スポンサーリンク

約7分で読めます

関西写真部SHAREリーダー兼ライターの小野友暉です。

 

「スマホでクオリティの高い写真を撮りたい」

と思ったことはありませんか?カメラをしている人であれば誰しも一度は思ったことがあると思います。

 

近年、スマートフォンのカメラの性能はかなり向上し、それなりに綺麗な写真を誰でも簡単に撮ることができるようになりました。ですが、状況や被写体によってはスマホカメラではまだまだ不十分に思うことも多々あります。

 

よりクオリティの高い写真をスマホで撮れる方法はないかと調べていたら、「スマホ用のレンズ」というものにいきつきました。今回は、周りと差をつけるワンランク上の写真をスマホで撮りたいという方に、スマホ用レンズを、iPhoneで使えるレンズを中心に紹介していきたいと思います。

 

スマホ用レンズって?

スマホ用のレンズってなんだ?言葉だけじゃちょっとわかりづらいですよね。こういうやつです。

マクロ撮影方法

スマホのレンズに直接取り付けて使うレンズのことです。家電量販店はもちろんのこと、実は100円ショップなんかでも売ってたりします。有名なものをあげると数年前にセルカレンズというセルフィー用のスマホレンズが流行りましたね。

 

 

スマホ用レンズのいいところ

スマホ用レンズのメリットをまとめて見ました。まずはスマホで簡単に綺麗な写真が撮れるようになる。そして一眼レフカメラなどに比べると圧倒的に、レンズの値段が安い。さらにはサイズが小さいので持ち運びも非常に楽といいところがたくさんあります!

  • 簡単に綺麗な写真が撮れる
  • 値段が安い
  • 持ち運びも非常に楽

 

 

スマホ用レンズの種類

スマホ用のレンズには一般的に魚眼レンズ、広角レンズ、マクロレンズ、望遠レンズの4種類あります。それぞれの特徴を簡単にまとめてみました。

 

  • 魚眼レンズ...180°の広角で撮影することのできるレンズ。
  • 広角レンズ...標準のレンズよりも画角が広く、広い範囲を写すことのできるレンズ。
  • マクロレンズ...被写体を1/2倍から等倍で写すことができるレンズのこと。幻想的な写真が撮れます。
  • 望遠レンズ...画角が狭く、焦点距離が長いレンズ。遠くのものを近くに写す、望遠鏡のようなレンズです。

 

 

スマホ用望遠レンズを買ってみた

早速アマゾンで気になったスマホレンズを一つ購入してみました。今回購入したレンズはKnguvthの望遠レンズです。

 

iPhoneで使える望遠レンズです。12倍ズームまで対応してます。普通の一眼レフカメラ用の望遠レンズだと数万〜数十万しますが、iPhone用のスマホレンズだと1,000円代で買えてしまいました。

 

 

 

届いた商品を開封

アマゾンのお急ぎ便で次の日には届きました。

スマホ望遠レンズ

 

これを開封すると、クロスとレンズの箱が入っていました。

スマホ望遠レンズ

 

さらに、レンズの箱を開封します。

スマホ望遠レンズ開封

レンズに加えて、アイカップとフォンクリップが入っていました。

 

フォンクリップをレンズに装着します。

スマホ望遠レンズフォンクリップ取り付け

 

クルクル回すだけで簡単に装着できます。

スマホ望遠レンズ

 

そしてフォンクリップでiPhoneに装着します。

スマホ望遠レンズiPhoneに取り付け

なかなかインパクトがあります。

 

スマホ望遠レンズiPhoneに取り付け

横から見るとこんな感じ。iPhoneが薄いだけに大きさが目立ちます。

 

単眼鏡としても使用可能

付属のアイカップを装着すると、単眼鏡としても使うことができるという、なんとも便利なアイテムです。

 

 

 

さっそく公園で試し撮り

大阪の扇町公園で早速試し撮りしてみることにしました。

スマホ望遠レンズ公園で検証

望遠の場合、手持ちでの撮影は難しいので、スマホホルダーと、ミニ三脚を用意して、スマホ用望遠レンズをiPhoneに装着し、撮影挑戦です。

 

あると便利なグッズ

 

一体どこまでのズームが可能になるのでしょうか!?

 

 

 

どこまでズームが可能か検証してみた

まずはレンズをつけずに、iPhoneで普通に撮影してみます。被写体は関西テレビです。

 

iphoneで撮った写真

 

続いて、望遠レンズを装着して撮影してみます。

 

スマホ望遠レンズ公園で検証

小野友暉
望遠レンズはなかなかシビアだからむずかしい....!

 

 

不慣れながらも必死に撮影。スマホ用の望遠レンズを装着してiPhoneカメラで撮った写真がこちらです。

 

望遠レンズを装着して撮った写真

小野友暉
12倍ズームおそるべしです。ほとんど劣化なく、ここまでズームできるなんて!!細かい部分を言うと、写真の4隅の部分が若干ぼやけ気味だけど、スマホカメラと思えば十分な描写力。

 

 

最初のiPhoneで撮影した写真から見てみると、どれだけズームされているかがよくわかると思います。

 

元々の写真

 

 

では次にここからさらに、望遠レンズを装着したままiPhone側でズームをしてみます。それがこちら。

望遠レンズとiphoneでズームした写真

小野友暉
近いっ!!こんなに寄れるなんて...!iPhoneのズームはデジタルズームだから、画質は劣化してしまうけど、それにしてもここまで寄れるのはびっくり!

 

 

どれだけ寄れたのか最初の写真で見てみるとこちらです。わかりにくいですが、写真赤枠で囲まれた関テレの8のロゴの部分を拡大することができました。かなり寄ることができました。

 

iphoneで撮った写真

 

使って見た感想

小野友暉
正直、スマホ用のレンズなんてあまり期待していませんでしたが、期待以上だった。この値段でのクオリティとしてはコスパ抜群と言える。1000円〜2000円で結構遊べるのは嬉しい!

 

 

 

 

おすすめのスマホレンズ

それでは本題に戻りまして、おすすめのスマホ用レンズを紹介していきたいと思います。

 

Knguvth 望遠レンズ

望遠

iPhoneで使える望遠レンズです。先ほど紹介したので、詳しくは省きますが、レンズ以外にも単眼鏡としても使うことができます。

 

 

 

Excellenceの広角、マクロレンズ

広角マクロ

Excellenceの広角、マクロレンズです。ちょっとしたLEDライトもついていて1台3役でとても便利なアイテムです。セルフィーする際にオススメのレンズです。

 

 

YIEASY 魚眼、広角、マクロレンズ

広角マクロ魚眼

YIEASYの広角、マクロ、魚眼レンズです。レンズを着脱することで、別のレンズとして使い方を選べます。

 

 

SGODDEの望遠レンズ

望遠

SGODDEの望遠レンズです。先ほど紹介したKnguvthの望遠レンズより、はるかに倍率が高くより遠くのものも狙えます。こちらも単眼鏡としての使い方もできます。

 

 

 

NONZERSの広角、マクロ、偏光レンズ

広角マクロ偏光

こちらは面白いレンズで、モード交換が簡単に行えるユニークなスマホ用レンズです。様々な機種に対応しています。

 

 

エレコム3Dレンズ

3D

こちらもなんともユニークなレンズで、3D動画の撮影ができます。撮影した動画はVRで視聴できます。

 

 

 

 

レンズと一緒にあると便利なグッズ

ミニ三脚

先ほども紹介しました、ミニ三脚です。望遠レンズを使う場合は必須となる三脚です。iPhoneの場合は大きな三脚でなくても、ミニ三脚で十分で、持ち運びも楽になります。

 

スマホホルダー

先ほども紹介しました、ミニ三脚と一緒に紹介したスマホホルダー。iPhoneを固定し、三脚に取り付けるものです。ミニ三脚と同じく望遠レンズを使う場合は必須となります。

 

 

LEDライト

暗い場所で、セルフィーをとる場合などに便利なLEDライト。こちらのCmmlite CM-L50のライトは8段階の光量が可能で、3色フィルターで色温度の調節も可能です。

 

 

 

続いて、White Galleryの7色のライトです。こちらのライトは光の種類が多いのが特徴です。こちらもセルフィーなどをとる場合にあると便利です。

 

 

最後に

以上、スマホ用レンズを紹介しました。今やスマートフォンは誰しも持っているもので、写真も気軽に撮れるようになりました。誰にでも簡単に撮れるからこそ、もっと便利に、もっと綺麗に写真を撮れるようになるグッズを使ってみるのも、楽しめると思います。ぜひ試して見てくださいね!

 

スポンサードリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事