シネマティックフォトグラファー・Ryo Shirai『何気ない日常を映画のように』CP⁺2024コラボインタビュー
スポンサーリンク

 

CP⁺2024×関西写真部SHAREのコラボワークショップでゲスト出演していただく、シネマティックフォトグラファーのRyo Shiraiさんにインタビュー。

Instagramでノウハウを提供し1万人のフォロワーがいるShiraiさんですが、どのように動画編集のスキルを身につけたのか、そしてシネマティックポートレートの魅力もお聞きしたいと思います。

Profile

CP+2024ゲスト何気ない日常をシネマティックにしたポートレート映像を撮影しているRyo Shiraiと申します。シネマティックポートレートや撮影の裏側、カラーをSNSで発信しています。 当日は皆さんにお会いできることを楽しみにしております!

自分の考えを作り込めるシネマティックポートレート

Ryo Shirai

ーRyo Shiraiさんがカメラをはじめたきっかけはなんですか?

Ryo Shirai

従兄弟の影響です。従兄弟がドローンや一眼で楽しそうに映像を作っていたので興味を持っていました。たまたまヨドバシカメラ行った時にこの土日だけ大特価という文字を見て、気付いたらソニーのα7ⅲを買っていました(笑)

 

ーシネマティックポートレートというスタイルに辿り着くまでは、どのような撮影をされていたんでしょうか。

Ryo Shirai

元々は風景写真やドローンの空撮をメインにしていましたが、それだけだと物語性をあまり訴求できないなと思い、風景に溶け込んだポートレート撮影をするようになりました。
最初は写真が多かったのですが、より自分の考えを作り込める動画を撮影するようになり、シネマティックポートに辿り着きました。

 

ーカメラを始めるまではどのような人生をおくってきましたか。

Ryo Shirai

カメラとは本当に無縁の生活でずっとサッカーやフットサルを小学校から大学生までやっていました。そして土日は友達とお酒を飲むことくらいしかしていなかったです(笑)
そんな自分がまさかカメラ沼にはまるなんて人生何があるか分からないなって思ってます(笑)

 

ー現在はSony Music × TikTok 「アトリエプロジェクト」に所属されているんですよね。普段はどのようなお仕事・活動をされているんですか?

CP+2024ゲスト

Ryo Shirai

本業は別でカメラとは全く違うことをやっていて、自動車会社様のコンサルティングを行っているので、映像制作のアート部分とはかなり対照的なことをやっています。
アトリエプロジェクトでは才能発掘オーディションのプロモーション動画を作ったり、ファミリーマートビジョンに放映する映像等を作っています。色々な才能を持った方とコラボして、新しい映像ジャンルにも挑戦中でもの凄く楽しいです!

 

スポンサーリンク

何気ない日常が映画のように感動的に

Ryo Shirai

ーRyo Shiraiさんがシネマティックポートレートに挑戦した理由は何ですか?

Ryo Shirai

J-POPのMVや大塚製薬のポカリスエットのCMが好きで、心に残る物語性のある映像を自分も撮ってみたいと思ったため、シネマティックポートレートに挑戦しています。

 

ーシネマティックポートレートの魅力を教えてください。

Ryo Shirai

自分が思っている魅力は
魅力① 何気ない日常が映画のように感動的で、ドラマティックな撮影・編集
これは一番意識していて、なるべくシネマティックに魅せるために極力被写体以外の人が映らないように画角や時間帯を気にして撮影を心がけています。

魅力② 被写体とのコミュニケーションと光探し
私の撮影は半分くらい散歩(ロケハン)が多いです(笑)事前にロケハンできるのがベストなんですが、やっぱり天気や光の位置は生物なので被写体の方とコミュニケーションを取りながら、いつも良い光を探しています。で、緊張がほぐれたタイミングで撮影をすることで序盤より良い表情や良い情景を引き出せた時が楽しいです!

魅力③ 自分が表現したいテーマや企画
移動中によく音楽を聞いているんですが、その時にふとここの歌詞だとこんな映像表現したら合うんじゃないかやこのCMをマネして作ってみてどういう工夫があるか味わってみるみたいなことが楽しいですね。

 

ーこれまでに撮影された動画の中で特にお気に入りの作品があれば教えてください。

Ryo Shirai

YOASOBIさんの群青をテーマにした作品とポカリスエット風CMの作品ですね!

群青の歌詞は好きなものと向き合い、もがき苦しむ姿が自分に重なっていてずっと作りたかった作品でした。ジモティーで油絵セットを揃えたり、買い出しして必要な小道具を集めたりと事前準備がとても大変でそういう裏側も含めてとても印象に残っている作品です(笑)

 

この投稿をInstagramで見る

 

| (@461insta_cinema)がシェアした投稿

Ryo Shirai

ハネウマライダーはカラオケでも歌うくらい好きな曲ですし、昔のポカリスエットのCMで使われていてとても好きだったので、そこからインスパイアされて作った作品です。
天気と夏雲にも恵まれて自分の出したい色味に近づくことができたので編集している時楽しかったですね!ただ本当に夏日だったので、撮影の時は物凄く汗かきながら撮影していました(笑)

 

この投稿をInstagramで見る

 

| (@461insta_cinema)がシェアした投稿

スポンサーリンク

動画撮影裏側や編集など“秘伝のタレ”はどんどん発信

Ryo Shirai

ーSNSに投稿されている動画はどれも素敵ですよね!

 Ryo ShiraiさんがSNSで制作の裏側を発信している理由を聞かせていただけますか。

Ryo Shirai

撮影の裏側や編集の裏側は秘伝のタレみたいなところがあって、あまり公開されていない部分が多いのですが、私はそれを発信することで見ている人に作品ができるまでにこんなことをしているんだとか、ここはこうした方がいいんじゃないみたいな意見をもらいたいと思ったからです。また、カメラを始めたばかりの頃にそういう裏側みたいなところが当時はあまりなく、自分が苦しんだので少しでも役に立てればと思ってます。
今後は企画の裏側とかも発信していきたいなと策略中です(笑)

 

ー動画撮影・編集のスキルはどのようにして身につけたのでしょうか。

Ryo Shirai

独学でYoutubeをひたすら見て、トライ& エラーで身につけました。とても苦しかったです。笑
撮影や編集の本当に重要なことやTipsって意外と発信されていなくて、やってみて分かることが多いんですよね。なので月2〜3回撮影するのですが、今も何かテーマを決めて自分で理解・納得しながら身につけています。

 

ー最初の投稿から1年でフォロワー1万人以上を達成されていますよね!SNS発信をするうえで意識していることはあるのでしょうか?

Ryo Shirai

求められていること(需要)とやりたいこと(欲求)のバランスですかね。
求められていること(例えばハウツー系)を愚直にやっていけばおそらく数字は伸びる気はしますが、カメラを長く続けて行きたいのでやりたいこと(例えば作品撮影)をベースにしています。その結果、今のように作品系とハウツー系をセットで週2投稿するスタイルになりました。

 

1人でも多くの人に覚えてもらえる色褪せない映像を

ryo shirai

ーシネマティックポートレート以外にも、さまざまなジャンルの撮影をされていますが、Ryo Shiraiさんがビデオグラファーとして目指しているところや目標はなんでしょう。

Ryo Shirai

表現として目指しているところは、どこかの誰でもいいので1人でも多くの人に覚えてもらえる色褪せない映像です。それには綺麗な映像というよりはストーリー性、演技、演出など映像技術以外のところも必要になってくると思っているので、2024年はジャンル問わず色々なMVやCMを見て、勉強しようと思ってます。

 

ー影響を受けた人、憧れのビデオグラファーがいれば教えていただけますか?

Ryo Shirai

King GnuのMVや演出を手がけるosrinさんです。
オールドルーキーというドラマが好きで、そのエンディング曲がKing Gnuの雨燦々で、この曲がとても好きです。早速YouTubeでMVを見て、度肝を抜かれました。
特に女子高校生の2人が手を繋いでプールに飛び込むシーンから学校の屋上に切り替わるシーンがあるんですが、映像の躍動感・切り替えの滑らかさはもちろん青春を回想させるような演出に痺れたのを覚えています。

 

CP⁺2024 ワークショップについて

ryo shirai

ーCP+の依頼が来た時の率直なお気持ちを聞かせてください。

Ryo Shirai

CP+の依頼が来た時は嬉しさと疑いがありました。笑
えっ自分が・・・?!という気持ちでした。
CP+2023に初めて行った時に様々なカメラに触れることができたり、多くのカメラマンの方のお話しを聞ける機会があり、まさか翌年に自分が講師側で立つなんて想像してなかったです(笑)

 

ー「シネマティックポートレートの裏側」をテーマにお話ししていただきますが、どのような方に来ていただきたいですか?

Ryo Shirai

特にこれからポートレートをやってみたい方や今挑戦しているけど苦戦している方に来ていただきたいです!少しでもシネマティックポートレートに興味があれば是非ぜひ来てください!

 

ー来場者に向けてメッセージをお願いします。

Ryo Shirai

CP+はカメラのお祭りです!最新の製品に触れられたり、数多くの作品やクリエイターの方にも会うことができるので、ぜひ楽しんでいただければと思います。
もし2月24日に来場される方がいればぜひ私のワークショップも見に来ていただければと思います!

 

 

◾️シネマティックポートレートの裏側

ポートレートの動画撮影をしたいけどなかなかハードルが高くてできない、ポートレート特有の色編集が分からない方に向けたワークショップになります。撮影の裏側や編集の裏側を実体験を交えつつ、ワークショップ形式でお伝えします。
開催日 2月24日(土)
時間 11:00~12:00
講師 Ryo Shirai
講師Instagram @461insta_cinema
体験人数 先着 20名

 

 

スポンサードリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事