応もしっかりしているので安心です。

 

3バッテリー駆動時間で選ぶ

バッテリーの最大駆動時間もしっかり確認しておきましょう。おすすめはバッテリー駆動時間、10時間以上のものです。それだけあれば1日中の撮影していてもバッテリーが切れることはほぼありません。

小型のジンバルや発売年数が古いジンバルだと、バッテリー駆動時間が短いものがあります。

駆動時間があまりに短いと、替えのバッテリーを購入しなければならなかったり、モバイルバッテリーを常備しなければならなかったりと何かと不便です。

 

4アクセサリー、周辺機器もチェック

電動ジンバルは、各メーカーそれぞれに豊富なアクセサリー、周辺機器があります。

例えば外部マイクをつけたい時や外部モニターを取り付けたい場合にアクセサリー、周辺機器が必要になります。

あとで買い足していくことも想定して、どのようなアクセサリー、周辺機器がどれだけあるのかもしっかりチェックしておきましょう!

 

 

2021年最新の人気おすすめジンバル16選

失敗しないジンバルの選び方ポイントをおさえたところで、ジンバルの人気おすすめモデルをご紹介します。

(※2021年8月時点でのAmazonの価格を表記しています。時期によっては価格に相違がある可能性があります。)

【新商品】DJI OM 5

DJI OM 5

出典:Amazon

Amazon価格 17,929

スマホ

「DJI」の新製品、スマートフォン専用のジンバル「OM5」です。大人気の旧モデルOM4の機能からさらに向上し、内臓延長ロッドも搭載されました。これで自撮りや高さのある撮影がよりしやすくなりました。携帯性も以前と同様非常に高いので、カバンに入れてどこにでも持ち歩けます。2021年9月15日発売開始されました。気になる方はぜチェックしてみてください。
対応スマートフォン 重量 614 g
バッテリー駆動時間 6.4時間
本体重量 320 g
発売日 2021年9月

 

 

DJI OM 4

DJI OM 4

出典:Amazon

Amazon価格 19,800円

スマホ

「DJI」のスマートフォン専用のジンバル「OM4」です。今までスマートフォン用のジンバルはいくつも使ったことがありますが、個人的には一番使いやすいスマホジンバルでした。筆者もプライベート用の動画撮影で愛用しています。スタイリッシュで作りも良く、非常に安定感があります。かなり人気の高いジンバルなので過去には入荷待ち状態が続いたり、価格が高騰したりしたこともありました。スマートフォン用のジンバルではかなりおすすめのモデルです。
対応スマートフォン 重量 230 ± 60 g
バッテリー駆動時間 15時間
本体重量 390 g
発売日 2020年8月

 

◎口コミを紹介

2万円でおつりが来る値段、安すぎw 持ち運びは、たためて完璧。スマホの装着方法、楽すぎw 追尾モード、強力。

 

 

MOZA Mini MX

MOZA Mini MX

出典:Amazon

Amazon価格 12,420円

スマホ

Amazon Choiceにも選ばれたスマートフォン用ジンバル「MOZA Mini MX」です。コンパクトながら安定感のある滑らかな映像を撮影できます。またバッテリー駆動時間も20時間と非常に長いです。このタイプのジンバルの中では他メーカーと比べても非常に安価で、コストパフォーマンスの良いジンバルと言えます。
対応スマホサイズ 60 ~ 88 mm
バッテリー駆動時間 20時間
本体重量 420g
発売日 2020年6月

 

◎口コミを紹介

旅先や外での動画撮影に、手軽なジンバルを探してました。やはり外だと一眼レフでの動画撮影は、重いし、目立ってしまうし、難しいですよね。手軽な撮影がしたいなら、これとスマホで十分満足です!

 

 

FeiyuTech Vlog Pocket 2

FeiyuTech

出典:Amazon

Amazon価格 12,000円

スマホ

スマホでVlogを撮る方におすすめなのが「FeiyuTech Vlog Pocket 2」です。カバンに入れておけるコンパクトサイズのジンバルです。「FeiyuTech」は中国の有名なジンバルメーカーになります。専用の巾着袋も付属しています。
最大搭載重量 250g
バッテリー駆動時間 9時間
本体重量 272g
発売日 2021年3月

 

◎口コミを紹介

TikTokの動画撮影のために購入しました。撮影の時は安定して満足します。機能がたくさんあリ、まだまだ勉強することがあるが、普通の撮影なら簡単に使えます。女性にとっての軽さもちょうどいいものだから、旅する時も楽しんでいます。

 

 

Hohem iSteady X2

Hohem iSteady X2

出典:Amazon

Amazon価格 9,999円

スマホ

安さ重視なら間違いなく「Hohem iSteady X2」をおすすめします。超小型のスマートフォン用ジンバルです。とても軽いので女性にもおすすめです。1万円を切る安価な価格設定も嬉しいです。最大搭載重量は280g。iPhone 12ProMAXが重さ226gなので、ギリギリ搭載可能です。
最大搭載重量 280g
バッテリー駆動時間 10時間
本体重量 259g
発売日 2021年6月

 

◎口コミを紹介

撮影用としてスマホ用のジンバルを初めて購入しました。まだ使って数日程度ですが、取扱説明書に関しても日本語でわかりやすく、説明書を見ながら30分程度で簡単な動画を撮影できました!

 

 

INKEE Falcon Gimbal for Gopro

INKEE Falcon Gimbal for Gopro

出典:Amazon

Amazon価格 14,190円

アクションカメラ

アクションカメラユーザーにぴったりのジンバルがこちらの「INKEE Falcon」です。アクションカメラ専用のジンバルになります。「Go Pro」はもちろん、「insta360 one r」や「osmo action」などにも対応しています。タイムラプス写真や垂直モード、立体ドリームモードなど、嬉しい機能もたくさんあります。アウトドア好きでアクションカメラを普段から使う人におすすめです。
最大搭載重量
バッテリー駆動時間 最大9時間
本体重量 300g
発売日 2021年6月

 

◎口コミを紹介

Goprohero6とinsta360oner のアクションカムを持っています。両方とも設置可能でした。キャンプ撮影などで持って行きたかったので凄くコンパクトで持ち運びも楽です!

 

 

MOZA Mini-P

MOZA Mini-P レビュー

Amazon価格 26,820円

スマホコンデジアクションカメラミラーレス一眼

VLOGをよく撮られる方、Youtuberにおすすめなのがこちらの「MOZA Mini-P」です。超コンパクト、小型なのでカバンに入れて持ち歩けるジンバルです。スマートフォンからコンデジ、フルサイズのミラーレス一眼カメラまで幅広いデバイスを載せることができるのが特徴です。小型のカメラをたくさん持っている方にはおすすめのジンバルです。安価なのではじめてのジンバルとしてもおすすめです。過去にレビュー記事も書いていますのでよければそちらもご覧ください。
最大搭載重量 0.9kg
バッテリー駆動時間 最大16時間
本体重量 710g
発売日 2020年9月

 

◎口コミを紹介

ジンバルには興味がありましたが、他の製品はなにせ高い、そして重い。こちらの製品は、価格と軽さに惹かれて購入しました。まだ室内で試しただけですが、面白いですね!パンの動き一つとってもとてもスムーズな動きのある映像が撮れます。

 

関連記事

 

 

FeiyuTech AK2000C

FeiyuTech AK2000C

出典:Amazon

Amazon価格 29,800円

コンデジアクションカメラミラーレス一眼

「FeiyuTech」の万能な小型ジンバル「AK2000C」です。コンパクト、軽量ながら最大搭載重量は2.2kgとかなりパワーのあるジンバルです。一眼レフはしんどいですが、フルサイズのミラーレス一眼カメラなら載せることができます(レンズによる)。この価格帯のジンバルの中ではスペックは高めです。ただし、レンズとカメラボディの組み合わせによっては重さはクリアできてもバランスがうまく取れない場合があります。コスパの良いジンバルであることは間違いありません。
最大搭載重量 2.2Kg (カメラ寸法:高さ9.5cm以内、横幅12cm以内、(レンズ込みの)長さ17.5cm)
バッテリー駆動時間 約7時間、スタンバイ約12時間
本体重量 1,078g(バッテリー含む)
発売日 2020年11月

 

◎口コミを紹介

他社のスタビライザーに比べてかなり価格が安いので、機能面が少し不安になるかもしれません。しかし、安心してください。こちらの商品はリーズナブルなのにかなりしっかりした機能性と品質を兼ね備えています。

 

ZHIYUN Crane M2

ZHIYUN-Crane-M2

出典:Amazon

Amazon価格 32,400円

スマホコンデジアクションカメラ

「ZHIYUN」の小型ジンバル「Crane M2」です。コンパクト、軽量ながらもスマートフォン、アクションカメラ、コンパクトデジタルカメラなどの様々な小型のカメラを載せることができます。ややバッテリーの持ち時間が不安ではありますが、使い勝手の良さは評価が高いです。
最大搭載重量 720g
バッテリー駆動時間 6時間
本体重量 500g
発売日 2020年3月

 

◎口コミを紹介

結論から言うと、このスタビライザーは、初めてスタビライザーの購入検討を考えている方には、かなりお勧めできます。

 

 

DJI RSC 2

DJI RSC 2

出典:Amazon

Amazon価格 53,900円

コンデジミラーレス一眼

中国のジンバルやドローンを展開するDJIから2020年10月に発売された「DJI RSC 2」です。ミラーレスカメラやデジタル一眼レフカメラ向けに設計された、このコンパクトなジンバルは、折りたたみ設計になり、さらに直感的に操作できる機能を備えています。縦向き位置にカメラの向きを変えることもでき、縦型動画の撮影も楽にできるようになりました。本体重量は1.2kg、最大積載量は3kg、バッテリー駆動時間14時間と旧モデル「DJI Ronin-SC」よりも大幅にスペックは上がっています。
最大搭載重量 3kg
バッテリー駆動時間 最大14時間
本体重量 1.2kg
発売日 2020年10月

 

◎口コミを紹介

使用感に関しては他の方々があげているように、まったく問題なく滑らかな映像が撮れています。1日持ち歩いても使い続けられる電池容量なので、安心して撮影できます。

 

 

DJI RS 2

DJI RS 2

出典:Amazon

Amazon価格 80,929円

ミラーレス一眼一眼レフシネマカメラ

先程紹介した「DJI RSC 2」の上位機種に当たる、プロ向けの電動ジンバル「DJI RS 2」です。発売当初から映像クリエイターたちに絶大な人気を誇る、今までの常識を超えた革命的なジンバルです。筆者も動画制作のお仕事で愛用しています。カーボンファイバー製モノコック構造でパワフルさは維持しつつ、驚くほど軽量になりました。その重さはわずか約1Kg。さらに軽量ながら、最大積載量は4.5kgと大きめのカメラも載せることができます。かまたタッチパネルにも対応。プロ向けのハイスペックジンバルです。筆者はシネマカメラの「SONY fx6」を載せて使ったりしています。
最大搭載重量 4.5kg
バッテリー駆動時間 最大12時間
本体重量 約1kg
発売日 2020年10月

 

◎口コミを紹介

roninsを使っていたのですが、rs2は軸ごとにロックがついているのでバランスがものすごい取りやすくなっていたり、相互性のあるアクセサリーが増えてきて色々な使い方ができるので重宝してます。

 

 

Libec TH-G3

「Libec TH-G3」で撮影

Amazon価格 51,800円

コンデジミラーレス一眼一眼レフ

日本メーカー「Libec(平和精機工業株式会社)」の初の電動ジンバル「Libec TH-G3」です。2020年1月に発売されたばかりです。ジンバルは海外メーカーのものが多いですが、安心の日本メーカーなのでサポートもしっかりしていて信頼できます。機能性も申し分なく、最大搭載重量は0.5〜3.6kgと、重量級のカメラまで対応しています。またバッテリー駆動時間は最大18時間と他製品と比較してもズバ抜けています。これだけのスペックでさらに価格も安価でコスパ抜群。操作も簡単なので、一眼カメラユーザーの初めてのジンバルとしてもおすすめできる製品です。過去記事でレビュー記事も書いていますので、気になる方はこちらをご覧ください。
最大搭載重量 0.5〜3.6kg
バッテリー駆動時間 最大18時間
本体重量 1.47kg (バッテリーは除く)
発売日 2020年1月

 

◎口コミを紹介

重さも結構いけるし、何よりbmpcc特有のあの幅に対応できるプレートの可動域は本当に良かった。

 

関連記事

 

 

DJI Ronin-S

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kで撮影

Amazon価格 74,800円

コンデジミラーレス一眼一眼レフ

ドローンやジンバルを展開する中国メーカー「DJI」の重量級のカメラまで搭載可能な電動ジンバル「DJI Ronin-S」です。いち早く電動ジンバルを展開していたこともあり、使用しているユーザーも多い機種です。ジンバルの定番機種です。プロの動画クリエイターで使用している人も多いです。カメラの互換性も幅広く、アクセサリー類も豊富にあるので、後から自分の撮影スタイルにあわせてカスタマイズできます。一眼カメラユーザーでこれから本格的な動画制作をしたいと考えている方におすすめです。バッテリーグリップを含めたジンバル本体の重量は1.84kgとそれなりに重いので、さらにカメラを載せて動き回るような撮影をするとなると結構な腕力が必要です。
最大搭載重量 〜3.6kg
バッテリー駆動時間 12時間
本体重量 約1.46 kg (ジンバルのみ)、約1.84 kg(ジンバルとグリップを含む)
発売日 2018年5月

 

◎口コミを紹介

重さも結構いけるし、何よりbmpcc特有のあの幅に対応できるプレートの可動域は本当に良かった。

 

 

DJI Ronin-SC

DJI Ronin-S

出典:Amazon

Amazon価格 41,800円

コンデジミラーレス一眼

先ほど紹介した「DJI Ronin-S」の1年後に発売された「DJI Ronin-SC」です。本体重量やサイズ感も「DJI Ronin-S」よりも一回り小さくなった物です。搭載重量は最大で2kgなので、小型ミラーレスカメラで撮影するのに向いています。重たいカメラは搭載することができませんが、その分手頃な価格になり、本体重量も軽くなっているので、よりスポーツなどの激しい動きにも対応できます。最初のジンバルとしてもおすすめできる製品です。
最大搭載重量 ≤ 2.0 kg
バッテリー駆動時間 11時間
本体重量 ジンバル:約830 g  BG18グリップ:約258 g  三脚:約160 g
発売日 2019年7月

 

◎口コミを紹介

ただただ素晴らしい。仕事でSを使用していたが、MAXロードに制限が出来ただけで、正直Sよりもはるかに使い勝手がいい。思わず、カメラの方をSCに合わせて新調してしまった。

 

 

 

ZHIYUN WEEBILL S

ZHIYUN WEEBILL S

出典:Amazon

Amazon価格 41,140円

コンデジミラーレス一眼一眼レフ

中国メーカーZHIYUN(ジーウン)の「WEEBILL S」。ミラーレス一眼カメラなどを載せることができる中型のジンバルになります。別売のワイヤレストランスミッターを組み合わせれば低遅延映像をジンバルからスマートフォンに伝送可能になるなど、高い拡張性も備えた製品です。本格的な動画制作には少し物足りないかもしれませんが、ミラーレス一眼でVlogなどの日常的な動画撮影をよくするという方におすすめの機種です。
最大搭載重量 最大:4kg 最小:300g
バッテリー駆動時間 最長約14時間
本体重量 926g(三脚、バッテリー除く)
発売日 2019年10月

 

◎口コミを紹介

ただただ素晴らしい。仕事でSを使用していたが、MAXロードに制限が出来ただけで、正直Sよりもはるかに使い勝手がいい。思わず、カメラの方をSCに合わせて新調してしまった。

 

 

ZHIYUN Crane 3S

ZHIYUN Crane 3S

出典:Amazon

Amazon価格 99,000円

ミラーレス一眼一眼レフシネマカメラ

ZHIYUNの一眼レフ対応のCraneシリーズから別のプロ向けのモデルをご紹介。大型の一眼レフやシネマカメラにまで対応した「Crane 3S」です。「Crane 3S」は普段から動画制作を行なっているプロの映像クリエイター向けのジンバルです。シネマカメラなどの大型のビデオカメラも載せることができます。初心者が扱うにはややオーバースペックになってしまうかもしれません。
最大搭載重量 最大:6500g 最小:600g
バッテリー駆動時間 最大12時間
本体重量 2470g​(本体のみ、延長アーム非使用時)
発売日 2020年3月

 

 

 

 

ジンバルを使って撮影した動画

実際に電動ジンバルを使って撮影した動画をご紹介します。作例が追いついてないので、撮れ次第アップしていきます。

 


こちらは「MOZA mini-P」を初めて使用してテスト撮影した時の動画です。

 

こちらは「DJI Ronin-S」を使って撮影したポートレートムービーです。

 

こちらは「Libec T-G3」を初めて使用してテスト撮影した時の動画です。

 

ジンバルはこんな人におすすめ

3軸電動ジンバル

ジンバルをはズバリこんな人におすすめです。

  • 動画撮影時の手ブレが気になる、解消したい人
  • ワンランク上の本格的な動画制作をしたい方
  • Vlogなどの普段から動画撮影をよくする人
  • 映像での表現の幅を広げたい人

 

当てはまっている方はぜひとも購入を検討してみてください。

 

 

最後に

3軸電動ジンバル

以上、これから本格的な動画撮影をした動画初心者の方に向けで電動ジンバルについての解説と、失敗しない選び方、おすすめの機種をご紹介しました。

ジンバルが一般カメラユーザー向けに発売されて動画の楽しむ幅も大きく広がりました。購入を悩んでいる方にはぜひおすすめしたい撮影アイテムです。

興味のある方はぜひチェックしてみてください。

 

 

スポンサードリンク
スポンサーリンク
関西写真部SHARE「LINE@」でお役立ち情報配信中!
関西写真部SHARE LINE@

関西写真部SHAREの公式LINE@を友だち追加しておくと、カメラ・写真に関するお役立ち情報や、キャンペーン情報などいち早く受け取ることができます。友だち追加よろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事