フィルムカメラ Nikon F6 約1年使い続けての再レビュー!

このカメラブログのなかでも人気の記事となっているフィルムカメラ Nikon F6について、過去記事を書いてから時間も経っているので、ここらで再レビューを書いていきたいと思います。ここ1年で様々なフィルムカメラを使ってきましたが、このNikon F6はやはり最高のカメラです。

 

Nikon F6ってどんなカメラ?

Nikon F6

Nikon F6を持っていると、「フィルムカメラに一眼レフってあったんだ!」とよく言われます。なかなかフィルムカメラの一眼レフは見たことない人も多いのかもしれませんね。僕は逆に初めてのフィルムカメラがNikon F6だったため、こんなもんかなとそれぐらいに思っていました(今思うといきなりF6なんて思い切ったことしたなぁーと思います)。最初はなんのこっちゃわかりませんでしたが、1年使い続けてようやく分かってきたF6のすごさをまとめていきたいと思います。

 

耐久性がとにかく高い

Nikon F6

ボディを持つとわかるのですが、結構ずっしり重みがあります。ボディだけで975gと1kg近くあります。なかなかの重みですが、耐久性にはかなり優れています。中古で購入し1年使っていても1度も機材トラブルはありませんでした。これからもずっと長く使えそうです。

 

AFが使える

Nikon F6はAF(オートフォーカス)が使えます。これである程度正確に、ピントを合わせることができます。レンズサーボにはシングルAFサーボ、コンティニュアスAFサーボ、マニュアルフォーカスの3タイプがあり、AFエリアモードもシングルエリアAFモード、ダイナミックAFモード
、グループダイナミックAFモード、至近優先ダイナミックAFモードの中から、状況に合わせて選ぶことができます。これにより幅広いジャンルや状況での撮影が可能になります。

 

自動巻き上げ機能

Nikon F6

Niokn F6は自動巻き上げ機能がついているので、フィルムをセットして、フタを閉めるだけで、カメラが勝手に巻き上げてくれます。手間も時間もかからずすみます。手動でフィルムをセットするのは難しい人には難しいですもんね。撮り終えた後も、自動で巻き上げてくれるので、巻き上げ完了後にフタを開けるだけでOKです。仮に自動巻き上げでトラブルがあっても(途中で止まっちゃったりしても)巻き戻しクランクがついているので、手動で巻いていくことも可能です。

 

様々な撮影モードで撮れる

いろんなフィルムカメラを使っていて、思いましたがA(絞り優先モード)やS(シャッタースピード優先モード)で撮れるフィルムカメラって少ないです。Nikon F6にはP(プログラムオート)、S(シャッター優先モード)、A(絞り優先モード)M(マニュアル)が用意されています。シャッタースピードちょっといじって面白い写真撮りたいなって時にとても便利です。おかげで失敗ショットもかなり少なくすみました。

 

 

フィルムカメラ Nikon F6で撮影した写真

どんなフィルムカメラかを説明したところで、実際にNikon F6で撮影した写真を紹介していきたいと思います。

モデル虹帆

Nikon F6で撮った写真 撮影 小野友暉

スピードライトSB-400との組み合わせで撮影。

 

Nikon F6で撮った写真 撮影 小野友暉

Nikon F6で撮った写真 撮影 小野友暉

モデルchika

Nikon F6で撮った写真 撮影 小野友暉

AF(オートフォーカス)で90mmのレンズで撮影。

 

モデルはるか

Nikon F6で撮った写真 撮影 小野友暉

Nikon F6で撮った写真 撮影 小野友暉

自然光で、Aiレンズ35mmを使用。

 

Nikon F6は高いお値段しますが、何より撮影時のストレスが少なく安定して撮れます。フィルムで撮影していて、手動巻き上げのカメラだと、コマかぶりやシャッター切った振動でフィルムが外れてしまったり、撮り終えた後に、巻き上げる前に裏蓋を開けてしまった…など、様々なトラブルに見舞われますが、Nikon F6はそういったトラブルはかなり減ります。長く使えるので、長い目で見たらコスパのいいカメラかもしれませんね。

 

最後に

以上、フィルムカメラNikon F6の1年後の再レビューでした。僕はこのカメラをメインでも使っていますが、それはこれからも変わることはなさそうです。入りは写真家の川島小鳥さんに憧れて使い方もわからないまま勢いだけでNikon F6を買ってしまいましたが、結果としてかなりいい買い物でした。値段も中古でならかなり下がってきているので、オススメのカメラです。

 

 

Nikon F6についてのかっこ記事については、下記リンクからご覧ください。

 

 

小野友暉

写真家 小野友暉
鹿児島県出身。大阪在住の写真家。関西写真部SHARE代表。1992年11月20日生まれ。主に関西で活動する。他にもWebデザイナー・グラフィックデザイナー・SEOコンサルとしても仕事をしている。

>>小野友暉のプロフィールページ

スポンサードリンク

撮影スポット関西の撮影スポットを紹介!【大阪府】 中之島&中崎町 撮影 田中信成

東京カメラガールズコラボ企画東京カメラガールズとSHAREのコラボ!ポートレート撮影会!in鶴見緑地公園

関連記事

  1. Nikon D5500インタビュー記事

    超軽量!人気一眼レフカメラNikon D5500の使用感をインタ…

    Nikon D5500を愛し続けた女世界最小最軽量の一眼レフカメラとして名高いNikon…

  2. RICHO THETA S

    360°カメラ RICHO THETA S 購入レビュー

    2015年10月に発売された360°カメラ、RICHO 「THETA S」を今更ながら購入しました!…

  3. RICHO GR1

    フィルムカメラRICHO GR1購入レビュー!

    RICHO GR1まで買ってしまった!僕の持っているカメラの中でも最強のスナップカメラとして活躍…

  4. Nikon F6で撮った写真

    フィルムカメラを持って大阪の街を歩き回ってきました!

    文章  小野友暉    写真  小野友暉Part1とPart2に続いて…

  5. Nikon 大三元標準レンズ購入レビュー

    ニコン(Nikon)新型大三元レンズAF-S NIKKOR 24…

    大三元レンズというの聞いたことはありますか?今回思い切ってNikonの大三元レンズの一つ、標準域を担…

  6. Nikon F6で撮った写真

    フィルムカメラの最高峰 Nikon F6を持ってウメキタ広場へ!…

    前回の記事の続きになります。前回記事はこちらから&nbs…

  7. NikonF6で撮った写真

    フィルムカメラの最高峰 Nikon F6

    フィルムカメラNikon F6を購入私事ではありますがずっと欲しかったフィルム一…

  8. RICHO GRⅡ再レビュー!

    RICHO GRⅡを約1ヶ月使ってみての使用レビュー!

    RICHO GRⅡを購入して1ヶ月経ちました!最強のスナップシューターRICHO GRⅡを購入し…

サイト運営者 小野友暉

写真家 小野友暉

 

鹿児島県出身。大阪在住の写真家。元バンドマンからカメラを初めて、2年3ヶ月で年間書籍「プロカメラマン File 2018」に掲載。関西写真部SHARE代表も務める。1992年11月20日生まれの現在24歳。
 
カメラ以外にもWebを使ってマイクロビジネスを展開中。
 
>>小野友暉のプロフィールページ

スポンサーリンク Amazon

最近の記事

  1. インスタグラムフィーチャーアカウントまとめ
  2. 木村伊兵衛写真賞
  3. モデルかんばらふうこ

スポンサーリンク

PAGE TOP