約3分で読めます

 

フィルムカメラNikon F6を購入

私事ではありますがずっと欲しかったフィルム一眼レフカメラ、Nikon F6を購入しました!!

 

nikonf6とフィルムとフィルムスキャナー

 

過去の記事にもあげた写真家の川島小鳥さんも使われているフィルムカメラの最高峰と呼ばれるカメラです。

 

過去記事はこちら

 

 

川島小鳥さんの代表作「未来ちゃん」もこのカメラで撮ったということで有名ですね。

 

 

Nikon F6は価格も希望小売価格が372,600円とかなりの値段...

 

Nikon F6 公式サイト

 

値段を見て購入を諦めかけていましたが中古を見ているとなんとほぼ新品に近いものが80,000円であるではないですか!!2004年に発売されてもう10年以上経っているのとデジタルカメラが主流になったことでフィルムカメラの需要がかなり減ったことが原因なのかもしれません。

 

とりあえず、約40万もするカメラが10万以下で買えるのではあれば買いだなと思い勢いで購入しちゃいました(笑)世代的にフィルムカメラを使ったことのない世代なのでなんの知識もないままとりあえずネットで調べて必要なもの一式揃えました。

 

まず一番大事な

フィルムカメラ本体(Nikon F6)

 

フィルム

 

フィルムスキャナー

 

そして必要ではなかったのですが写真家の川島小鳥さんに憧れて

単焦点 Aiレンズ Nikon F1.4S 

 

も中古で買っちゃいました!

 

これら全部買っても15万くらい。

一式揃えても新品を買うよりはだいぶ安く収まりました。

 

 

スポンサーリンク

Nikon F6使用レビュー!

届いてから早速使ってみました。

フィルムのつけ方が全くわからなくて早速苦戦しましたが、なんとか設置して撮影開始!

 

シャッター切るときの音がたまらなくいいです!!

 

時代を感じますがデジタルカメラではない感覚です。

デジタルカメラの癖でついつい撮った後モニターを確認してしまいます(笑)

 

撮った写真をすぐに確認できないのもある意味フィルムカメラのいいところの一つかもしれませんね。

現像するまで楽しみがずっと持続します。

 

そしてフィルムは36枚しか撮れません。

 

36枚撮る終えるたびにまたフィルム交換しないといけないのです。

さらにフィルム1本あたりの値段も500円〜かかるのでたくさん撮るのであればコスト的にもかなりかかってきます。

 

撮り終えたフィルムは現像してネガにしなければなりません。

 

カメラショップか大型家電量販店に持っていけば現像してくれます。

現像代もフィルム1本あたり600円くらいかかります。

持って行ってすぐにできるわけではないので早くても数時間〜半日くらいはかかります。

 

そして現像されたネガをフィルムスキャンでスキャンしていくという流れです。

かなり手間で不便でしかないと思うのですがスキャンした画像を見て一気に考えが変わりました!

 

撮影した写真がこちら

 

ブランコで遊ぶ親子 紫陽花 神社お祭り 小学生の女の子たち 神社のお祭り 路地 光に照らされる花 野球グラウンド

このなんとも言えないフィルムカメラの味がたまりません。

これはデジタルでは出せない味わいです。このフィルムカメラの不器用さ手間、不便さが全部愛おしく思えてきました(笑)

 

例えるならばペットを飼うような感覚です。

時間もお金もかかるけど可愛いところもあるから世話するのも全然苦じゃない...といった感覚でしょうか!

 

めんどくさい工程をすることでこの味わいを楽しめる。

その作業は意味のあるものだったんだと思ったらだんだん愛着が湧いてきました(笑)

 

これらの写真は先ほどのサンワダイレクトのフィルムスキャナでスキャンしたもの。

ちなみに金額は上がりますがFUJIFILMにネガのスキャンサービスがあります。

 

そちらででスキャンした画像がこちら

 

jona3

jona4

jona5

サンワダイレクトのフィルムスキャナーでスキャンした画像よりもしっかりと色が出ていますね!!

 

お値段は36枚どりフィルム14本で約7,000円でした。

 

それなりの値段はしますね!

それなりに時間もかかるのでうまいこと使い分けていったらいいと思います。

 

ちなみにこのNikon F6を使って写真集を作りました!

全てこのNikon F6で撮影してます。(レンズはいろいろ)

 

 

興味ある方は是非ご覧になってください。

 

最後に

以上、Nikon F6について書きました。

写真集制作のプロジェクトもまだ残っているのでこいつで作品をたくさん作りたいと思います!

 

 

スポンサードリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事