スポンサーリンク

Kodak(コダック)のPROFESSIONAL PORTRA 400 フィルムの特徴をまとめたレビュー記事を書いていきます。PORTRA 400は400NC・400VCが廃止されて2つのフィルムが統合されたようなイメージ。よく言えば400NC・400VCのいいとこ取りしたフィルム。PORTRAという名がつくだけあってポートレートにはオススメです。

 

Kodak PROFESSIONAL PORTRA 400の特徴

Kodak PORTRA400フィルム

それでは早速PORTRA400の特徴をまとめていきたいと思います。

 

肌色が綺麗にでる

記事冒頭にも書きましたが、PORTRA400はポートレートにはかなりオススメです。人物の肌色階調がとてもナチュラルかつ正確で、仕上がりを見たら一気に引き込まれました。こんなに肌色が綺麗にでるフィルムはないんじゃないかってくらい綺麗だったので、今はポートレートをフィルムで撮る際は必ずと言っていいほど使っています。

 

Kodak PORTRA400フィルムで撮った写真

 

Kodak PORTRA400フィルムで撮った写真

Kodak PORTRA400フィルムで撮った写真

 

ふんわりしたトーン

全体的にトーンはふんわりしているなーと言った感じです。コントラストは低めで、優しい色をしています。爽やかな印象のスナップ、風景写真にはぴったりだなと思います。いわゆるおしゃれ系写真。インスタ映えするような写真を求めるならばこのフィルムは相性がいいかもしれません。逆にシックで渋く、カッコイイ感じを求めるのであればこのPORTRA400は少し違いますね。

 

Kodak PORTRA400フィルムで撮った写真

 

特にシアンの色は綺麗だと思います。とても優しい色味です。

 

Kodak PORTRA400フィルムで撮った写真

Kodak PORTRA400フィルムで撮った写真

 

温かみのある色

フィルムで撮った写真は基本的にデジタルに比べると温かみのある写真が撮れるのですが、フィルムの中でもこのPORTRA 400の温かみはかなりある方だなーと思います。懐かしの思い出を切り取ったようなそんな写真にもよく合うと思います。お子さんの写真をフィルムで収めたいという方にぴったりです。

 

Kodak PORTRA400フィルムで撮った写真

Kodak PORTRA400フィルムで撮った写真

 

スポンサーリンク

デジタルではだせないPORTRA400の魅力

このPORTRA400の感じをデジタルで再現しようとしてみても、それは不可能に近いです。ある程度近い仕上がりにはできますが、やはり本物にはかないません。プロの写真家達がこのフィルムを好んで使うのもよくわかります。有名どころでは写真家の濱田英明さんもPORTRA 400を使っているみたいですね。(35mmではなく中判用のKodak PORTRA 400 120。)それだけの魅力がこのPORTRA 400にはあります。

 

 

最後に

以上、Kodak(コダック)PROFESSIONAL PORTRA 400の特徴&レビューでした。お値段は少々高めですが、今まで使ったフィルムの中でも満足度は高めでした。フィルムカメラを使っている人でまだ使ったことのないという方は、ぜひ一度使ってみることをオススメします。

 

 

 

また以前にFUJIFILM のフィルムのレビューも書いていますので、ぜひそちらもご覧ください。

 

スポンサーリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事