スポンサーリンク

かんばら
関西写真部SHARライターのかんばらふうこです。

 

11月中旬に、富士フィルムより「ハイブリッドインスタントカメラ instax SQUARE SQ20」が発売されました!

これまでのインスタントカメラは撮影後すぐにプリントされる仕組みでしたが、SQ20はモニターを見ながら撮影し、お気に入りの画像の中からプリントしたいものを選べます。

今回は、SQ20の魅力をたっぷりと紹介していきたいと思います。

 

ハイブリッドインスタントカメラとは?

ハイブリッドインスタントカメラ instax SQUARE SQ20

出典:amazon

ハイブリッドインスタントカメラ instax SQUARE SQ20は、被写体の魅力を一枚の写真で最大限に表現することのできる最新のチェキです。

カラーはベージュマットブラックの2種類から選べます。

ハイブリッドインスタントカメラ instax SQUARE SQ20

出典:amazon

シンプルな外観でありながら、これまでのチェキよりもグレードアップし、“大人のインスタントカメラ”という印象を受けます。

また、SQ20はカメラ本体には多彩な機能が搭載されており、プリント前に画像の編集や加工で自分好みな写真にできるところが魅力的です。

 

スポンサーリンク

SQ20の魅力

SQ20でしか体感することのできない機能をご紹介します。

動画からベストショットを切り出せる

SQ20は、今までインスタントカメラでは困難だった動きのある被写体のある撮影も、最大15秒の動画撮影の中からベストな瞬間を選びプリントすることができます。

「インスタントカメラだから…。」と諦めてスマホや一眼レフで撮影していたシチュエーションでも、SQ20を使えばベストショットを抽出することが可能になります。

フィルムの無駄遣いもなくなるので、一枚一枚の写真がより一層価値のあるものになるでしょう。

 

4つの瞬間を撮影できる「時間差撮影」

SQ20には、ダンスやスポーツなどの被写体が動くシーンを撮影する際、1枚の写真の中に時間差をつけて4コマ分割フォームで捉えることのできる時間差撮影」が搭載されています。

 

 

4コマ分割の時間差は2秒~0.1秒まで調整可能となっており、ストーリー性のある写真や動きの流れを1枚におさめることができます。

今までは一枚の写真の中に、思い出の一瞬を捉えた画像をおさめていましたが、4分割できることにより新しい思い出の形を残せます。

 

動きの残像をプリントできる

SQ20では、被写体の動きを残像付きで表現し、幻想的な写真に仕上げることのできる「残像フィルター」という機能が搭載されています。

 


ジャンプをするシーンやサッカーボールを蹴る瞬間など、躍動感のある写真撮影をしたいときに活躍してくれます。

他のカメラでは自分で設定をしたり、テクニックを使ったりなど機種によって難しいことも、SQ20では簡単に使いこなすことができます。

 

SQ20の機能

先ほどご紹介した魅力の他に、SQ20で使える機能もみていきましょう。

クリエイティブな写真表現を実現した撮影モード

SQ20には夜景や光の軌道の撮影を実現する「バルブ撮影」や、2回シャッターを押すことで1枚のフィルムに2枚の画像を重ねることのできる「二重露光撮影」などの撮影モードが充実しています。

 

【バルブ撮影】

バルブ撮影

出典:instax.jp

【二重露光撮影】

バルブ撮影

出典:instax.jp

【分割撮影】

分割撮影

出典:instax.jp

【コラージュ】

分割撮影

出典:instax.jp

 

分割撮影は2分割、3分割、4分割、9分割からパターンを選択することができ、コラージュには10種類のフレームが用意されており、おしゃれな写真コラージュを楽しむことができます。

 

 

多彩なフィルター機能

SQ20は選べるフィルターの種類が豊富!その日の気分に合わせて写真の雰囲気をチョイスしてみましょう。

 

【動画モード専用フィルター】

動画モード専用フィルター

出典:instax.jp

動画専用のフィルターが2種類搭載されている機能です。動画撮影機能が搭載されているSQ20だからこそできる表現です。

 

【静止画モード専用フィルター】

動画モード専用フィルター

出典:instax.jp

フィルムカメラのような質感を表現する「ノスタルジック」と、肌をキレイに見せる「美白」の2種類の静止画専用フィルターです。

 

【フィルター(動画モード&静止画モード)】

動画モード専用フィルター

出典:instax.jp

10種類のフィルターの中から好みに合わせて写真を加工できる機能です。切り替えも簡単で使いやすいところが魅力的。

 

【パートカラーフィルター】

動画モード専用フィルター

出典:instax.jp

レッド、オレンジ、イエロー、グリーン、ブルー、パープルの中から、指定した一色だけを残し撮影することのできる機能です。

 

【ビネット】

動画モード専用フィルター

出典:instax.jp

ポートレートや静止物の撮影で使える、周辺光量を19段階で調節できるビネットも搭載されています。

 

【明るさ調整】

動画モード専用フィルター

出典:instax.jp

19段階の明るさの中から、好みや場所に合わせて調節できる機能です。

 

 

SQ20をより楽しめる機能も満載

まだまだSQ20にはたくさんの機能が詰まっています!

【セルフショットミラー】

セルフショットミラー

出典:instax.jp

レンズの横にはミラーがついており、失敗しないセルフィー撮影をサポートしてくれます。

 

【ズーム】

セルフショットミラー

出典:instax.jp

instaxシリーズ初の撮影時ズーム機能を実現!最大4倍のデジタルズームが可能で、画角の調節が自由自在に。

 

【サムネイルのプリント】

セルフショットミラー

出典:instax.jp

サムネイルとして保存されている写真を、そのままプリントすることが可能になっています。

 

【microSDカードからのプリント】

セルフショットミラー

出典:instax.jp

ほかのカメラで撮影した写真microSDカードを挿入すればチェキプリントができます。また、内蔵メモリーに写真は約50枚と、動画の場合は約30秒まで保存ができます。

 

製品概要

ハイブリッドインスタントカメ

出典:amazon

SQ20の製品概要を表にまとめたので参考にしてみてください。

 

撮像素子 1/5型CMOS 原色フィルター採用
記録画素数 1920×1920ピクセル
記録枚数 静止画約50枚相当、動画約30秒相当
microSD/microSDHCメモリーカード:1GBあたり約1000枚
シャッタースピード 1/7500秒~1/2秒(自動切換)、バルブモード最大10秒1/7500秒~1/2秒(自動切換)、バルブモード最大10秒
焦点距離 33.4mm固定
絞り F2.4
撮影感度 ISO 100~1600(自動切換)

 

 

ハイブリッドインスタントカメラで時を自由自在に

以上、ハイブリッドインスタントカメラ instax SQUARE SQ20についてご紹介しました。

これまでのインスタントカメラから一気にグレードアップし、驚きの機能が満載!パーティーや旅行に持ち歩けるので、インスタントカメラを使うならSQ20に決まり。

 

スポンサーリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事