【2022年】スクエアサイズのフォトブック作成サービス 10選
スポンサーリンク

かんばらふうこ

子供の写真でフォトグッズを作ることが大好きなカメラライターのかんばらふうこです!

 

今回は、スクエア(正方形)サイズのフォトブックを作れるプリントサービスをご紹介します。

スクエアフォトブックは、縦長・横長のサイズに比べどこにでも収納しやすく、スマホで撮影した正方形の写真を引き立たせることができます。

そこで実際にスクエアサイズのフォトブックを作った経験のある筆者が、オンラインプリントサービスと選び方のポイントをお届けします。

カメラママが教える!フォトブックサービスの選び方ポイント

これまで5社以上のフォトブック作成サービスを利用したこのある筆者が「ここを押さえておくと満足なフォトブックが作れる!」という選び方のポイントをご紹介します。

 

「テンプレート」や「デザイン」の種類が豊富

スクエアフォトブックは、形は同じでもサービスによってテンプレートやデザインはさまざま。

編集ソフトを開いてみないとデザインを見れませんが、ログイン不要ですぐにwebソフトを開けるサービスが多いので確認に時間はかかりません。

テンプレートを見るときのポイントは、

1ページにプリントできる写真の枚数

縦、横、スクエアのバランス

になります。高画質な写真の場合は1ページに大きくプリントできますが、低画質な写真をプリントしたいときは複数枚のレイアウトにして小さくプリントするとキレイに見えます。

また、デザインにこだわりたい方はスタンプやテキストも重要です。出産や入学式、運動会、春夏秋冬、イベント行事や季節に合わせたデザインのスタンプを写真に添えれば、シンプルな文字よりも華やかな仕上がりになります。

 

 

「ページ数」の増減を調節しやすい

ページ数が多いことで、フォトブックを編集しているときにページ数を増減でき、枚数の多い画像を複数のフォトブックに分けて注文する必要がなくなります。

筆者は、編集ソフトに何百枚も写真を入れてレイアウトを見ながら写真の枚数を調節しています。事前に必要なページ数が分からないため、編集しながらページ数を調節できる富士フイルムのフォトブックを気に入っています。

一方で、発表会や夏休みの旅行など、イベント行事ごとに1冊のフォトブックを作りたいという方もいますよね。そんな方は最小ページ数を確認してみてください。ページ数が少ない分コストもおさえられるので、希望に合うページ数であれば、ページ数の多さに合わせるのに苦戦することも無くなります。

 

 

一つのフォトブックを複数人で編集できると便利!

フォトブック作成サービスには、アカウント登録しログインした状態で編集をすることで、他のデバイスからログインして編集することが可能になります。

例えば、子供写真のフォトブックをママとパパそれぞれで編集したいとき、旅行の写真をみんなで編集ソフトにアップしたいときに、ログイン情報があれば一時保存した状態で他の人に編集してもらえます。

ただし、一度注文するとフォトブックの宛先や個人情報が記録されるので、家族と作るときは自宅の住所で問題ありませんが、友人や知り合いと作るときはコンビニや店舗受け取りに設定することをおすすめします。

 

カバータイプで選ぶ

フォトブックのカバータイプは大きく分けて「ハードカバー」と「ソフトカバー」があります。

ハードカバーの特徴は、

・丈夫で高級感のある仕上がり

・写真が美しく高解像度なスマホやデジカメの写真の良さが表現できる

・高品質な分、ページ数が増えると高額になる

ソフトカバーの特徴は、

・厚みがなく収納場所を取らない

・ハードカバーより安い価格で作ることができる

・価格が安い分、サービスによってはプリント品質が良くない可能性もある

筆者はハードカバーとソフトカバーどちらも作ったことがありますが、ハードカバーは耐久性があるので、小さなお子様が見るときでも表紙が折れにくいところが魅力的で、一度ハードカバーのフォトブックを作ると、統一して本棚に並べたくなります。

店舗のあるプリントサービスであれば、製品を手にとってみることができるので、作る前に比較したい方は店舗に行ってみてもいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

スクエアサイズのフォトブック作成サービス 10選

高品質なプリントで、スマホとパソコンどちらにも対応しているスクエアサイズのフォトブックが作れるオンラインプリントサービスをご紹介します。

1 FUJIFILM Prints&Gifts ハードカバー

フォトブック

出典:https://pg-ja.fujifilm.com/10018.html

富士フイルムのハードカバーフォトブックは、ページをフラットに開ける特別なフルフラット製本方式を採用しており、1枚の写真を2ページに大きくプリントしても写真が見切れないところが特徴です。

スクエアサイズには145mmの小さめサイズと、185mmのダイナミックに表現できる2つのタイプがあります。

フォトブック作成サービスは「印刷仕上げ」が多いですが、富士フイルムでは「写真仕上げ」を採用したことにより、超高画質で長期保管にも最適な仕上がりになります。子供や大切なひとの写真を滑らかで美しい状態で未来に残すことができます。

おすすめポイント

・パソコンでもスマホでも編集できるWEBソフトと、スマートフォンアプリに対応
・レイアウトやスタンプ、テキストなど編集機能が充実している
・高級感のある仕上がりで、とっておきの1冊を作りたい方にとてもおすすめ!

ページ数 16~48ページ 2ページ単位で増減できます。
サイズ タテ145×ヨコ145mm

タテ185×ヨコ185mm

製本方式 上製本(レイフラット)
出力 印画紙(銀写真)
表紙加工 マットラミネート
参考価格 ¥ 3,190 ~ ¥ 11,880(税込)

FUJIFILMプリント&ギフト

過去記事にハードカバーフォトブックのスクエアサイズを作ってご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

 

 

2 FUJIFILM Prints&Gifts ソフトカバー

フォトブック

出典:https://pg-ja.fujifilm.com/10022.html

最大276画像(WEB注文ソフト使用時)を一冊にプリントできる富士フイルムのソフトカバーフォトブック。

ハードカバーは厚みと高級感が魅力ですが、ソフトカバーは幅が薄いのでアルバムが増えても本棚のスペースをとらないところが嬉しいです。フォトブックをプレゼントで贈りたい方や、持ち運んでいつでも見返せるようにしたい方にはソフトカバーがおすすめ!

また、980円〜とお手頃価格で注文できるところもソフトカバーフォトブックの特徴。複数冊作りたい方、できるだけコストを抑えたい方も気軽に作れます。

おすすめポイント

・選べる背景カラーが豊富で写真がもっと引き立つ
・安くてスリム!旅行やイベント行事ごとに一冊のフォトブックを作れる
・雑誌や文庫本のようなおしゃれな仕上がり

ページ数 16 / 20 / 24 / 32 / 40 / 48ページ
サイズ タテ145×ヨコ145mm

タテ185×ヨコ185mm

製本方式 並製本(無線とじ)
出力 オンデマンド印刷
表紙加工 マットラミネート
参考価格 ¥ 980 ~ ¥ 5,445(税込)

FUJIFILMプリント&ギフト

富士フイルムのフォトブックを比較している記事はこちら!

 

 

 

3 FUJIFILM Prints&Gifts リング

フォトブック

出典:

折り目がつかず、1ページ1ページ見やすく設計された富士フイルムのリングフォトブック。

表紙は「クラフトカバータイプ」と「半透明カバータイプ」の2タイプあります。表紙にイラストを描いたりシールを貼ってハンドメイド風にアレンジしたい方はカラーカバー、一目で写真の内容が分かるようにしたい方は半透明カバーがおすすめです。

WEBソフトで注文する場合は最大306画像を入れることができ、上綴じにするとお気に入りのページを開いて立てかけて飾ることができます。

おすすめポイント

・上とじと横とじの2パターンから綴じ向きが選べる
・360°開閉でめくりやすい
・片面プリントだから、裏面には自由に書き込みができる

ページ数 15~35ページ
サイズ 152×152mm
製本方式 リング製本
出力 マット印画紙(片面出力)
表紙加工 クラフトカバー / 半透明カバー
参考価格 ¥ 1,650 ~ ¥ 4,200(税込)

FUJIFILMプリント&ギフト

4 マイブック ART-HC ハードカバータイプ

マイブック

出典:https://www.mybook.co.jp/sample_price/mb_art_hc.html

マイブックユーザーに一番人気の商品「ART-HC(ハードカバータイプ)」。

ページ数が最大100ページまであり、スマホにたまった沢山の写真をプリントしたい方、フォトブックを作る頻度は少なく1~数年分の写真をまとめてフォトブックにしたい方におすすめです。

他サイトでは注文時に料金が表示されることが多いですが、商品ページの「仕様と価格」で作りたいフォトブックの形状やサイズ、ページ数、冊数を入力すると料金シミュレーションができるので、フォトブックを編集する前に価格を把握できるところも特徴です。

おすすめポイント

・CDサイズから大型まで、スクエアサイズのバリエーションが豊富
・子供やウエディングなど利用シーンに合わせたデザインもある
・スマホ&パソコンのwebソフトで簡単にオシャレなフォトブックを作れる

ページ数 10、20、30、40、50、60、70、80、90、100ページ
サイズ CD:130mm x 130mm

180S:186mm x 186mm

210S:216mm x 216mm

260S:266mm x 266mm

300S:305mm×305mm

製本方式 無線綴じ
出力
表紙加工 ラミネート加工-光沢、ラミネート加工-つや消し
参考価格 価格:¥2,980(税込)〜




5 PhotoRevo スクエア140

フォトブック

出典:https://photorevo.net/products_item/sq140/

8ページから注文可能と、薄めのフォトブックを作りたい方にもピッタリなソフトカバースクエアフォトブック。

スマホ・PC・タブレット用で手軽に作れるオンライン版と、1から本格的に作りたい方向けのダウンロード版があります。

注文から3営業で出荷なので、届くまでがスピーディーなところも魅力のひとつ。創業75年の製本会社なので、プリント品質も期待できます。

おすすめポイント

・手のひらサイズに収まる小ささで持ち運びにもGOOD
・最長300年保管できる色彩表現に優れた印刷機を使用している
・アプリのダウンロード不要で編集ができる

ページ数 16P~50P
サイズ 140mm×140mm
製本方式 ソフトカバー(並製本) 無線綴じ / PUR糊使用
出力 【表紙】リコー ProC9200
【本文】DreamLabo5000
表紙加工 コート紙(クリアPP加工)
参考価格 980円(8~16p)~



 

 

6カメラのキタムラ ポケットブック

フォトブック

出典:https://photobook.kitamura.jp/pocketbook/

スクエアフォトブックの中でも特に表紙デザインのバリエーションが豊富なカメラのキタムラ「ポケットブック」。

写真仕上げなので、本文の紙が厚手となっており折れにくいので、小さなお子様がフォトブックを見るときも、指紋がつきにくく、折れる心配がないところが嬉しいです。

また、まとめて注文することで価格が安くなるので、自宅用やじいじ・ばあばへのプレゼント用、恋人や友人との思い出フォトブックを作るときにコストを抑えられるのでおすすめです。

おすすめポイント

・お店受け取りの場合は送料がかからないからお得!
・写真を日付別にレイアウトしてくれる
・必要画像枚数は11~60画像だから枚数が少なくてもデザインできる

ページ数 22~60ページ
サイズ 102mmx102mm
製本方式
出力
表紙加工
参考価格 1,100円〜


 

7オンラインラボ プレスブックBROAD

フォトブック

出典:https://onlinelab.jp/shop/photobook/pressbroad.php

大判A3スクエアサイズで、写真をたくさん入れても1枚1枚が引き立つオンラインラボの「プレスブックBROAD」。

他のサービスは手のひらサイズの小さめが多いですが、お気に入りの写真を大きくプリントしたい方も多いかと思います。上品なつや消しマットコートを施した仕上がりなので、写真がアート作品のような美しい仕上がりになります。

ページ数は12~100ページの中で2ページごとに調節できるので、無理に写真を増やしたり、減らす必要もありません。特に本格的なデジタルカメラで高解像度な写真をプリントする方は、カメラの味も出て満足なフォトブックが作れると思います。

おすすめポイント

高級美術書や写真集に利用されるアート紙を使用している
・途中保存が可能でパソコン、スマホどちらからでも好きなときに編集できる
・立てかけても曲がらないハードカバー製本

ページ数 12~100P
サイズ 商品外寸 (mm) 303×303

本身サイズ (mm) 297×297

製本方式 ハードカバー無線綴じ
出力 HP Indigo 印刷
表紙加工 マット仕上げ
参考価格 最低価格 (12P) ¥4,745

最高価格 (100P) ¥12,357

2ページ追加 ¥173

 

 

8オンラインラボ  プレスブックLite

フォトブック

出典:https://onlinelab.jp/shop/photobook/pressbl.php

1冊607円からと、価格重視している方におすすめなオンラインラボ の「プレスブックLite」。

ページが少ない方向けとなっており、七五三や家族旅行の写真などイベント行事を1冊にまとめたいときに最適です。

印刷にはマットペーパーを使用しているので、風合い・落ち着気のある仕上がりになり光の反射を受けません。ホチキス製本ですが、一般的な製本と違いフォトブックの3方向を切りそろえて製本しているので仕上がりが綺麗です。

おすすめポイント

・小ページ&低価格ではじめてのフォトブックにぴったり
・ラミネート加工をしていないから写真のあたたかみを感じられる
・A4とA5の2サイズから選べる

ページ数 10~22P
サイズ A5SQ 148mmx148mm

A4SQ 210mmx210mm

製本方式 中とじホチキス製本
出力 HP Indigo 印刷
表紙加工 ラミネートなし
参考価格 A5SQ :¥607〜¥922

A4SQ:¥734〜¥1,298¥1,298

 

 

 

 

9フエルフォトブック

フォトブック

出典:https://www.fueru.jp/photo/top/pb_feat/pb_feat.html

あ重厚で高級感あふれる仕上がりのハードカバーフォトブックと手軽でカジュアルな仕上がりのソフトカバーフォトブックから選べる「フエル フォトブック」。97種類の本文レイアウトで、1ページ1ページ見応えのあるデザインを楽しむことができます。

背景色やフォントの種類も多く、写真に文字を添えたり、可愛くデザインできるので、プレゼントにも喜ばれます。

ウエディングや旅行、ベビーなど、テーマに合わせたテンプレートも用意されており、写真を入れるだけでオシャレな仕上がりになるので編集に時間をかけたくない方におすすめです。

おすすめポイント

・豊富なデザイン機能で世界に一冊の特別なフォトブックを作れる
・ギフト用にはラッピングサービスを利用して送れる
・デザインが苦手な方向けのテンプレートもある

ページ数 12ページ〜40ページ
サイズ タテ205㎜×ヨコ205㎜
製本方式 糸綴じ
出力 液体トナーによる、網点方式のオンデマンド印刷
表紙加工 ソフトカバー:光沢ニス加工

ハードカバー: PP加工、ハードカバー上製本仕様

参考価格 ソフトカバー:スクエアサイズ 12ページ 1,760円

ハードカバー: スクエアサイズ 12ページ 3,575円

 

 

 

 

10 しまうまプリント

フォトブック

出典:https://www.n-pri.jp/photobook/event/sample_gift/

しまうまプリントのA5スクエアフォトブックは、24ページ(最大89枚)〜144ページ(最大569枚)と写真の枚数がたっぷり入ります。

レーザープリンターをつかったマットな仕上がりの印刷と、触り心地のよい巻きカバーが特徴「ライト」と、半光沢の写真専用用紙を使った6色印刷で、色・質感をより美しく再現した「スタンダード」、重厚感があり、中の紙には高級感のあるサテン紙を使用した「プレミアムハード」の3つの仕様があります。

さらに、しまうまプリントのフォトブックには「動画QR」を入れることができます。専用アプリで編集した動画をQRにして、完成したフォトブックのQRを読み取れば誰でも動画にアクセスすることが可能!10年後、20年後に大人になった子供が見て喜ぶこと間違いなし。

おすすめポイント

・ライトは298円!コスパ最強でたくさん作りたい方にピッタリ
・無料のサンプルフォトブックを作ることが可能
・注文から発送までがスピーディー

ページ数 24~144ページ
サイズ 148mm × 148mm
製本方式 無線綴じ製本
出力 タイプによって異なる
表紙加工 ライト・スタンダード 巻きカバー/中表紙無地

プレミアムハード ハードカバー

参考価格 24ページ(最大89枚)の場合

ライト 298 円

スタンダード998 円

プレミアムハード 1,498 円



スポンサーリンク

フォトブックに関する記事一覧

【1】2023年9月18日は「敬老の日」感謝を込めた家族のフォトブックを贈ろう

 

【2】【2022年版】ハードカバーのフォトブック 人気おすすめ10選

 

【3】【フォトブック】プリントの種類を知ろう!銀塩プリントと印刷の違い

 

 

【4】FUJIFILM PhotoZINE(フォトジン)で作る夏の思い出フォトブック

 

 

【5】1歳男の子の写真をフォトブックに!富士フイルムで家族の思い出を残す。

 

 

まとめ

スクエアフォトブック

家族の記録にも、旅の思い出も、大切な人の特別な瞬間も、スクエアサイズのフォトブックがおすすめ!

筆者もいろいろな形のフォトブックを作ったことがありますが、実家の親が残してくれている写真はL判プリントで縦長・横長のアルバムが普通なので、スクエアサイズは見慣れない新鮮な形で、小さいサイズは手軽感、大きいサイズはアートブックのような楽しみ方ができます。

スクエアフォトブックはプリントサービスによって表紙や本文の紙が違ったり、デザインの種類も全く違うので、理想のフォトブックが作れるサービスを見つけてくださいね。

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサーリンク
関西写真部SHARE「LINE@」でお役立ち情報配信中!
関西写真部SHARE LINE@

関西写真部SHAREの公式LINE@を友だち追加しておくと、カメラ・写真に関するお役立ち情報や、キャンペーン情報などいち早く受け取ることができます。友だち追加よろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事