かんばら
こんにちは!関西写真部SHAREライターのかんばらふうこです。

 

2021年12月3日に発売されたハイブリッドインスタントカメラ『チェキ instax mini Evo』を使ってみた!

これまでのinstaxシリーズのイメージを覆される100通りの撮影エフェクトを搭載し、インスタントカメラ ・デジタルカメラ・スマホプリンターすべてを1台に詰め込んだ贅沢すぎるチェキです。

最新チェキ『instax mini Evo』新登場

INSTAXMINIEVO

撮ってプリントするシンプルな仕組みの印象があったインスタントカメラですが、令和に誕生した『チェキ instax mini Evo』はインスタントカメラの定義を覆すアナログもデジタルも兼ね備えたハイブリットインスタントカメラ

色々なレンズやフィルターを組み合わせて撮影やチェキプリントを楽しんだり、スマホアプリと連携して今までに撮ったスマホやデジカメの写真をチェキプリントすることができます。

アナログカメラを使ったことがある方にとっても、スマホでしか撮影したことがない方にとっても新感覚

 

クラシックデザインとアナログな操作を楽しめる

INSTAXMINIEVO

高級感溢れるクラシックなデザインが魅力のチェキ instax mini Evo。小さすぎず、大きすぎず、チェキを顔の前で構えた時もオシャレに見えるのが嬉しいです。

 

INSTAXMINIEVO
INSTAXMINIEVO

 

instax mini Evoはダイヤルをまわしたり、レバーをひいてプリントをしたりとアナログ操作を楽しめます。レバーをひいた時のカチカチという音はデジカメでもスマホでも味わえない魅力のひとつ。“私らしい写真表現を追求したくなる”設計です。

 

INSTAXMINIEVO

そしてチェキといえばフィルムが出てくるところが最もワクワクする瞬間。モニターでどんな写真が撮れているか分かっていても、どんな仕上がりになるか写真の色が浮き出てくるまでドキドキしながら待っている時間もチェキにハマるポイントなんですよね。

 

INSTAXMINIEVO

ケーブルの横にはマイクロSDカードの差し込み口があり、デジカメで撮影した写真もマイクロSDを入れればチェキプリントきます!私はミラーレスカメラをよく持ち歩いていて、子供と友達が遊んでいる写真や、親戚の集まりで写真を撮ることが多いので、撮った写真をプリントしてその場で楽しんでもらえるのは皆んなが幸せになれていいなと思いました。

内蔵メモリー 約45枚
microSD/microSDHCメモリーカード 1GBあたり約850枚

 

10フィルム×10レンズで100通りの写真表現!

INSTAXMINIEVO

instax mini Evoの機能で最も驚いたのは写真表現の幅の広さ!なんと10種類のフィルムに加え、レンズをクルクル回せて本格的な撮影を楽しめる10種類のレンズが搭載されています。

フィルムエフェクト ノーマル・ビビッド・淡い・キャンバス・モノクロ・セピア・イエロー・レッド・ブルー・レトロ
レンズエフェクト ノーマル・ビネット・ソフトフォーカス・ぼかし・魚眼・色ずれ・光漏れ・ミラー・二重露光・ハーフフレーム

私がinstax mini Evoで撮影したお気に入りの写真がこちら。

INSTAXMINIEVO
INSTAXMINIEVO
INSTAXMINIEVO
INSTAXMINIEVO
INSTAXMINIEVO
INSTAXMINIEVO
INSTAXMINIEVO
INSTAXMINIEVO

 

1枚の写真に2つのシーンが入った「ハーフフレーム」は組み合わせが難しいですが、スマホのカメラでは撮れない慣れない撮影方法が新鮮で「どの風景を組み合わせるとオシャレかな?」と考えながら色々な撮り方に挑戦してみました。

いつも通る何気ない風景や部屋に飾っている小物など、instax mini Evoを持つと特別な風景はもちろん身近なものにもレンズを向けたくなります。

私が撮影した作例写真の他にも、何十通りもの表現方法があるので試してみてくださいね。

 

INSTAXMINIEVO

3.0インチのLCDモニターを搭載しており画面が見やすいところも特徴の一つです。モニターの向こうに写る景色は、目で見えている現代の景色と違うレトロなところがデジカメでは味わえない不思議な感覚。

 

「スマホアプリ」でチェキプリントしてみよう

INSTAXMINIEVO

instax mini Evoは専用のスマホアプリと連携することで、スマホの写真をチェキプリントしたり、スマホから遠隔撮影を行うことができます。instax mini Evoを購入したらスマホアプリもダウンロードして色々な方法でチェキを楽しみましょう!

スマホの写真をinstax mini Evoに転送する方法

instax mini Evoは「スマホプリンター」として使用することも可能です。

アプリを開いたら「DIRECT PRINT」をタップし、「画像選択」からチェキプリントしたい写真を選びます。

INSTAXMINIEVO

写真の回転や拡大縮小、フィルターなど編集をします。

INSTAXMINIEVO

完成イメージを確認して問題がなければ「プリント」をタップ!

INSTAXMINIEVO

プリントした写真がこちら。スマホのアルバムの写真はどれでもプリントできるので、過去に撮影した写真もプリントできます!

かんばら
スマホプリンターとしての機能があるのは最高!チェキ本体で撮影したノスタルジックな写真も良いですが、スマホやデジカメで撮影した高画質な写真をチェキプリントして部屋に飾ったり贈ったりできるのは嬉しいです。

 

スマホからリモート撮影

INSTAXMINIEVO

アプリ内の「RIMOTE SHOOTING」をタップし、「LIVE VIEW」をON。

instax mini Evoに写っている景色をスマホで確認することができます。自撮りをする時にカメラを手で持つと、持っている手前の人が大きく写ってしまったり、人数が増えると入りきらなかったりしますが、遠隔操作をすることで被写体の距離感を調節できたり、背景まで綺麗に写すことができます。

チェキからスマホへ写真データを転送

instax mini Evoはチェキ本体からスマホへ写真転送することも可能です。

INSTAXMINIEVO

「再生メニュー」▶︎「プリント画像転送」を選択します。

INSTAXMINIEVO

チェキプリントした画像が一覧で表示されるので、スマホに転送したい画像を選びます。

INSTAXMINIEVO

転送中…。

INSTAXMINIEVO

転送が完了するとアプリ内に写真が表示されます。

INSTAXMINIEVO

転送した写真は編集・保存したり、アプリから再度プリントしたりできます。

ただし転送できるのはチェキプリントした画像のみで、撮影した写真データ全てではないので要注意。大切な人とチェキで撮影した後に、プリントでもデータでも共有できます。

チェキを贈って楽しむ

INSTAXMINIEVO

instax mini Evoで撮った写真を飾ったり、アルバムに保管したり、SNSで自慢したり、いろいろな使い道が思い浮かびますが、“チェキを贈る”こともおすすめの使い方の一つです。

私はクリスマスにママ友と子供同士のお菓子をプレゼントし合った時に、子供の写真をチェキプリントして贈ったらとても喜んでもらえました!「普段はスマホで写真を撮るだけだから嬉しい!」とチェキのプチサプライズに驚いてくれました。

チェキは家族や友人、恋人など、日常の中でちょっとしたお礼にも活躍してくれます。

 

チェキフィルムにも遊び心を

INSTAXMINIEVO

チェキフィルムはホワイトだけでなく、フィルムの現像時に撮影した写真全コマを一覧で確認するために使われるコンタクトシート(ベタ焼き)をモチーフとしたデザインコンタクトシート銀部分に箔加工を施したシックで高級感のあるデザインの「ストーングレー」などさまざまなデザインがあります。

いつもと違うチェキの雰囲気を味わいたい時や、自分らしいチェキを追求したい時にいろいろなフィルムを試してみてくださいね。

 

 

まとめ

INSTAXMINIEVO

以上、instax mini Evoのレビューをお届けしました。

直感的にレトロな写真を撮ってすぐにプリントできる従来の機能を残しつつ、スマホプリンターやチェキからスマホへの写真転送などデジタル時代のカメラ好きの心も掴む最新の機能が充実しています。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

関西写真部SHARE「LINE@」でお役立ち情報配信中!
関西写真部SHARE LINE@

関西写真部SHAREの公式LINE@を友だち追加しておくと、カメラ・写真に関するお役立ち情報や、キャンペーン情報などいち早く受け取ることができます。友だち追加よろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事