約2分で読めます

 

 

今回はプロ、アマ関係なく

写真でお金を稼げる方法を紹介したいと思います。

 

趣味で写真をやっている人でも

旅行先や遊びに出かけた時の写真があると思います。

 

そういった写真をネット上で販売できるのが

フォトストックです。

 

まずはフォトストックサイトにクリエイターとして

無料登録します。

 

フォトストックサイトの有名どころをあげると

以下の4サイトがあります。

 

この中でもオススメなのがphotolibrary(フォトライブラリ)です。

 

僕自身もクリエイターとしてやっていますが→koyuki

やり始めて思ったことは、審査がなかなか厳しいということ。

 

審査を通る上で気をつけるべきポイントは

  • 画像のサイズ
  • ブレていないか(ピントが合っているか)
  • 写真の中にノイズやゴミは入っていないか

になります。

 

画像サイズはphotolibrary(フォトライブラリ)の場合は

たて+よこで6800ピクセル以上(約1200万画素)が必要です。

 

その他ノイズやゴミが入っていないか

ブレていないかをチェックし、画像を登録します。

 

登録から審査通過まではだいたい7日前後かかります。

画像登録上限枚数は25枚で

審査に通過すればまた登録できるといった流れです。

 

写真の値段も自分で決めることができるので

ある程度自由です。

 

そして売上金額の50%が入るという仕組みです。

 

だいたい登録枚数100枚を超えてくれば

毎月1000円〜5000円の収入にはなるんじゃないでしょうか。

 

つまり、単純計算でいくと

1000枚超えてくれば月1万〜5万円の収入になるということです!

これは大きいですね!

 

画像登録をして審査に通過するようになってきたら

今度はターゲットを決めて写真を撮ると売り上げが上がってくるでしょう。

 

フォトストックの利用者は基本的には法人です。

web広告用の素材画像求めてフォトストックサイトを

利用している人が基本なのでweb広告用にどんな画像が必要かを

考えながら写真を撮れば売上も上がるかと思います。

 

あとはいかにライバルの少ないジャンルを見つけられるかです。

花の写真、海の写真、有名観光地の写真などはありふれています。

 

いい写真だとしても、ライバルが多い分、売上に繋げるのはなかなか難しいでしょう。

そういえばこんな写真ないな!と思うような写真を撮ってみても面白いかもしれません。

 

基本趣味はお金を使うばかりでお金を生みませんが

趣味で始めたカメラでお小遣い稼ぎができるようになるのは

いいことではないでしょうか。

 

詳しくはフォトストックについて書かれている書籍を参考下さい。

 

スポンサードリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事