スポンサーリンク

 

フォトキナ2018の開催前日に開催したイベントので、シグマ(SIGMA)の山木和人CEOがFoveonセンサーを搭載したLマウント規格のフルサイズミラーレス機をリリースすると発表しました。

NikonやCanon、Panasonicに続いて、続いてシグマもフルサイズのミラーレス機を発表し、今年はミラーレス一眼カメラがかなり盛り上がっています。これからミラーレスカメラの時代は間違いなくやってきそうです。

 

シグマのLマウント規格のフルサイズミラーレス機

ライカ、パナソニックと提携し「Lマウント」を採用した新しいミラーレス一眼カメラは2019年のリリースを予定しています。

具体的な製品の内容や写真などは公開されませんでした。このカメラの特徴的なのが「Foveonセンサー」で、センサーの大型化や画素数アップだけではなく、総合的な画質の向上が期待できるそうです。

またカメラリリースと同時に、シグマSAマウントをLマウントに変換する「SA-L」アダプターと、シグマのキヤノン用レンズをLマウントに変換する「EF-L」アダプターを2019年にリリースするとも発表。これにより、従来のSAマウントのレンズや、キャノンのEFレンズをライカやパナソニックのLマウント規格のカメラで使用することができます。

さらにLマウントへのマウント交換サービスを2019年にスタートさせるそうです。

 

スポンサーリンク

写真用レンズも5本発表

また、同イベントで新レンズ5本の発表もありました。それがこちらのレンズです。

 

  • 56mm F1.4 DC DN | Contemporary
  • 40mm F1.4 DG HSM | Art
  • 28mm F1.4 DG HSM | Art
  • 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports
  • 70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports

 

「28mm F1.4 DG HSM | Art」は、小型ながらNikonやカールツァイスの同スペックの交換レンズと同等以上の描写性能を持つ、高画質レンズだそうです。

 

そして一番注目すべきは、「60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM」。35mmフルサイズ対応で10倍ズームレンズ比を持つ、これまでにないプロ向けの高倍率ズームレンズです。高倍率でありながプロも納得する描写力を実現しているようです。また高精度で軽量なボディを実現させるために、素材を要所で使い分けるなどのこだわりもつまっています。

個人的には「40mm F1.4 DG HSM | Art」が気になっていて、野外ポートレートの撮影で試してみたいなというのがあります。

 

最後に

以上、シグマからのフルサイズミラーレス機のカメラについてと、新レンズ5本についてまとめました。詳しいことはまだ公表されていませんが、今後シグマからの詳細情報公開が楽しみです。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事