スポンサーリンク

写真がテーマの映画

今回は、写真やカメラがテーマとなった映画を紹介したいと思います。今回紹介する映画を見るとカメラをやっていない人でも思わずカメラをはじめたくなること間違いなしです!笑

 

東京日和(1997年)

東京日和

写真家の荒木経惟とその妻、荒木陽子の私的小説「東京日和」をモチーフとしたセンチメンタルなラブ・ストーリー。長年連れ添った夫婦の愛を静かに描いた感動ドラマです。俳優、竹中直人さんが監督・主演を務めました。

 

あらすじ:写真家・島津巳喜男は妻ヨーコと仲睦まじく暮らしていた。しかし、巳喜男の稼ぎだけでは食って行けず、実際にはヨーコが家計を支えていた。ある日、編集者を集めて自宅でパーティーが開かれる。巳喜男とヨーコは些細なことで口論となり、それから3日間ヨーコは家を出て行ったきり帰ってこなくなった。その後、ようやく戻ってくると、彼女は次第に情緒不安定になっていく。巳喜男は何もすることができず、ただ優しく見守ることしかできなかった。

 

監督 竹中直人
キャスト  竹中直人 中山美穂 松たか子 三浦友和 鈴木砂羽 浅野忠信 類家大地 温水洋一...etc

Yahoo映画 「東京日和」

 

写真家荒木経惟については過去記事にまとめています。よければご覧ください。

 

 

 

ただ君を愛してる(2006年)

ただ君を愛してる

この映画の原作は映画『恋愛寫眞』と有名作家、市川拓司とのコラボレーション企画で執筆された「恋愛寫眞 もうひとつの物語」です。主演は、玉木宏、宮﨑あおいがつとめていて、二人のカメラを撮る様子がついつい惹かれてしまいます。暗室で現像するシーンなどもあるのですが、フィルム写真の良さが伝わってきます。映画の中で主人公の誠人(玉木宏)が使用しているカメラは、キヤノン F-1。静流(宮﨑あおい)が使用していたカメラはキヤノン AE-1らしいです。

 

あらすじ:誠人(玉木宏)は大学の入学式の日、交通量の多い道を横断しようとしている静流(宮崎あおい)と出会う。コンプレックスを抱え人となかなか打ち解けられない誠人だが、不思議と静流とは仲良くなれる。そして、静流はそんな誠人に恋をする。誠人は、学校近くにある森で趣味の写真を撮り、静流も誠人と一緒にいたい一心で写真を始める。そんな中、同じクラスで秘かに恋心を寄せていたみゆき(黒木メイサ)に声をかけられ、喜ぶ誠人。誠人のみゆきへの想いを知り、成長してきれいになると静流は宣言。3年生の秋、静流が家出し、誠人の家に居候することに...。

 

監督 新城毅彦
キャスト 玉木宏 宮﨑あおい 黒木メイサ 小出恵介 上原美佐...etc

 

Yahoo映画 ただ君を愛してる

 

 

恋愛寫眞(2003年)

恋愛寫眞

先ほど紹介した「ただ君を愛してる」の原作となったラブストーリー映画です。主人公2人の名前や二人が写真を撮るという設定は「ただ君を愛してる」とも同じなのですが、ストーリーの内容は若干違います。この映画もまた、写真をモチーフとされているので見てみると面白いと思います。

 

あらすじ:売れないカメラマンの誠人。そんな誠人の元に、死んだはずの元恋人からニューヨークの消印で手紙が届く。その手紙で彼女が死んでいるわけがないと思った誠人は彼女の秘密を知るためにシューヨークに行く。

 

監督 堤辛彦
キャスト 広末涼子 松田龍平 小池栄子 ドミニク・マーカス...etc

 

Yahoo映画 恋愛寫眞

 

 

東京公園(2011年)

東京公園

『東京公園』(とうきょうこうえん)は、小説家、小路幸也の小説を原作とした青山真治監督の4年ぶりとなる長編映画です。第64回ロカルノ国際映画祭で金豹賞、審査員特別賞を受賞した作品です。俳優の三浦春馬がカメラを持つ姿が印象的な映画です。

 

あらすじ:大学生の光司は、東京の公園を訪れては家族写真を撮り続けている。彼は、幼い頃に亡くした母親の影響でカメラマンを目指していた。ある日、「いつも娘を連れてあちこちの公園を散歩している彼女を尾行して、写真を撮って欲しい」という一人の男からの突然の依頼が舞い込む。依頼主の初島という男の態度に光司は悩んだが、ほとんど強制的に依頼を受けることになってしまった。光司は親友のヒロと同居していて、彼にだけはこの依頼があったことを話そうとするが、どこか気がとがめて全てを話す気にはなれなかった。

 

監督 青山真治
キャスト 三浦春馬 榮倉奈々 小西真奈美 井川遥 安藤玉恵...etc

 

Yahoo映画 東京公園

 

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、思わずカメラを始めたくなるような映画をまとめてみました。カメラを既にしている人でも、これらの映画を見たらいい刺激になりますし、カメラのことをもっと好きになると思います。ぜひ見てみてください。

 

スポンサーリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事