スポンサーリンク

株式会社ワイドトレードから単三電池8本で駆動可能なモノブロックストロボ、TOKISUTAR「mobilight D200」が2018年6月15日に発売されました!出力は200Wsと十分すぎる光量。希望小売価格は税別5万円。カメラマンの憧れる野外でのモノブロックを使ったコードレスライティング撮影も可能になります。

 

憧れのコードレス撮影が可能に!

TOKISUTAR「mobilight D200」は単三電池8本で駆動可能なので、カメラマン憧れでもある、屋外でのコードレスライティング撮影を実現してくれます。乾電池は充電式の乾電池でも問題なく使用可能。乾電池であれば、世界共通なので現地調達も可能。海外への機材持込時に規制の多い、リチウムイオン充電池のような心配は要らなくなります。長期ロケ撮影なんかにあるととても便利かもしれません。

 

 

スポンサーリンク

同梱付属品も充実

TOKISUTAR「mobi light D200」には豊富な同梱品もついてきます。

豊富な同梱品

出典:Amazon

 

同梱内容

  • ワイヤレストリガー
  • フラッシュチューブ
  • グリップ
  • スタンドアンブレラホルダー
  • ディフューザー
  • リフレクター

 

ワイヤレストリガーもついてくるのは嬉しいですね。
手元に届いてから、カメラとスタンドさえあればすぐにコードレスのライティング撮影が楽しめます。

※ワイヤレストリガーは、汎用版として各社のカメラに対応しています。

 

 

mobilight D200のスペック

TOKISUTAR「mobilight D200」のスペックをまとめました。

 

品名 TS-2100-M mobi light D200 単三モノブロック
価格(税抜) 50,000円
出力範囲(ステップ) 1/1~1/64 (±1/3EV)
HSSの互換性 Canon Nikon※
内臓受信システム Canon Nikon システムに対応
ID数 約400回
同期方法 ワイヤレストリガー(2.4GHz)/光学スレーブ
色温度 5500±500K
リサイクルタイム 約1.8秒
オーバーヒート対策 あり
大きさ 80mm × 85mm × 110mm
本体重量 588g(電池を含まず)
電 源 単3乾電池8本(単3電池は別売)

※HSSを使用する場合には別売の各社HSSに対応したハイスピードワイヤレストリガーをお買い求めください。

 

ちょっとしたライティング撮影であれば、十分なスペックです。

 

最後に

以上、革命的なモノブロック、TOKISUTAR「mobilight D200」の紹介でした。
野外でライティング撮影するカメラマンであれば、欲しくなるストロボなんじゃないでしょうか?野外でできる大容量ストロボといえば、profoto B2などもすでに販売されていますが、とても高価でなかなか手が出ません。TOKISUTAR「mobilight D200」は参考小売価格5万円と、決して安くはありませんが現実的な価格なので、機材導入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

Top画 出典:Amazon

スポンサーリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事