スポンサーリンク

 

 

 

今回紹介するのは、株式会社 GLOBAL・DCの運営するブランドBONZARTから発売された、二眼レフスタイルデジカメBONZART AMPLE」です!

 

使い捨てフィルムカメラ「写ルンです」のブームが再来したように、二眼レフカメラがデザインや機能を“今風”に変えて次々と登場しています。まだ一般的に浸透はしていませんが、カメラ好きの間ではすでにゲットしている人がたくさんいます。

 

流行を先取りしたいフォトグラファーたちにおすすめのBONZART AMPLEについてチェックしていきましょう!

 

 

 

BONZART AMPELの魅力

二眼レフスタイルデジカメ「BONZART AMPLE」の魅力について紹介します。

 

レトロなデザイン

BONZART AMPLE魅力1

出典:https://nominahare.exblog.jp/20052717/

 

BONZART AMPLEの最大の魅力は、1950年代に日本でブームとなった二眼レフカメラを再現した「レトロなデザイン」です。

 

縦に並んだ二つのレンズや前面についているシャッターボタン、一眼レフカメラやデジカメが主流となっている現代で、二眼レフのような形のカメラは新鮮ですよね。

 

BONZART AMPLEはSNSにアップしたくなってしまうオシャレなデザインで、カメラ好き同士の話題作りのきっかけにももってこいです!

 

 

 

 

 

新しい撮影スタイル

出典:https://enuchi.jp/2275/bonzart-ampel-digital-camera

 

BONZART AMPLEは「撮影するという行為に新しい感覚を与えてくれる」カメラです。

 

カメラ上部に液晶モニターがついており、画面を覗き込んでシャッターを切るという撮影スタイルがBONZART AMPLEの魅力の一つです。背面にモニターがついているカメラであれば、撮りたい被写体や景色がカメラの向こう側に見えますが、BONZART AMPLEは上から覗き込み画面の中で構図を決定するので、一層作品に集中することができます

 

BONZART AMPLEを購入するカメラ好きな方は、新しい撮影スタイルへの「刺激」を楽しんでいます。

 

 

 

 

 

 

両手に収まるサイズ感

BONZART AMPLE サイズ感

出典:https://fb.minpos.com/fb/willvii/camera_jpn/static/50000like/mobile/index_02.html

 

友達や家族、みんなと共有したいBONZART AMPLEの魅力はサイズ感にもあります。

 

フォトグラファーの方であれば撮影時に何台かカメラを持ち歩くこともありますよね。BONZART AMPLEは145gと軽量で、専用ケースを使用すれば、肩にかけて気軽に持ち運ぶことができます。

 

また、小学生くらいの子供も両手でしっかり持てるコンパクトなサイズなので、BONZART AMPLEを持って休日に写真を撮りに行くのも素敵ですよね。

 

BONZART AMPLEは「撮りたい気持ち」を持つ子供から大人までの希望を叶えてくれます。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

BONZART AMPLEの特徴

BONZART AMPLEにはどのような機能が備わっているのかを説明していきます。まるで本物の2眼レフカメラを使っているような感覚を楽しめます!

 

2種類の撮影フォーマット

 

BONZART AMPLEは、「4:3」の通常フォーマット「1:1」の正方形フォーマットのどちらかを選択し撮影をすることが可能です。

 

フォーマットの設定は、カメラ上部に搭載された液晶画面からできます。インスタグラムをはじめとするSNSへの投稿などには正方形フォーマットを。ポートフォリオ作品などのサイズ調節が必要な写真には通常フォーマットを、と使用したい場面に合わせてフォーマットを変えられるところが嬉しいです。

 

また、L版に正方形写真を印刷するると、ポラロイド写真のような余白のある仕上がりになります。

 

 

 

 

 

 

5種類のカラーエフェクト

BONZART AMPLEには、5種類のカラーエフェクトが搭載されており、露出補正やホワイトバランスなどと組み合わせることで、さらに写真表現の幅が広がります。

 

①STANDARD

STANDARD

出典:bonzart

 

STANDARDは被写体の見たままの姿を再現します。撮影後、写真レタッチやアプリで色味を調節したいときはSTANDARDがおすすめです。

 

 

②VIVID

VIVID

出典:bonzart

 

VIVIDは色の強調性を高め、印象に残りやすい写真に仕上げます。花やカラフルな服など、もともと色のあるものにVIVIDを使用することで、さらに個性のある写真になります。

 

 

③B&W

B&W

出典:bonzart

 

B&Wは、ハイコントラストでブラックな写真に仕上げることができます。ダークな雰囲気を出したいときや、クールなイメージのポートレート撮影をしたいときにもB&Wが合います。

 

 

 

 

 

④SEPIA

SEPIA

出典:bonzart

 

写真をクラシックに仕上げたいときにはSEPIAがおすすめです。昭和レトロな質感は、大阪中崎町のような古着が似合うスポットで大活躍のエフェクトです。

 

 

 

 

⑤REFRESHING

REFRESHING

出典:bonzart

 

REFRESHINGは、写真を全体的に青みがかった写真に仕上げることができます。「爽やか」「すがすがしい」という意味を持つREFRESHINGは、雨の日の撮影でも、写真にムードを引き出してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

2つの撮影用レンズを搭載

BONZART AMPLE レンズ

出典:http://www.bonz.jp/eshopdo/refer/vid377-00012.html

 

BONZART AMPLEは、上下のレンズどちらも撮影ができるという特徴を持っています。本来の二眼レフカメラは、上のレンズが焦点を合わせるためにあり、下のレンズが撮影用となっています。

 

BONZART AMPLEの場合、上の赤いレンズが「ノーマルレンズ」です。見ている景色をそのまま映し出してくれる、通常のカメラと同じ役割を果たしています。

 

下の緑のレンズは「チルトレンズ」と言い、チルトシフトの効果により、見ている景色を「ミニチュア風」に映し出してくれます。街の景色がまるで模型のようなユニークな写真になり、個性的な作品が完成します。

 

BONZART AMPLEで撮影をしているうちに、レンズが2つないと物足りなくなってしまう可能性も!ノーマル写真とミニチュア写真どちらも兼ね備えた「贅沢カメラ」です。

 

 

 

 

 

 

 

BONZART AMPLEで撮影された作品

BONZART AMPLEで撮影した写真はどのように仕上がるのかを見ていきましょう!写真と動画、どちらを使用してもノスタルジックな雰囲気を再現でき、フィルムカメラとは違った質感と面白さがあります。

 

 

写真作品

BONZART AMPLEで撮影された写真を何枚か紹介します。写真を見比べると、ノーマルレンズとチルトレンズの違いが分かりやすく、ミニチュア写真を撮影したことのない人でも興味のわくユニークな写真を撮ることができます。

 

 

 

BONZART AMPLE 写真作品2

出典:http://iphonecameraapp.org/archives/1394

 

こちらの写真は、4:3フォーマル設定、エフェクトはVIVIDを使用した写真。何気なく目にするような遊園地と道路の景色ですが、VIVIDで撮影をするとカラフルな色の車やジェットコースターの色が引き立ち、海外の街並みを写したような写真にも見えます。

 

 

 

 

 

BONZART AMPLE写真作品

出典:グローバル・DC

 

街の風景を写したこちらの写真は、4:3フォーマル設定チルトレンズで撮影されています。凄く繊細に作られた街の模型のようで大人の中にある子供心をくすぐられるような写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

動画作品

 

 

 

BONZART AMPLEで撮影したパワーショベルの動画。この動画のように、日常にあるものや、普段身近にあるけど意外と撮らないものなど、二眼トイデジで撮影することによってシュールだけど見応えのある動画になります。

 

 

 

 

 

 

チルトレンズを使用し、ミニチュア風に撮影された動画。まるで誰かが作ったのではないかと思うような、ミニチュアおもちゃの世界に入り込んだかのような景色です。

 

 

 

 

 

 

 

こんな動画の作り方も面白い!こちらの動画は、BONZART AMPLEを固定し写真モードでシャッターを押し続け、作品を繋げたものです。ミニチュア風に撮影したことによって、ポップで馴染みやすい仕上がりになっています。撮影した写真を繋げるというアイデアが素敵ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

BONZART AMPLEのスペック

BONZART AMPLE 概要

出典:http://camera-wiki.org/wiki/Bonzart_Ampel

 

BONZART AMPLEの概要を一部、一覧にまとめました!軽量で持ち運びやすいサイズ感や、電池式なので撮影時の電池交換が楽、といった使い心地の重視されたスペックです。

 

 

 

重量 145g
画素数 500万
ズーム デジタル4倍ズーム
フォーカス auto
電源 アルカリ単3電池
ホワイトバランス auto/日光/曇り/蛍光燈/タングステンライト
レンズ F=2.8、f=6mm
画像記録方式 JPG, AVI

 

 

 

 

持ち運びにはオシャレな専用ケース

外での撮影にかかせないのが「カメラケース」ですよね。BONZART AMPLEはカメラ本体がオシャレなだけでなく、専用のカメラケースもヴィンテージ感たっぷり。男女問わず使用できるところも魅力的です。

 

 

専用速写ケース

速写ケース2

 

 

 

こちらのケースは、BONZART AMPLE本体を入れるカメラケースです。ストラップがついているので肩にかけることができ、持ち運びに便利です。

 

 

出典:https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/640/644/html/37.jpg.html

 

そして、ユーザーのリクエストに応え発売されたこちらのケースは、ケースのふたを外すと「速写」できるところがポイントです。いちいち取り出さず、撮りたいと思った瞬間に時間をかけずシャッターを切る準備ができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専用レンズケース

bonzart ample レンズケース

出典:amazon

 

BONZART AMPLEのレンズ専用ケース。BONZ-180対角線魚眼レンズに対応しています。

 

 

速写ケースと同じ生地、カラーでできており、丸みのあるデザインがオシャレです。速写ケースと繋げることができ、落下防止につながります。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

撮影スタイルに新鮮さをプラスしてくれる「BONZART AMPLE」を紹介してきました。

 

普段からよくカメラを使用する人であれば、二眼レフ風トイデジを手に取った時の感覚に違和感があるかもしれません。しかし、新しいものを取り入れることで作品づくりの刺激にもなり、これまでにない素敵な作品が完成するのではないかと思います。

 

トップ画像出典:bonzart

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事