ミニドローン
スポンサーリンク

 

小野友暉
どうも、関西写真部SHAREの小野友暉です。

 

最近、「映像業界ではマイクロドローンが流行っている」という話を友人から聞きました。マイクロドローンだと普通のビデオカメラではなかなか撮れない面白い画が撮れるらしく、それが人気の理由だそうです。

ちなみにこちらの動画がマイクロドローンでワンカットで撮影されて話題にもなった映像。

 

確かにとても面白い画が撮れます。とはいえ、本格的なマイクロドローンは結構ええ値段します。(ドローン本体とゴーグルやらリモコン含めると10万ちょっとくらい)

ということでとりあえず、マイクロドローンの前に5000円以下で買える中国製のミニトイドローンをAmazonで見つけたので試しに購入してみました。購入したのはこちら!Potensiのドローンです。

 

届いたドローンを開封し、セットアップ

お急ぎ便で次の日には届きました。

お急ぎ便で届いたミニドローン

 

さっそく開封します。

 

ミニドローン 箱の外観

箱の外観は意外にもしっかりしています。5,000円以下とは思えない感じ。

 

中身を出してみました。

ミニドローンの箱の中身

シンプルな内容。ごちゃごちゃしていないのがいいですね。

 

そして今回の主役のミニトイドローン!

ミニドローン

手のひらサイズで可愛いです。これが本当に飛ぶのか?ってくらいミニマムです。

 

それではさっそくセットアップ。説明書は日本語のページもあるので、迷うことはなさそうです。

日本語の説明書

 

まずはリモコンに単三の乾電池(別売)を4本入れていきます。

リモコンに電池を入れていきます

 

そしてドローンのリモコンにスマホホルダーを取り付けます。

リモコンにスマホホルダーを装着

 

そしてスマホをつけるとこんな感じ。

スマホを装着。

 

 

バッテリーの充電はUSB給電で行います。

USBケーブルで充電

 

USBケーブルと接続します。

ケーブルに接続

PCなどのUSBポートにさして給電することももちろん可能ですが、USBの電源プラグでも充電可能です。

コンセントにさして充電します。

充電中はUSBケーブルが赤く点灯します。これが緑色になれば充電完了。フル充電するのに大体30分くらいかかりました。

 

充電したバッテリーをドローンに入れます。背面の蓋を開いて中に入れて、

バッテリーをドローンに装着

 

白いプラスチック部分を接続するだけなのでとても簡単です。

バッテリーをドローンに装着

 

バッテリーが装着できたら背面のフタを閉めます。

バッテリーをドローンに装着

 

 

そしてリモコンとドローンをペアリングします。

ドローンとペアリング

これで飛ばすためのセットアップは完了です!

 

スポンサーリンク
スポンサードリンク
関西写真部SHARE「LINE@」でお役立ち情報配信中!
関西写真部SHARE LINE@

関西写真部SHAREの公式LINE@を友だち追加しておくと、カメラ・写真に関するお役立ち情報や、キャンペーン情報などいち早く受け取ることができます。友だち追加よろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事