スマホ写真をクオリティUP!多機能自撮り棒「PICTAR SMART STICK」レビュー

益田翼
関西写真部SHARE ライターの益田翼です。

 

最近では、広角レンズ・望遠レンズ搭載のスマホの登場により、より手軽に写真や動画を撮影できるようになりました。そんな撮影ライフをもっと快適にするために1つは持っておきたいアイテムが「自撮り棒」。

自撮り棒には、棒が伸びるものや足が三脚になっているタイプなどがありますが、今回ご紹介する「PICTAR SMART STICK」は、手元のリモコンでズーム・アングル調整もできる優れものです。

 

 

それでは、多機能三脚「PICTAR SMART STICK」のレビューをしていきます。

 

PICTAR SMART STICKの3つの特徴

PICTAR SMART STICK以外にも自撮り棒を持っている筆者が、「これは便利だ!」と思った機能を3つ紹介します。

手元のリモコンでズーム・モード設定ができる

1つ目に、PICTAR SMART STICKには自撮り棒のハンドル部分にリモコンがついていて、シャッターを切ったり画角のズーム・ズームアウトできます。

僕が以前使っていたのは、リモコンが別になっていてBluetoothで接続するタイプのものだったんですが、接続が不安定でシャッターを切れないことがありました。また、小さいリモコンだと紛失しないかも心配です。

 

PICTAR SMART STICKは本体の手元で操作ができるので接続が不安定になる心配もありませんし、本体だけ持っていればいつでも細かい設定が可能です。また、両手がふさがってしまうことがないので、個人的にはこちらのほうが操作性がいいと感じました。

 

モーター駆動でスマホのアングルも調整できる

一般的な自撮り棒だと、スマホの角度を変えるときは手動でクイッとアングルを調整しないといけない物が多いです。

こちらのPICTAR SMART STICKでは、アングルの可動部にモーターが内蔵されていて手元のリモコンを操作すると遠隔・電動でスマホのアングル調整が可能なんです!!

 

一度自撮り棒を伸ばしてから角度を変えたいとき「一度スマホを手元に持ってきてアングルを調整してから棒を伸ばす」という手間が省けるので、短い時間で集合写真を撮るときなどにも便利です。

 

三脚穴・MicroUSBポート搭載で拡張性も安心!

PICTAR SMART STICKには持ち手の下の部分に三脚穴がついているので、さらにトライポッド(ミニ三脚)を取り付けたり、アクセサリーを装着することができます。

三脚穴がついていると、何かと便利なシーンが多いです。

自撮り棒はモーター駆動するのでバッテリー充電が必要です。

 

パッケージにはMicroUSB-USBの充電用ケーブルが付属しているので、そのケーブルで充電します。「外出先でバッテリーがなくならないか心配」という方は、モバイルバッテリーを持っていって、移動中に充電しておくといいですね。

 

アプリとの連携で純正カメラより豊富なモードを使える

PICTAR SMART STICKでは、iOS・Android対応アプリをダウンロードして本体と接続することで、スマホ純正カメラアプリよりも豊富なモードで撮影できるんです!

アプリを起動すると、以下の4つから撮影モードを選択します。

 

  • プロモード
  • ファミリーモード
  • トラベラーモード
  • SNSモード

 

それぞれのモードでは、シーンに合わせたフィルター加工を楽しめます。

例えばファミリーモードでは、赤ちゃん・パーティーが綺麗に取れるフィルターや、フィルム加工風、白黒で撮れるフィルターなどで用意されています。

 

「いま撮りたいシーン」に合わせてモードを切り替えられるので、カメラを始めたばかりの初心者の方でも安心ですね。

 

PICTAR SMART STICKの使い方

AppStoreより引用

まず「Pictar by Miggo」のアプリをダウンロードします。アプリを起動すると、本体やアプリの使い方・機能などがチュートリアルで表示さので、それに従って設定していきます。

まず本体のスティックを伸ばします。(箱に入った状態だとスマートフォンホルダーで操作メニューが隠れているので、先にスティックを伸ばしましょう。)

スティックを伸ばしたら、リモコンの上下ボタンを押して「スマートフォンホルダー」を広げ、スマホをホルダーにはさみます。

あとはアプリを起動するとズームイン・ズームアウトや、シャッターを切れます。

PICTAR SMART STICKを使ってみた感想

実際にPICTAR SMART STICKを使ってみた感想をシェアしたいと思います。

持ち運びの自撮り棒としては少し大きいかも

僕が以前つかっていた自撮り棒と比べると、PICTAR SMART STICKは少しサイズが大きく感じました。ただ、PICTAR SMART STICKはモーター付きで、ハンドル部分にバッテリーを積んでいるので単純比較は難しいです。

 

また、サイズのわりには軽量ボディなので長時間の持ち運びも負担にならないです。

「ポケットに入れて軽々持ち運び」というよりは、バッグの中にしまっておいて「いざというときにパワーを発揮してくれる心強い自撮り棒」というイメージでした。

 

手元で露出・モードの切替えれるのは便利!

リモートでシャッターを切れる自撮り棒は多いですが、露出の調整やズームイン・ズームアウト・モードの切替・アングル調整までを手元で行えるのはPICTAR SMART STICKの最大の強みです。

普段は一眼カメラで写真を撮ることが多いので、スマホでの撮影でも少しでも手元で調整できるメニューが多いと安心して撮影ができます。特にアングル調整は大人数で集合写真を撮るときなどに活躍しそう!

 

すでに自撮り棒を持っている方にも一度はぜひ使ってみてほしい製品です。

 

まとめ

手元でアングルの調整ができる高性能自撮り棒「PICTAR SMART STICK」をご紹介しました。

 

リモコンからはシャッターを切るだけでなく、ズームイン・ズームアウトやモードの切替えなど、ほかの自撮り棒にはない機能が搭載されています。アプリとの連携で、シーンに合わせたモードでフィルター加工を楽しんだりできます。

高性能な自撮り棒「PICTAR SMART STICK」を使ってみてはいかがですか?

関西写真部SHARE「LINE@」でお役立ち情報配信中!
関西写真部SHARE LINE@

関西写真部SHAREの公式LINE@を友だち追加しておくと、カメラ・写真に関するお役立ち情報や、キャンペーン情報などいち早く受け取ることができます。友だち追加よろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事