写真サイトのページを開いている
スポンサーリンク

かんばら
どうも、関西写真部SHARE専属ライターのかんばらふうこです。

 

新型コロナウイルスの影響で結婚式や卒業式などのさまざまなイベントが中止となる中、突然撮影がキャンセルになってしまったり、自粛要請が出ているためフォトグラファー活動を休止せざる負えない状況になっている方が多いのではないでしょうか。

不安な状況がいつまで続くか分からない今、“これからどうしよう”と悩んでいる方もいるかと思います。そこで、自宅でもカメラ・写真のスキルを活かし収入を得られる在宅ワーク・副業をご紹介します!

 

フォトグラファー向けの在宅ワーク・副業 特集

今すぐ始められるフォトグラファー向けの在宅ワーク・副業を集めました。自分が持っているカメラ・写真の知識やテクニックを活かして自宅でも楽しく働きましょう!

届いたアイテムを自宅で撮って送るだけ!商品撮影

写真撮影をしているカメラマン

ECショップなどに掲載する商品を撮影するお仕事。撮影案件はやクラウドソーシングや求人募集などで募集されていることが多いです。

基本的な仕事の流れとしては、クライアントから撮影して欲しい商品が自宅に配送され、写真データをメールで送り、商品を送り返したら仕事完了となります。

画像加工が必要な場合もあるので、商品写真のレタッチの知識が必要になります。

また、ライティング撮影キットや背景ロール、アパレル関係であればマネキンが必修になることもあるので、持っていない場合は機材を揃える必要がありますが、一度仕事依頼を引き受ければ継続的に依頼してくれることもあるので最初の自己投資として考え購入しておけば、あらゆるシーンで役に立ちます。

 

 

ストックフォトサービスで写真販売

カメラとパソコン

WEB上で写真素材販売をし、売れた枚数の分だけ収入につながるストックフォトサービス。

クリエイター登録をすればすぐに写真販売をはじめられ、パソコンと写真データを用意するだけでできるので隙間時間を使って誰でも簡単に販売ができます。

写真の販売を開始すればあとは購入されるのを待つだけ。販売枚数に制限もないので、売れやすい写真の特徴を掴んで上手く販売をすれば、長期的・定期的な購入を期待できます。

 

 

動画編集の依頼を受ける

動画編集している男性

動画編集のスキルがあるフォトグラファーには、YouTuberや企業などから動画編集の依頼を受けることをおすすめします。

ツイッターなどのSNSで動画クリエイターを募集していることもあれば、クラウドワークスやランサーズなどで「一案件○円」といった形で募集しています。

報酬金額は幅広いですが、クラウドソーシングでは5,000~300,000円くらいと単価が高い案件もあるので、動画編集のスキルがある方にとてもおすすめです!

 

自分の写真作品をグッズ化して販売する

パソコンを触る女性

自分で撮影した写真からスマホケースやTシャツなどのオリジナルグッズを作成して販売してみるのも一つの手段です。

無料でネットショップを作成できる「BASE」や、オリジナルグッズの作成から販売までの全てをサポートしている「SUZURI」など、さまざまなオリジナルグッズ販売ツールがあります。

また、画像をアップロードするだけで簡単にグッズを作れ、在庫を抱えるリスクなしで注文されるごとに一つずつ発注できるグッズ作成のサイトも多くあるので気軽にはじめられます。

自分で撮ったお気に入りの写真をグッズ化し販売することで、より沢山の人に写真を見てもらえる機会も増え、写真を楽しみながら在宅ワークをすることができます。

 

賞金の出るフォトコンテストに応募

パソコン作業をしている

今こそ自分の実力を試すとき! フォトコンテストに応募して自分の写真の可能性を広げてみるのも時間がある今だからこそできることです。

コンテストによっては賞金が出たり、特典として高級カメラをもらえたりします。大きいコンテンストで賞を獲得すれば、写真家として有名になりさまざまな企業から撮影依頼がくることもあるので、すぐお金に繋がることではありませんが未来に希望を託して挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

YouTuberデビュー! カメラに関するノウハウを配信

YouTube

見る側から発信する側へ。YouTubeで自分が持っている撮影ノウハウやレタッチ講座、カメラ機材のレビューをして収入に繋げるのも自宅でできるお仕事です。

顔を出したくないというフォトグラファーは、まだ日本語で配信されていないフォトレタッチのテクニックや動画の編集方法をパソコンの画面を使って解説してみたり、新製品カメラレビューを手元だけ写して配信してみるのもおすすめです。まだまだカメラ・写真に関する情報は足りていないように感じるのでYouTubeで稼ぐのも遠い未来じゃないかもしれません!

 

スポンサーリンク

在宅ワークで稼ぐために必要なこと

ただ在宅ワークを始めたからといってすぐに稼げるわけではありません。できるだけすぐに収入に繋げるために最低限必要なアレコレをご説明します。

室内撮影でのライティングテクニック

商品撮影やストックフォト用の写真撮影を自宅で行う際、室内でのライティングテクニックを求められます。

特に、商品撮影はクライアントのいる仕事になるので本格的な機材も必要になります。「商品撮影をしたことがないけど挑戦してみたい」という方は、ネット通販などで参考本を購入し仕事を受注する前に家にあるアイテムで撮影の練習をしてみましょう。

 

フォトレタッチや動画編集の技術

ストックフォトサイトやオリジナルグッズ販売より比較的単価の良いフォトレタッチや動画編集案件ですが、自分独自のスタイルだけではクライアントを満足させられない可能性もあります。

相手の希望する色味を再現したり、単価が良い分ハイクオリティな動画を求められたりするので最低限の知識だけでは編集中に苦戦してしまいます。

自分のスキルに見合った仕事を受注することはもちろんですが、高いレベルの仕事を求められた時も対応できるよう勉強しておくことが大切です。

 

 

売れる写真を見分ける力がある

ストックフォトサービスで写真販売をするフォトグラファーは、ストックフォトで購入される写真の特徴や、購入する人はどんな人が多く、どんなシチュエーションの写真が購入されやすいのかを把握しておきましょう。

可愛い女性がポーズを決めているポートレート写真やオシャレなカフェで撮った写真はSNSでは注目を集めるかもしれませんが、ストックフォトサイトで写真を購入する人は全く違うターゲットになります。

ポスターや広告、メディアサイトの素材として使用されることも多いので、具体的なシチュエーションや人物像を固めてから販売する写真の撮影を行うことで購入されやすくなります。

 

自宅時間を有効活用して新しい収入源を

パソコンデスク

コロナウイルスの影響で続々と撮影キャンセルが出てショックを受けているフォトグラファーもいるかもしれません。

自宅で過ごす時間が長くなったことをマイナスではなくプラスに捉え、フォトグラファーとしてできることの幅を広げるチャンスだと思って新しい仕事にどんどんチャレンジしていきましょう!

これまで身に付けてきた撮影テクニックや写真・動画編集のスキルを有効活用してさまざまなところに目を向けるところで思わぬチャンスが飛び込んでくるかもしれません。

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサーリンク
関西写真部SHARE「LINE@」でお役立ち情報配信中!
関西写真部SHARE LINE@

関西写真部SHAREの公式LINE@を友だち追加しておくと、カメラ・写真に関するお役立ち情報や、キャンペーン情報などいち早く受け取ることができます。友だち追加よろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事