スポンサーリンク

かんばら
関西写真部SHAREライターのかんばらふうこです。

 

ZEISSより、レンズ一体型デジタルカメラZX1」が、2019年初頭に発売されることが発表されました!

レンズや機能の進化だけでなく、撮影した写真をその場でレタッチできるLightroom CCを搭載しており、世界中のフォトグラファーから注目を集めています。

そこで今回は、ZX1の特徴についてご紹介します。

ZEISSがレンズ一体型デジタルカメラ「ZX1」を発表

ZX1

出典:engadget

ZEISSから発売予定の「ZX1」は、35mmフルサイズセンサーと、固定式レンズDistagon T* 2/35を採用した、レンズ一体型デジタルカメラです。

ZEISS新設計のZeiss Distagon 35mm f/2Tレンズに加えて、約3740万画素のイメージセンサーを搭載しています。

 

 

高い解像度を誇るレンズは、光学ローパスフィルターレス仕様高コントラストで高品質のライブビュー出力を実現しています。

ZX1での動画撮影については、最高で4K UHDを30pまで、もしくは1920x1080 60fpsまで記録することができます。(1クリップ最長15分)

カメラ本体に保存されているファイルは、クラウドストレージへのアップロードか、メールへ送信することも可能です。

 

スポンサーリンク

最低限の機能に抑えた美しいカメラボディ

ZX1

出典:zeiss

ZX1は、フルフレームの37.4メガピクセルセンサーを搭載している、スタイリッシュなデザインの最新デジタルレンジファインダーカメラです。

ZX1

出典:engadget

カメラボディは約800g。カメラ上部のシャッターボタンシャッタースピードダイヤルISOダイヤルは、ZX1で唯一の操作部分となっています。

写真編集やその他の設定はタッチパネルで行うので、指のスワイプだけで撮影モードなどを切り替えられるシンプルな操作が魅力です。

 

新設計!Zeiss Distagon 35mm f/2Tレンズ

ZX1

出典:zeiss

5群8枚構成のレンズ「Distagon T* 35mm F2」。ZEISSによりコンパクトでパワフルなミラーレスシステムで設計されており、絞り値はf/2-22最小焦点距離は30cmです。

ZX1

出典:zeiss

レンズとセンサーの部分が一体化でシールドされており、誇りや汚れの心配もありません

ストリート撮影や旅行先での写真撮影など、レンズが一体型になっていることで、今までよりもスムーズな撮影を実現しています。

 

カメラ内でレタッチできる。Lightroom CCを統合

ZX1

出典:zeiss

ZX1の注目ポイントは、なんと言ってもカメラ内でAdobe Lightroom CCを使用し写真レタッチができるというところです。

コンピュータ上のLightroom CCとの同期をすることができ、露出と色の補正から、細かい編集まで、本格的なレタッチを楽しめます。

また、Wi-Fiに接続することでレタッチした写真をSNSやインターネットにアップロードすることが可能です。

 

SDカード不要。内部フラッシュメモリを搭載

ZX1

出典:zeis

ZX1のメディア記録方法はSDカードではなく、512GBの内部フラッシュメモリで行います。

フル解像度のRAW画像ファイルなら約6800枚JPEGなら5万枚以上20時間のビデオを保管可能。内蔵フラッシュメモリに大容量のデータを保存できるので、SDカードの必要がありません。

 

ZX1のスペック

ZX1

出典:zeiss

ZX1のスペック詳細をリストにまとめましたので、参考にご覧ください。

画素数 3,740万画素
感度 ISO 80〜51200
メカシャッター 1/1,000秒〜1秒
電子シャッター 1/8,000秒〜30秒
絞り F2.0〜F22
シャッタースピード 1/8000s
通信機能 Wi-Fi/Bluetooth/NFC

 

まとめ

以上、ZEISSより2019年に発売予定のレンズ一体型デジタルカメラ「ZX1」についてご紹介しました。これまでのカメラにはなかった写真レタッチ機能や、レンズと一体化したボディなど魅力がたっぷりです。

発売が待ちきれません!

トップ画像出典:yodobashi

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事