FinePix XP140
スポンサーリンク

富士フィルムがアウトドアやレジャーに最適のタフネスデジタルカメラ「XPシリーズ」の最新モデル「FinePix XP140」を発表しました。発売日は、2019年3月下旬です。(※予約販売の受付は2月19日(火)より開始します。)防水や耐衝撃性能を持つタフネスカメラの最新モデルということで、更なるアウトドアやレジャーでの活躍が期待されますね。そこで今回は、XP140についてご紹介します。

 

富士フィルムXPシリーズ最新モデル「FinePix XP140」を発表

FinePix XP140は防水・防塵。耐衝撃・耐寒と4つのタフな性能を持ったタフネスデジタルカメラです。富士フィルムはXP140を2019年3月下旬より発売することを発表しました。カラーはイエロー、スカイブルー、ダークシルバーの3色。

 

FinePix XP140

出典:fujifilm.co.jp

XP130にあったホワイトはなくなり、XP 140ではダークシルバーが採用されています。

 

スポンサーリンク

防水・耐衝撃のタフネスカメラ

XP140はタフさの堅牢性能も従来のモデルに比べ向上しています。

FinePix XP140

出典:fujifilm.co.jp

特徴
・水深25mまでの防水
・高さ1.8mから落としても耐えうる耐衝撃構造
・-10℃までの耐寒
・砂やほこりの侵入を防ぐ防塵

 

前モデルのXP130より防水性能、耐衝撃構造が向上しています。防水性能は撮影可能な水深は20mから25mまで向上。また、耐衝撃構造も高さ1.75mから1.8mまで向上。これらに加え、「防塵」・「−10℃までの耐寒」の性能があるので、季節、場所問わずアウトドアなシーンでの使用に最適です。

 

手の平サイズの小型・軽量を実現

XP140の大きさは手の平サイズ((幅)109.6mm×(高さ)71.0mm×(奥行き) 27.8mm)、また重さは約207.4グラムなのでポケットにも楽々入るサイズ感。荷物の気になるアクティブなシーンでも気にならない小型・軽量デザインなのは嬉しいですね。

FinePix XP140

出典:fujifilm.jp

またグリップも滑りにくいグリップになっているなど使いやすさも追及されたデザインになっています。

 

写真だけじゃない!4K動画撮影も可能

XPシリーズ初の4K撮影にも対応しています。またスローモーションを撮影できる「HDハイスピード動画」機能も搭載。

FinePix XP140

出典:fujifilm.jp

スローモーションは最大約4倍まで撮影可能なので、かなり早い動きでも滑らかに撮ることができます。様々なアウトドアシーンでの一瞬を写真だけでなく動画でも残せるのは魅力的ですね。

 

アウトドアレジャー、子ども用カメラにも最適

山でも海でも、夏でも冬でも使用可能なタフネス性能を持っているのでアウトドア・レジャーシーンに最適ですね。

FinePix XP140

出典:fujifilm.jp

また富士フィルムは、水や落下を気にしなくても撮影できるため「子どものファーストカメラ」としてもおすすめとしています。通常カメラを扱う上で怖いのは、水周りや衝撃による故障ですからね。お子様が扱うなら尚更気になるところです。外遊びの楽しさだけでなく、カメラの楽しさも子どもに伝えられるファミリーにおすすめの1台です。

 

FinePix XP140のスペック

XP 140のスペックをまとめましたので、参考にご覧ください。

画素数 1635万画素
焦点距離 <f=5.0mm~25.0mm (35mm判換算:28mm~140mm相当)
F値 F3.9(広角)~F4.9(望遠)
撮影感度 ISO 100〜12800
動画 4K 3840×2160 (15P)
Full HD 1920×1080 (59.94P/50P/24P/23.98P)
HD 1280×720 (59.94P/50P/24P/23.98P)
HD ハイスピード動画 (約1.6倍/2倍/3.3倍/4倍スローモーション撮影)

 

 

まとめ

気軽に持っていけるサイズ感、撮影場所や環境を気にしなくていい堅牢性能などやっぱりタフなXPシリーズはアウトドアに最適ですね。子どものファーストカメラとしても使える点も魅力的。アウトドア好きな人・家族にはおすすめの1台ですね。

 

トップ画像出典:fujifilm.jp

スポンサーリンク
スポンサードリンク
関西写真部SHARE「LINE@」でお役立ち情報配信中!
関西写真部SHARE LINE@

関西写真部SHAREの公式LINE@を友だち追加しておくと、カメラ・写真に関するお役立ち情報や、キャンペーン情報などいち早く受け取ることができます。友だち追加よろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事