カメラをしている人にオススメするカメラ雑誌!

はじめに

今回はカメラをやっている人にむけて、オススメのカメラ雑誌を紹介していきたいと思います。まずはなぜカメラ雑誌を読んだ方がいいのかの理由からまとめて書いていきたいと思います。

カメラ雑誌を購入する理由

最近はネットもかなり普及してきて、知りたい情報はだいたいネットで即座に手に入れることができるようになりました。カメラに関する情報もネットで調べたらある程度出てきます。そんな時代になぜ今更、雑誌をオススメするのかというとちゃんとした理由があります。雑誌を購入する理由とは?

情報の質が高い

理由その1としてまずは情報の質が高いことが挙げられます。ネットは情報量はかなり多いですが、その情報の信憑性は少し欠けていたり、自分の欲しい情報とは違っていたりします。そういう意味では取材元などをはっきりと提示していて取材力も高いところから情報を得た方が、情報の質は高くなります。

情報が偏らない

ネットの場合、自分でキーワードを入れて検索しなければならないので自分から知りたい情報についてアプローチしなければなりません。言い換えるならば、知りたいと思った情報しか得にくかったりします。結果情報に偏りが出てきてしまいます。雑誌の場合カメラに関する様々な情報(写真家さんや機材について、フォトコン情報など)が掲載されているので、幅広く情報を得ることができます。

これらの理由からお金をかけてでもカメラ雑誌を購入して、情報を得ることに価値はあると思います。

オススメのカメラ雑誌を紹介

雑誌を読む理由をしっかりと理解した上で、ではどのカメラ雑誌を読んだ方がいいのか、オススメのカメラ雑誌を紹介していきたいと思います。

アサヒカメラ

アサヒカメラ

引用:https://www.amazon.co.jp

朝日新聞社の発行する老舗カメラ雑誌です。アマチュア写真家からプロの専門家まで幅広い人たちが楽しめる情報誌です。 更なる技術の向上と新しい機材についてフォトコン情報など、様々なカメラ情報を知りたいという向上心のあるカメラマンさんにお勧めの雑誌となっています。

発売日:毎月20日
定価:900円
公式サイトhttp://publications.asahi.com/ecs/20.shtml

 

デジタルカメラマガジン

デジタルカメラマガジン

引用:https://www.amazon.co.jp

カメラ機材の最新情報などもありますが他雑誌に比べると少なく、主に写真の撮り方やテクニック。またレンズについてやカメラの疑問や写真の疑問とその解決法などが多く掲載されています。初心者〜中級者向けのカメラ雑誌だと思います。僕もカメラ始めたての頃はこの雑誌をよく読んでいました!この雑誌は電子書籍版もありおすすめです。

発売日:毎月20日
定価:1080円
公式サイトhttps://ganref.jp/dcm/

 

フォトコン

フォトコン

引用:https://www.amazon.co.jp

フォトコンテスト写真に特化した雑誌になります。フォトコン入賞作品を見て、撮影テクニックやスキルを学ぶことのできるカメラ雑誌です。撮影時の設定なども載っているので勉強になります。また、当雑誌内でもフォトコンテストを毎月開催しています。腕試しに応募してみてもいいでしょう。

発売日:毎月20日
定価:1296円
公式サイトhttp://www.photo-con.com

 

CAPA

CAPA

引用:https://www.amazon.co.jp

最新のカメラ、レンズ事情や機材購入を考えている方などにオススメの雑誌になります。最新情報から機種比較、撮影のテクニックなど、バランスの良い雑誌です。初心者から上級者まで気軽に飽きずに見られるのでおすすめです。

発売日:毎月20日
定価:800円
公式サイトhttp://capacamera.net/

 

 

まとめ

以上、カメラ雑誌についてまとめてみました。カメラ雑誌を毎月読んでいるとカメラに対する意識も高まるし、いい写真を定期的に見ておくことは腕磨くためにもつながります。是非、読んでみてくださいね!

 

小野友暉

写真家 小野友暉
鹿児島県出身。大阪在住の写真家。関西写真部SHARE代表。1992年11月20日生まれ。主に関西で活動する。他にもWebデザイナー・グラフィックデザイナー・SEOコンサルとしても仕事をしている。

>>小野友暉のプロフィールページ

スポンサードリンク

RICHO GRⅡ再レビュー!RICHO GRⅡを約1ヶ月使ってみての使用レビュー!

フィルムカメラを持ってぶらりと撮影フィルムカメラを持って大阪梅田でぶらりと撮影してきました!

関連記事

  1. フィルム写真

    写真を”撮る”ということの意識が変わる!フィルムカメラを使ってス…

    デジタルが当たり前の時代アナログ時代からデジタル時代へと移り変わった現代では、デジタル製品を使う…

  2. 発想が面白い!!最新のカメラ事情についてまとめてみました!

    発展し続けるカメラ最近、カメラの発展も凄まじいものです。次から次へ新しい機能を持ったカメラが販売…

  3. ゆり

    大阪舞洲ゆり園

    先日の日曜日に大阪舞洲ゆり園に行ってきました。…

  4. 木村伊兵衛

    カメラマン必見!国内プロカメラマン・写真家たちの名言を集めてみま…

    プロカメラマンの名言集今回は国内のプロカメラマンと写真家さんの名言を集めてみました。カメラをして…

  5. 雨の日撮影

    6月に入ってから梅雨の季節になりました。雨の日、曇りの日が続いていて外にカメラを持って撮影!…

  6. 花火

    夜空に咲く大きな花!花火のちょっと変わった撮り方!淀川花火!

    先日、8月6日は大阪の大きな花火大会の一つ淀川花火大会でした!近所と…

  7. Nikon 大三元標準レンズ購入レビュー

    ニコン(Nikon)新型大三元レンズAF-S NIKKOR 24…

    大三元レンズというの聞いたことはありますか?今回思い切ってNikonの大三元レンズの一つ、標準域を担…

  8. 恋するカメラ

    Instagramのオシャレな人気タグ、「恋するカメラ」から素敵…

    素敵な写真が集まる”恋するカメラ”最近、写真共有SNSのInstagramで個人的に気になってい…

サイト運営者 小野友暉

写真家 小野友暉

 

鹿児島県出身。大阪在住の写真家。元バンドマンからカメラを初めて、2年3ヶ月で年間書籍「プロカメラマン File 2018」に掲載。関西写真部SHARE代表も務める。1992年11月20日生まれの現在24歳。
 
カメラ以外にもWebを使ってマイクロビジネスを展開中。
 
>>小野友暉のプロフィールページ

スポンサーリンク Amazon

最近の記事

  1. インスタグラムフィーチャーアカウントまとめ
  2. 木村伊兵衛写真賞

スポンサーリンク

PAGE TOP