2022年に発売されたポートレートフォトの撮影&編集テクニック本
スポンサーリンク

 

今回は、2022年に発売された、ポートレートの撮影テクニック&レタッチを学べる書籍をご紹介します。

オールドレンズを使った撮り方や、グラビアカメラマンが教える女性の撮り方など、面白いテーマの本がたくさん発売されています。

ポートレートに関する新しい情報を取り入れたい方、もっとスキルを磨いていきたいフォトグラファーの方はぜひチェックしてみてください。

 

最新!ポートレート撮影&編集のテクニックが学べる書籍

今年発売されたポートレート撮影に関する書籍は、筆者的に「自然光で撮影しているというカメラ初心者の方に優しい内容が多いな」と感じました。ライティングや機材の知識がなくてもクオリティの高い作品を作り上げていく秘訣がたくさん詰まっています。

1 自然光だけで美しいポートレートのつくり方

ポートレートテクニック

出典:amazon

Instagramのフォロワーが5万⼈を超えのフォトグラファー・minaseが教える、その場にある光(自然光)だけでワンランク上のポートレートをつくる写真実用書。

光の読み方とそれに伴う撮影のアイデアやポージング、自然光のみで撮影し、RAW現像によって美しいポートレートに仕上げる方法を紹介しています。

書籍購入特典として、仕上げのベースとなる本書オリジナルLightroomプリセット(3種)をダウンロードすることが可能です。

ページ数 128ページ
発売日 2022/7/29
Amazon参考価格 ¥2,200

基本って大事だよね。

ポートレートの基礎基本が再確認できるムックです。
何年写真を撮っていても、基本に返ることで新たな作風にチャレンジできることも確か。
目新しい内容は無くとも、こういう本は作例を目的に買うものだと思っているので、そういう点では満足しています。ーAmazon口コミより

83nokiseki

 

 

 

2 ポートレートのためのオールドレンズ撮影マニュアル

ポートレートテクニック

出典:amazon

ポートレート撮影において、これまで多くのオールドレンズを試してきた著者・鈴木啓太 | urban氏が、ポートレートに使いたいオールドレンズ20本を厳選し、逆光&順光・サイド光、それぞれの条件で撮影した場合の各レンズの描写特性や、そのレンズでポートレートを撮る際のコツや注意点を解説した一冊。

さらに、オールドレンズで撮影したポートレートの、Lightroomを使ったRAW現像の基本、フィルムライクに仕上げる現像テクニック、フレアやゴーストを活かした現像手法なども併せて紹介しています。

「オールドレンズは初心者である」という人から、オールドレンズ中級者まで、レンズ選びと実際の撮影の両方で役に立ちます。

ページ数 160ページ
発売日 2022/5/31
Amazon参考価格 ¥2,750

前作からの流れで読むと得られるものが大きい

今作は20本にレンズを厳選し、それを掘り下げる内容になっている。特に順光と逆光の描写をほぼすべてのレンズについて網羅しており、気になるレンズを購入するきっかけとなった。順光逆光紹介は他のオールドレンズ本では見慣れない内容でレンズ選びにも役立つのではないだろうか。ーAmazon口コミより

Shinmei Suzaku

 

 

3 絶対にうまくなる!ポートレート撮影ドリル

ポートレートテクニック

出典:amazon

雑誌などで活躍中のグラビアカメラマン松田忠雄氏が、自ら主催しているWorkShopで、受講者たちに手ほどきしているポートレート撮影の「上達メソッド」を書籍化。

第1章 カメラの基本~イメージをカメラに伝えよう」「第2章 露出の基本~「適正露出」という考え方から離れよう」「第3章 光を知る~光を知って、写真を撮る」「第4章 光をあやつる~回す光と締める光で光をあやつる」「第5章 撮影ドリル」と、ポートレートの基礎をしっかり学べる一冊になっています。

ページ数 144ページ
発売日 2022/4/25
Amazon参考価格 ¥2,420

他の教本ではほとんど見たことのないような具体的で差を生み出すようなノウハウが平易に書かれています!

今回新しく出たこの本を読んでみたら、他の本では読んだことが無いようなトピックが多数書いてあり、
久々に、この本を読んだらものすごく学びがあると感じることが出来ました。
内容の解説も、説明が際立つようなサンプル写真が掲載されていたり、イラストでも補足されていてとても理解しやすくなるように書かれていて分かり易いです。ーAmazon口コミより

peatan

 

 

4 Photoshop CC 完全無欠のポートレートレタッチ

ポートレートテクニック

出典:amazon

プロカメラマン・いのうえ のぞみ氏が、ポートレート写真のレタッチに焦点を当て、肌の色調や階調の調整、張りや潤いの出し方、目立ちすぎる肌のキメ、毛穴、小じわ、歯の色の調整など、プロの現場でも「修整」が常に行われている部位ごとに、Photoshop CCを使った効率的かつ効果的な修整の手順を解説しています。ネットや動画サイトでは中々説明されていない、ポートレートレタッチの細かいこだわりまで紹介されているので、プロカメラマンを目指す人には参考になる一冊だと思います。
ページ数 160ページ
発売日 2022/7/25
Amazon参考価格 ¥2,750

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ポートレート

最新のポートレート撮影&編集テクニック本をご紹介しました。

基礎的な内容はネットの記事やSNSでも知ることができますが、被写体の顔のパーツのレタッチや、オールドレンズの情報は少なかったりするので、本を通じてもっと詳しくなれるのは嬉しいですよね。

ポートレート撮影をする上でもっと表現の幅を広げたい方、レタッチの技術を磨いてプロカメラマンとして活躍したい方はぜひ今回ご紹介した本をチェックしてみてくださいね。

 

 

SHARE SELECT

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサーリンク
関西写真部SHARE「LINE@」でお役立ち情報配信中!
関西写真部SHARE LINE@

関西写真部SHAREの公式LINE@を友だち追加しておくと、カメラ・写真に関するお役立ち情報や、キャンペーン情報などいち早く受け取ることができます。友だち追加よろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事