スポンサーリンク

 

大阪南船場に「solaris(ソラリス)」という写真ギャラリーがあります。

solarisは「敷居は低く、間口は広く、奥行きは深く」をコンセプトに、ギャラリーで写真展を開催するだけでなく、女性のための写真教室や暗室教室・額装販売など、さまざまなサービスを展開しています。

今回は写真愛好家が集うsolarisにお伺いし、代表である橋本さんにインタビューしてきました。

 

solarisのはじまり

solaris

ーsolarisを立ち上げたきっかけは?

橋本
solarisがオープンする前は、ここに写真ギャラリーの「ナダール」があったんです。
僕は元々大阪芸大の学生で卒業後、ナダールにてギャラリーマネージャとして勤務し、その後2015年1月に「solaris」という名前で写真ギャラリーをはじめました。

 

 

ーsolarisという名前に込めた思いを教えてください。

橋本
solarisはラテン語で「太陽」っていう意味なんですよ。写真を撮るうえで一番大切なのは「光」かなと思って。それにちなんだ名前をつけました。

 

 

ーなぜ写真ギャラリーをしようと思ったんですか?

橋本
写真を人に見せるのって楽しいじゃないですか。写真集やネットという方法もありますけど、それらとはまた違う、ギャラリーという空間ならではの体験があると感じたからです。
僕自身、写真を撮るのが好きで写真の世界に足を踏み入れましたが、いろいろな写真展を見に行くなかで、表現はもちろん、プリントのクオリティや、飾り方、空間、人との交流も含めた「撮ったあと」の写真の面白さに気づいたんですよね。

 

 

ー運営は1人でされてるんですか?

橋本
運営は基本的に僕1人でしてます。写真教室は女性向けコースを用意しているので女性の先生に来ていただいたり、ワークショップで写真家さんを呼んだりしています。

 

 

スポンサーリンク

「もの」として写真を味わう楽しさ

solaris

ー橋本さんは普段どういったことをされているんですか?

橋本
個展などレンタルで利用される場合、場所を貸して終わりではなく、一緒に展覧会を作りたい気持ちがあるので、打ち合わせを行ったりしています。
その際、自分の作品を客観的に見るのは難しいものなので、作家が客観的な視点を持てるようなアドバイスを心掛けています。
また、サポートとして写真展のプレスリリースやDMを作って発送したりもしてます。
僕自身写真を撮るのが好きで、知識がない写真学生がはじまりだったので、初心者の方が安心できるサポートができるんじゃないかなって思います。

 

 

ー 1人で運営していて苦労したことはありますか?

橋本
単純にギャラリーからなかなか出れないことですかね。
1人で運営をしているとずっとギャラリーに駐在しているので、他のギャラリーで気になる写真展があったときに「見に行きたいな~」と思うことがあります。

 

 

ー逆に、立ち上げてよかったと思う瞬間はいつですか?

橋本
写真展って時間とお金はかかるんですけど、みんなが大きさの統一された写真を投稿するSNSとは違って、それぞれの表現方法でサイズを工夫したり、紙の質感にこだわったり、「もの」として表現された写真を体で味わえることがギャラリーを運営する上での楽しみでもあります。
だけど、それは実際に体験してみないと分からないものですし、より多くの写真好きの人にその良さを知ってもらいたいなと思います。
あとはやっぱり人との関わりですね。たくさんの方に支えられているなあと思います。

 

 

展示の作品選びは技術ではなく気持ちが大事

solaris

ーsolarisで展示する方はどんな人が多いですか?

橋本
solarisでは年に数回の企画展と、後の期間はレンタルギャラリーとして展覧会を開催しています。
企画展の場合は、僕自身が「この人のプリントを色々な人に見てほしい」と思うかが判断基準です。レンタルの場合は、個展・グループ展いろいろですね。福島県とか石川県とか、遠方から申し込んでくれる方もいらっしゃいます。
見に来られる方も写真を撮ってらっしゃるかたが多いので、そういう方と写真の話をしたりしていくうちに、見る側から展示する側になる方もいらっしゃいます。

 

 

ーこれまで数多くの展示を開催されていると思いますが、展示についてのアドバイスはありますか?

橋本
展示初心者の方は特に、カメラを上手く使えた写真を選ぶことが多いんですけど、見に来る人は技術を見に来るわけじゃないので、自分自身が「なんかこの写真好きなんだよな~」と思うのを出していく方が人の心に突き刺さるし楽しいですよ。

 

 

多くの人に暗室の良さを知ってほしい

solaris

ー現在、ギャラリーの他にどんなサービスを展開していますか?

橋本
写真教室や暗室、額装のサービスなんかをしてます。
僕は暗室が好きなんで、もっと暗室に興味を持ってくれる人が増えたらいいなと思います。

 

 

ー暗室の教室もあるんですね!橋本さんが思う暗室の魅力ってなんですか?

橋本
僕が写真をはじめたときはフィルムだったので、やっぱり愛着が湧くんですよね。
実家にある自分の子供時代の写真とかって、ネガフィルムで撮影して印画紙にプリントされたものだったりするじゃないですか。
多分最初に出会った写真がインクジェットだったらまた違ったのかなとも思うんですけど。

 

 

ー暗室の教室ではどんな活動をしているんですか?

橋本
暗室の教室は、焼き方を一通り自分でできるようにして、渾身の1枚を仕上げてもらう感じです。

 

 

ーなるほど!写真教室の中でも、暗室とか女性向けとかいろいろな教室を運営されているんですね。

橋本
そうですね。女性のための写真教室では、それぞれ撮りたいものは違うので、自分の撮った写真をプリントして持ち寄りみんなで見せ合ったりもします。

 

 

幅広い世代の人に写真の魅力を届けたい

solaris

 

ー今後、どんな人に来てほしいですか?

橋本
若い世代の方にも写真の面白さを知ってほしいなと思います。写真歴とか気にせず、カメラ始めたての方からベテランの方まで、いろんな人が繋がれる場になったらいいですよね。

 

 

ー最後に関西写真部SHARE読者にメッセージをお願いします!

橋本
カメラとか技術的なことよりも、まずは写真を楽しんでください!
そしてぜひギャラリーにも気軽に足を運んでください。お待ちしております!

 

 

ー本日はありがとうございました!

橋本
ありがとうございました。

 

 

solaris写真教室・写真展参加者受付中!

ソラリス

solaris(ソラリス)では、写真展の参加者募集、写真教室の受付を行っています。

自分の作品をたくさんの人に見てもらいたい方や、カメラをもっと使いこなしたいという方はぜひ参加してみてください。

 

【写真展参加募集・ギャラリーレンタル】

参加者受付中の写真展 https://solaris-g.com/category/join_exhibition/
ギャラリーレンタル申し込みフォーム https://solaris-g.com/rental/

 

【写真教室受付】

コース 初心者コース/基本コース/モノクロ暗室/カラー暗室
概要URL https://solaris-g.com/school/

 

 

ギャラリー名 写真ギャラリー solaris(ソラリス)
OPEN 11:00〜19:00(月曜休廊)
アクセス 〒542-0081 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館B1F

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサードリンク
関西写真部SHARE「LINE@」でお役立ち情報配信中!
関西写真部SHARE LINE@

関西写真部SHAREの公式LINE@を友だち追加しておくと、カメラ・写真に関するお役立ち情報や、キャンペーン情報などいち早く受け取ることができます。友だち追加よろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事