超共感!Twitterでカメラマンたちが呟く「#ポートレートあるある 」
スポンサーリンク

かんばら
どうも、関西写真部SHARE専属ライターのかんばらふうこです。

 

以前ご紹介し沢山の反響をいただいた「#カメラマンあるある」に引き続き、今回はTwitterで見つけた「#ポートレートあるある」をご紹介します!

SNS上だからこそ言葉にできるカメラマンの撮影事情や本心など、ポートレートフォトグラファーなら共感してしまう呟きを見つけました。

普段の自分の撮影と照らし合わせながら見るとより面白いので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

フォトグラファー達の呟きに共感!「#ポートレートあるある 」

ポートレート撮影経験のあるフォトグラファーなら1つは当てはまる!?Twitterの「#ポートレートあるある」から、面白い投稿を見つけたのでお届けします。

①カメラを持つと日常が変わる

 

カメラを持つと、普段は通り過ぎてしまう何気ない景色に惹かれたり、目に入るひとつひとつのモノに興味をもったりします。これがカメラの魔法!?

 

 

②撮影場所に関するあるある

 

撮影の度にどこへ行こうか悩むフォトグラファーも多いのでは?

人気のインスタグラマーやフォトグラファーの写真を見るとフォトジェニックな壁や町並みで撮影した写真であふれていて、羨ましく感じることもあります。

 

 

③撮影前のモデルのある行動に…

 

モデルが思っている以上にシビアな問題…。撮影直前のモデルのイメージチェンジは、撮りたい作品の雰囲気からそれてしまってフォトグラファーのモチベーションが下がってしまうことがあります。

モデルの皆さん、撮影前のイメチェンは事前にフォトグラファーに確認しましょうね!

 

 

④イイ写真はこんなところに隠れてる!

 

本気モードの前にパシャっとテスト撮影した写真が意外とベストショットだった、なんてこともあります。

テスト撮影の写真は見返してないという方も、たまにはしっかり見てみてもいいかもしれません。

 

 

⑤撮りたい写真イメージはあるのに…

 

ツイッターやインスタで素敵なポートレート写真を見つけたとき、「自分も次の撮影は同じような雰囲気で撮ろう!」と気合をいれるも、いざ撮影となるとド忘れしてしまうこともあります。

ですか、やっぱり他のフォトグラファーに寄せるよりも、自分の感覚で撮影するのが一番です!

 

 

⑥人見知りカメラマンのお悩みあるある

 

人見知りなフォトグラファーなら大きくうなずいてしまうのでは?

メッセージ上ではうまく話せても、実際にモデルに会って撮影するとなると、何を話してコミュニケーションを撮ればいいのか分からなくなってしまいますよね。

 

 

⑦○○な写真を選びがち

 

撮影終了後にお気に入りの写真を選んでいるとき、目線を外していたり、横顔だったり…、いつも同じ表情を選びがちになってしまうというフォトグラファーはたくさんいます。

きっと、ついつい選びがちになってしまう写真が自分の中で女性に魅力を感じるポイントだったり、理想なのではないかと思います。

 

 

⑧撮影後に気づく!意外とショックな…

 

ちょっと悲しいポートレートあるあるです。夢中になって撮影していると確認し忘れがちになっちゃう「ピント」問題。

ピントが合っているか慎重にチェックしながら撮影しなければならないと分かっていても、一瞬の奇跡をとらえるには中々時間をかけられません。

ですが、被写体がボケてしまっている写真を作品として楽しむことができれば、新しい表現方法が見つかるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、Twitterで見つけた#ポートレートあるある をご紹介しました。

当てはまる あるあるはいくつありましたか?日頃意識していないことでも、言われてみれば共感する内容もあったのではないかと思います。

ポートレートフォトグラファーの方はぜひ、#ポートレートあるあるで自分の体験談を呟いてみてください。

 

スポンサーリンク
スポンサードリンク
関西写真部SHARE「LINE@」でお役立ち情報配信中!
関西写真部SHARE LINE@

関西写真部SHAREの公式LINE@を友だち追加しておくと、カメラ・写真に関するお役立ち情報や、キャンペーン情報などいち早く受け取ることができます。友だち追加よろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事