Libec TH-M KIT

 

小野友暉
どうも、関西写真部SHAREの小野友暉です。

 

今回は、高品質な一脚「Libec TH-M KIT」のレビューをお届けしたいと思います。一脚は使いどころがわかりにくく手を出しにくいアイテムですが、実はとても優れたアイテムで普段の撮影を快適なものへとしてくれます。

僕は過去に一脚を4つほど所有してきましたが、その中でも「Libec TH-M KIT」はとても使いやすく間違いなくおすすめできる最高の一脚でした。

 

 

 

日本メーカー製の一脚「Libec TH-M KIT」

Libec TH-M KIT

Libec(平和精機工業株式会社)の「TH-M KIT」は従来の一脚が抱える取り扱いの煩わしさを解消し、撮影の機動力を飛躍的に高めてくれる素晴らしい一脚です。「TH-M KIT」は「TH-M」にデュアルヘッド仕様のパン・ティルトヘッド(雲台)がセットになったものになります。

 

 

 

 

クリエイターの抱える悩みを「Libec TH-M KIT」で解決

写真や動画をよく撮影するカメラマンや、動画クリエイターの方なら一度は感じたことのある様々なお悩み。これらのお悩みを一脚「Libec TH-M KIT」で解決できます。

 

お悩み
クリエイター
動画撮影時にアングルや高さを変えるたびに三脚の脚を一つずつ調整するのが大変。もっと楽にならないのか....。

 

 

お悩み
クリエイター
普段電車で移動するので、持ち運ぶ機材が限られる。三脚は重くて荷物になるので、もっとコンパクトにしたい....。

 

 

お悩み
クリエイター
イベントでの撮影時、人が多い中では三脚を大きく広げられない。狭いスペースでも高さのある撮影がしたい....。

 

 

 

 

なぜ「Libec TH-M KIT」が選ばれるのか

Libec TH-M KIT

数ある一脚の中でもなぜ「 Libec TH-M KIT」が選ばれるのか。「 Libec TH-M KIT」の魅力をまとめてみました。

 

 

1安定性が抜群に高い

安定性が抜群に高い

同価格帯の他メーカーと比較しても、「 Libec TH-M KIT」は安定性が非常に高いです。最大搭載重量4kgで一脚なのにもかかわらず重量級のカメラを載せることができます。安価で作りが雑な一脚ではやはり安定性に欠けてしまいます。

 

 

「 Libec TH-M KIT」はカメラの重心を一脚の上にきちんと持ってくれば望遠レンズを装着しても自立させることが出来ます。SDカードやバッテリー、レンズの交換時などの少し手を離したい時でも安定して自立してくれるので安心です。

ヘッドには水平器もついている

また、KITに付属しているデュアルヘッドには水平器もついているので、しっかりと水平を保つことができます。

 

 

 

2ペダルを踏むだけで自立モードとフリーモードを素早く切り替え

フットペダルを踏む

「 Libec TH-M KIT」のフットペダルを踏み込むことでロックを解除することができます。これで自立モードからフリーモードへと変えることができます。

 

 

フリーモードでは、一脚を回転させたり±20°の範囲で傾けることができます。

 

自立モードとフリーモード

咄嗟にカメラの向きを変えなければならない場合も、フットペダルを踏み込むだけで素早く対応できます。もう一度フットペダルを踏み込むことで、一脚がロック状態になり、自立モードに戻ります。また、自立モードではポールの回転はロックされるため、ヘッドをパンしやすくなっています。

 

 

 

 

 

3様々な雲台を楽しめる

1/4インチネジ、3/8インチネジの両対応

「 Libec TH-M KIT」は1/4インチネジ、3/8インチネジの両対応でヘッドを外すことで、様々な雲台を楽しむことができます。後で雲台を買い足したり、もともと持っていた雲台を付け替えて使用することもできます。

 

「 Libec TH-M KIT」でついてくるデュアルヘッドの雲台もかなり安定していて、使い勝手も良いです!

 

 

 

4パイプの目盛りで調整する時に便利

目盛りで高さがわかりやすい

「 Libec TH-M KIT」は中段パイプに目盛りが入っています。目盛りがあることで、一脚を好みの高さへ素早く調整することができます。一脚には目盛りのないものが多いですが、こういった細かな配慮も日本メーカー製Libecならではです。

 

 

 

 

 

 

 

「 Libec TH-M KIT」はこんな時に便利

Libec TH-M KIT

「 Libec TH-M KIT」があることで、便利に感じる具体的なシチュエーションをまとめました。

 

1イベントでの写真撮影や動画撮影

結婚式、運動会、ライブなどのイベント撮影で「Libec TH-M KIT」は大活躍です。いちいち脚を折りたたんで移動しなければならない三脚に対して、一脚は素早く移動もでき、高さの変更もスピーディーに行えます。またフットペダルを踏み込んでフリーモードにすることで、素早いカメラワークを可能にします。決定的瞬間を撮り逃す機会が確実に減ります。実際に結婚式場で働く知人からも『うちの式場でも「Libec TH-M KIT」を使用している』というふうに聞いたことがあります。そういった場所では定番アイテムのようです。

 

 

2自宅でYoutube用の動画撮影をする

自宅で動画撮影

最近Youtubeが流行っていますが、自宅でちょっとした動画を撮影する際も、一脚「 Libec TH-M KIT」は大活躍します。特に狭い部屋では三脚はそれなりのスペースが必要になりますが、「 Libec TH-M KIT」を使えば、省スペースでの設置も可能です。

 

 

3コンパクトな荷物量で電車移動でも楽々

コンパクトで持ち運びも便利

「 Libec TH-M KIT」は三脚などに比べるとコンパクトで、専用ケースも付属しているので、持ち運びも楽々です。今まで重たい三脚を持って電車移動されていた方も、移動が快適になること間違いなしです。

 

 

 

「 Libec TH-M」を実際に使ってみた感想

実際に使ってみた感想

 

小野友暉

今までに一脚は4つほど使ってきましたが、その中でも「Libec TH-M KIT」の安定性は過去一番でした。以前、安定性に欠ける安物の一脚を使っていて、風で一脚が転倒してしまいレンズをダメにしてしまった経験があります....。それ以降、一脚には安定性を求めるようになりましたが、「Libec TH-M KIT」なら安心です!また、KITに付属しているヘッドはフリュード雲台で滑らかなパンもできるので、写真用途でも動画用途でも使用できるのは嬉しいポイントです。

撮影の現場では大活躍で、セッティングにかかる時間が短くなり、素早く高さを変えることもできるので、単純に撮影時間の短縮にも繋がります。
現場によっては、かなり狭いスペースでの撮影を強いられる状況もありますが、「 Libec TH-M KIT」は省スペースで高さのある撮影もできるので、そういった現場ではかなり重宝します。

あとは自宅でもYoutube用動画を撮影する時に使っているんですが、ちょっとした動作が軽減されるだけでも大きな差を感じます。

本格的な動画撮影でかなり重たい機材を載せなければならない限りは、「 Libec TH-M KIT」でどんな撮影現場も大抵カバーできると思います!

 

 

 

最後に

Libec TH-M KIT

以上、「Libec TH-M KIT」のレビューでした。「Libec TH-M KIT」は一脚の中でも高価な価格帯ですが、安定性や機能性を考えるとコスパの良い買い物だと個人的には思います。

 

もし現在のカメラライフで不満を抱えているのであれば購入をご検討してみてはいかがでしょうか。カメラライフが快適なものへとなること間違いありません。

 

 

 

Libec製品はこちらもおすすめ!

関西写真部SHARE「LINE@」でお役立ち情報配信中!
関西写真部SHARE LINE@

関西写真部SHAREの公式LINE@を友だち追加しておくと、カメラ・写真に関するお役立ち情報や、キャンペーン情報などいち早く受け取ることができます。友だち追加よろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事