スポンサーリンク

一眼レフ?ミラーレス?キレイに撮るだけが写真じゃない、もっとワクワクするカメラを使ってみたい!

 

そんなあなたにはトイカメラがオススメ!独特な色合いやノイズ、周辺減光・・・色々な要素が絡み合い、どんな写真が撮れたのかワクワクします。

 

なかでもトイデジタルカメラは、フィルム枚数を気にすることなくシャッターを押せるのがいいですよね。色んなトイデジが発売されておりますが、今回は、トイデジの中でも「表現系」デジタルカメラとして愛されている「Digital Harinezumi 4.0」をご紹介します。

 

 

デジタルハリネズミとは

デジタルハリネズミは、110フィルムを使うトイカメラ「ハリネズミカメラ」のデジタル版です。

 

初代が2009年に販売、その後も各種類発売され、世界中で愛されていましたが、Digital Harinezumi 4.0が2016年に生産中止となり、その後、新機種は発売されていません。

 

表現系デジタルカメラとして、世界のアーティストから愛されたと言うだけあって、日常をアートにしてくれるだけのパワーを持っています。入手方法としては、プレミアが付いているため、現時点ではオークションやメルカリによる手段が最善でしょうか。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

Digital Harinezumi 4.0のスペック

外観

Digital Harinezumi 4.0 外観

出典:DIGITAL HARINEZUMI 4.0

 

110フィルムのような、両側に丸みがあり、大変キュートなフォルムをしています。ボディーカラーは艶ありの黒、ピアノブラックとでも言うのでしょうか、かなり指紋が目立ちますねぇ。

 

Digital Harinezumi 4.0 外観

出典:DIGITAL HARINEZUMI 4.0

 

サイズは、横幅9センチ、高さ3.5センチで手におさまりやすいサイズです。重量は60グラム。ストラップホールがあるので、ストラップ取り付け可能です。私は、ネックストラップを取り付けて首からぶら下げています。ほんとに可愛いペットのような愛らしさ!

 

機能

カメラとしてのカタログスペックは以下の通り。

 

〈仕様〉

有効画素数 300万画素
撮像素子 CMOSセンサー
レンズ f=4mm (35mm フィルム換算:38mm),F 3.0
静止画記録画素数 2048 ☓ 1536 , 1024 ☓ 768
動画記録画素数 640 ☓ 480
撮影距離 ノーマル:約1m〜∞ マクロ:約3cm
露出 オート
ホワイトバランス オート
静止画ファイル形式 JPEG
動画ファイル形式 AVI(音声付き)
対応記録メディア マイクロSDカード(最大16GB)
付属品 USBケーブル

 

300万画素なので、その辺の携帯電話のカメラにはもちろん性能は劣ります。が、トイデジを使う人はそんなことは気にしない気にしない!
マクロ撮影もOK!底面のスイッチをスライドさせるだけで、3センチまで近づけます。結構色々できるんですよ。

 

カラーは10種類!露出とスモークの設定も可能!

Digital Harinezumi 4.0では、10種類のカラーモードを選ぶことができます。

 

①Normal・・・ノーマルですが、味のあるトイカメラ風の色合い、デジハリの基本色

Digital Harinezumi 4.0 カラーモード

Degi Hari

 

②Vivid_1・・・赤みがある暖色系が強くコントラストが高いカラー

Digital Harinezumi 4.0 カラーモード2

Degi Hari

 

③Vivid_2・・・極彩色と言うにふさわしいヴィヴィッドカラー

Digital Harinezumi 4.0 カラーモード3

Degi Hari

 

 

④Monochrome(Normal)・・・通常のモノクロではあるが、落ち着いて味のあるカラー

Digital Harinezumi 4.0 カラーモード10

Degi Hari

 

 

⑤Monochrome(Hard)・・・超ハイコントラストなラフモノクロ

Digital Harinezumi 4.0 カラーモード5

Degi Hari

 

 

⑥Monochrome(Soft)・・・コントラストが低めのモノクロ

Digital Harinezumi 4.0 カラーモード6

Degi Hari

 

 

⑦Old_1・・・セピア風のオールドカラー

Digital Harinezumi 4.0 カラーモード7

Degi Hari

 

 

⑧Old_2・・・脱色したようなモノクロに近いカラー

Digital Harinezumi 4.0 カラーモード4

Degi Hari

 

 

⑨Blue・・・青を基調としたカラー

Digital Harinezumi 4.0 カラーモード9

Degi Hari

 

⑩Red・・・赤を基調としたカラー

Digital Harinezumi 4.0 8

Degi Hari

 

カラーモードの他に、露出設定もできます。3段階に露出を変えることができるので、ハイキーもローキーも思いのまま。画面全体にモヤを出すスモーク効果を設定することもできます。こちらも3段階。

 

多重露光機能搭載!

デジタル技術が進歩した今、結構当たり前になりつつある多重露光機能ですが、Digital Harinezumi 4.0でも使用することができます。このカメラの多重露光は回数制限がありません。あらかじめ撮った画像からやるもよし、新たに撮って重ねるもよし。しかも、カラーモードや露出、スモーク効果も制限がありませんので、無限大の可能性を秘めた機能となっています。あなたの気の済むまで熱い想いを重ねちゃってください。きっと素晴らしい作品が生まれるはずです。

 

アートな動画も取れちゃう

アーティスティックな動画も撮影できるのがDigital Harinezumi 4.0の特徴です。撮影のフレームレートは3つ。 30FPS、8FPS、1FPSと用意されております。8FPSで撮影すると、カクカクとしたレトロなムービーが撮影できます。カラーモードも制限がありませんので、自由に表現ができます。これなら確かに映画も撮れちゃいますね。

 

バッテリーが弱点・・・

Digital Harinezumi 4.0 充電中画像

 

だがしかし!Digital Harinezumi 4.0にも決定的な弱点が・・・!!

 

これまでのデジタルハリネズミはCR2という小さい電池を使用しておりましたが、このDigital Harinezumi 4.0はとうとう充電式に。USB接続でパソコンやモバイルバッテリーから充電できるようになりました! と便利にはなったのですが、実はこのバッテリーがチープで、へたりが早いようで。私はまだ使用できているのですが、最終的にはモバイルバッテリーに接続したまま使用しなければ、フル充電してもすぐに電池が切れてしまうようです。この点だけ、唯一の欠点ですね。ここにはトイ感を出さなくてもいいのに・・・。

 

作例

では、実際の作例を見ていきましょう。拙い私が撮影した作例ですが。

 

Degi Hari

 

Digital Harinezumi 4.0 作例画像

Degi Hari

 

Digital Harinezumi 4.0 作例画像2

Degi Hari

 

 

Digital Harinezumi 4.0 作例画像5

Degi Hari

 

Digital Harinezumi 作例

 

 

 

まとめ

今回はDigital Harinezumi 4.0を紹介しましたが、トイデジは色々な種類が発売されていますので、あなたにあったトイデジを見つけてみてはいかがでしょうか?「何気ない日常を作品に変えたい」・・・そんな風に思っている方はトイカメラをぜひ試してください!

 

キレイに映るだけが写真じゃない、記録じゃなくて、記憶に残る写真が撮りたいんだというそこのあなた。
何気ない瞬間、自分の心の琴線が触れた瞬間、トイデジでシャッターをぽちっと押してみてください。新たな世界が広がりますよ。

 

日常、いや、人生はアートなのです。きっとワクワクする写真体験が待っています。そんな写真人生を彩る相棒として、トイデジたちは今日も誰かの人生をアートしてるんだろなー。

 

 

トイデジに興味がわいた人は・・・二眼レフ風のトイデジ「BONZART AMPLE」も個性的でお勧め!

 

トップ画像出典:amazon

スポンサーリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事