キャリーケース&リュックの2way!カメラマン向け「撮影用ローリングバッグ」5選
スポンサーリンク

かんばらふうこ
みなさんこんにちは。関西写真部SHARE専属ライターのかんばらふうこです!

 

今回は、旅行や大荷物での撮影の際に大活躍してくれる「ローラー付きカメラバックパック」を紹介します!

ローラー付きカメラバックパックがあれば、カメラ機材を多く収納しても持ち運びが楽ちんで、シチュエーションに合わせてリュクサックとしても使用できるのでとても便利です。

そこで、ローラー付きカメラバッグの魅力や選び方についてを解説していきます。

ローラー付きカメラバックパックの魅力

ローラー付きカメラバックパックを使用することで、どのようなメリットがあるのかを説明します。

持ち運びが便利

ローラー付きカメラバッグパック

出典:amazon

ローラー付きカメラバックパックの魅力はやはり「持ち運び便利」なところです。

カメラリュックを使用している方のお悩みのひとつに、カメラ機材を多く収納していると、体に負担がかかるということもあります。ローラー付きカメラバックパックであれば、バッグの持ち手を引くだけでローラー任せに持ち運びできるので、肩や体全体への負担を軽減することができます。

また、旅行の際には、衣類などを収納したバッグや、コンパクトバッグを一緒に持ち歩きたいですよね。ローラー付きカメラバックパックの上に乗せたり、カメラバッグとは別にリュックサックを背負えるので、ローラー付きカメラバックパックはとても使い勝手が良いです。

 

収納力が抜群!機材もアクセサリーも楽々収納

ローラー付きカメラバックパック

出典:amazon

ローラー付きカメラバックパックは、カメラやレンズ、撮影用機材をたくさん収納することができます。

大荷物で撮影に行く際に、カメラ機材専用のバッグをいくつも使い分けなくていいので取り出しが快適です。

カメラリュックは種類によって、機材をたくさん収納すると使いたい機材を取り出す時にすぐ見つからない場合がありますが、ローラー付きカメラバックパックであれば、キャリーケースのようにも使用できるので、どこに何が入っているのかを把握し、スムーズに取り出すことが可能です。

カメラ機材以外にも、SDカードやバッテリーなどの小物も収納するスペースがあるローラー付きカメラバックパックは、フォトグラファーたちを収納上手にしてくれる素敵なアイテムです。

 

撮影や旅行、いろんなシーンで大活躍

撮影や旅行、いろんなシーンで大活躍

ローラー付きカメラバックパックは、ひとつ持っているだけでどんなシーンでの撮影でも活躍してくれます。

大きく分けて2つのシーンで使用することができ、「写真旅行」や「撮影」があげられます。ローラー付きカメラバックパックで収納スペースをカスタマイズできるものを選ベば、カメラ機材と一緒に衣類や小物類を収納することができ、カメラ機材が多い少ない関係なく、旅行好きな人にとって便利です。

また、リュックサックとしても持ち運ぶことができるので、人通りの多い場所や機内に持ち運びたいなどといったシチュエーション合わせて使い分けられるところが魅力的です。

 

スポンサーリンク

ローラー付きカメラバックパックの選び方

自分に合ったローラー付きカメラバックパックの選び方を説明していきます。

機材に合わせてカスタマイズできると便利

カメラ 収納

撮影用キャリングケースは、カメラやレンズのサイズに合わせて仕切りのサイズを調節できるカスタマイズボードがある商品があります。

マジックテープ式で簡単に取り外しができ、移動中にカメラ機材が振動で傷づかない様にしっかり固定できるので便利です。使用機材が決まっている方であれば、収納内容に合わせたバッグ選びでも問題ありませんが、いくつもの機材を撮影によって使い分けている方であればカスタマイズできる方がいいでしょう。

仕切りを外せるバッグであれば、撮影以外の旅行や出張でも衣類の持ち運びに使用できます。何個もキャリングケースを使い分ける必要がないのでコスト面にも優しいです。

 

リュックサックとしても使用できると便利

リュックサックとしても使用できると便利

階段をのぼる時、人混みの中を歩く時など、キャリーケースを引いて移動するには過酷なシーンでリュックサックに変身できると移動が楽ちんです。

また、リュックサックに切り替えられることで、突然の雨や雪が降った時にも傘の中におさめることができ、大切なカメラ機材の故障を防ぐことができます。

重い機材を持ち運ぶ時は体に負担がかかるかもしれませんが、気候トラブルや移動環境によって使い分けられる2wayは利便性に優れています。

 

三脚を取り付けられるか

ローラー付きカメラバックパック

ローラー付きカメラバックパックは、三脚を取り付けることができるものを選びましょう。

三脚の取り付けが可能なローラー付きカメラバックパックの多くは、バックのサイドや側面に「三脚取り付けベルト」がついています。本格撮影をしたいフォトグラファーにとって大変便利で、三脚用のバッグを別の収納袋に入れて持ち運ばなくていいところがおすすめポイントです。

ベルトの幅によって対応サイズも異なりますが、一脚やライトスタンドなどを取り付けられるバッグもあります。

 

防水性に対応・汚れにくい素材か

水の中に入るカメラマン

旅行や撮影時に持ち歩くローラー付きカメラバックパックの素材は、防水性に対応しているか、汚れにくい素材かを重視しましょう。

アウトドア好きな方や、野外での撮影が多い方には特に、掃除が快適な素材や、防水性の高いナイロン素材をおすすめします。濡れてしまったりしても、タオルで一拭きするだけで綺麗になるバッグはお手入れも楽ちんで、長く使い続けることができます。

デザインはもちろん大切ですが、外観の機能性も抜群なローラー付きカメラバックパックを選ぶことがポイントです。

 

スポンサーリンク

おすすめのローラー付きカメラバックパック

ローラー付きカメラバックパックの魅力や選び方を説明したところで、おすすめを紹介していきたいと思います!

1 Neewer 2-in-1ローラーキャリーバッグ

Neewer 2-in-1ローラーキャリーバッグ

出典:amazon

バックパックにもキャリーバッグにも素早く変身する2-in-1変換可能ローラーキャリーバッグ。大荷物の撮影の日にも、出張の際にも役立つ、万能なカメラバッグです。バッグ内のパッドはカスタマイズ可能で、フルサイズのカメラを収納できます。また、パソコンやタブレット入れもあるので、ビジネス用バッグにもってこいです。耐荷重は60kgまでと多くのカメラ機材を収納できるカメラバッグですが、しっかりとした肩パッドが装着されていることにより、長時間の移動も楽ちんです。
容量 標準レンズを装着したDSLRカメラ、15インチのラップトップ/タブレット、2〜4個の追加レンズ、フラッシュユニット、メモリカード、ケーブル、バッテリーなどの小さなアクセサリー
素材 ナイロン
重量 9.43ポンド/4.28キログラム
Amazon参考価格 ¥21,499

 

2 HAKUBA カメラリュック GW-PRO RED

カメラバッグ

出典:amazon

強度・軽さ・防水性を兼ね備えた高性能素材X-PACを採用したHAKUBAの高性能ローラーバッグ。

大口径レンズを装着した一眼レフや交換レンズを収納可能。ノートパソコンやタブレット用のポケットもあります。三脚ポケットに加え、しっかり固定できる2本のベルトがセットになっているので大きい&重い三脚の落下を防ぐことができます。

リュックとして使用する時は、ショルダーハーネスを背面パネルから取り出します。日本人の体型にフィットするエルゴノミクスカーブで、背中の蒸れを抑えるシステムを搭載しているので快適に移動ができます。

容量 一眼レフカメラ、多数の交換レンズ、サブボディ、スピードフラッシュなど
素材 ナイロン, ポリ塩化ビニル
重量 約4,100g
Amazon参考価格 ¥46,800

 

 

3Amazonベーシック カメラバッグ

カメラバッグ

出典:amazon

Amazon グループが全世界で展開するブランド「Amazonベーシック」の2way バックパック・キャリーケース。

内部コンパートメントには、カメラ本体と11個の調整可能なコンパートメントにアクセサリー類を収納可能です。さらに、最大17インチのタブレットまたはラップトップ、2つの外側サイドポケットには、メモリーカードを入れられる小さなポケットが付いています。

シンプルなデザインと、バックパック時には体にフィットする負担の少ない設計で、重い機材の持ち運びをサポートしてくれます。

容量 レンズ付きのフルDSLRカメラ本体、レンズ、充電器、バッテリー、フィルターなど
素材
重量 1300g
Amazon参考価格 ¥16,446

 

 

 

4 T&YFOTOP 2-in-1ローリングカメラバックパックトロリーケース

カメラバッグ

出典:amazon

磨耗耐性&防水で悪天候下での撮影に心強いT&YFOTOP ローリングカメラバックパック。

バックパックにした時に重い荷物をしっかり支えられるよう、体に固定するベルトが備えられています。

カスタマイズ可能な仕切りボードなので、レンズやカメラのサイズに合わせて収納スペースをデザインできます。

容量 Canon 5D4 + 70-200mm、Canon 100D + 60mm、レンズ、フラッシュなどの構成可能なコンパートメント、15インチのラップトップ/タブレットなど
素材 ナイロン布
重量 3.5キロ
Amazon参考価格 ¥14,900

 

 

5 Neewer 2-in-1コンバーチブル車輪付きカメラバック

カメラバッグ

出典:amazon

スタイリッシュなデザインで、バックパックとして使用する時も違和感のないキャリーケース。サイドには手持ちハンドルも付いています。

カメラやレンズの収納に加え、タブレットまたは17インチのラップトップ、三脚用、ミニポケットにバッテリーやレンズキャップなどを入れることができます。

国内外のフォトグラファーが愛用しているバッグで、Amazonレビューにはカメラマンそれぞれの収納例が記載されているので参考になります。

容量 レンズ付きのフルDSLR本体、レンズ、充電器、バッテリー、フィルターなど11個追加できるコンパートメント
素材
重量
Amazon参考価格 ¥18,999

 

ローラーの汚れに 要注意!

撮影用ローリングバッグは、バックパックとして使用する際にローラー部分が背中・腰につくデザインになっているので、外出先でバックパックに切り替える時はローラーの汚れを吹いてから背負うようにしましょう。

その都度お手入れをするのが面倒な方は、手で振り払うだけで砂を落とせる素材の服を着用するのがおすすめです。アウトドアブランドの服は汚れや雨に強いので、撮影シーンでも活躍してくれます。

 

 

 まとめ

ローラー付きカメラバックパックに付いて紹介してきました!これまでに使用したことがないという方も、新しいバッグの購入を検討している方にもローラー付きカメラバックパックの魅力に気づいていただけたらと思います。

ぜひ、今回紹介したバッグの中から気になる物があればチェックしてみてくださいね。

 

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサーリンク
関西写真部SHARE「LINE@」でお役立ち情報配信中!
関西写真部SHARE LINE@

関西写真部SHAREの公式LINE@を友だち追加しておくと、カメラ・写真に関するお役立ち情報や、キャンペーン情報などいち早く受け取ることができます。友だち追加よろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事