英語フレーズ
スポンサーリンク

 

海外旅行に行ったときや、観光地で海外の人に出会ったとき、「写真を撮って欲しい」と頼んだことがある方もいるのではないでしょうか?

逆に、写真を撮って欲しいけど、正しい英語がわからず自撮りだけをしたという方もいるかもしれません。

今回は「最低限の英語でのコミュニケーションはしたい!」という方に向けて、海外で写真を撮って欲しいときに使える英語フレーズをご紹介いたします。

場面ごとに分けて解説していくので、当てはまりやすいフレーズを覚えてくださいね!

「写真」はPhoto?Picture?

英語フレーズ

まず、「写真」というときはPhotoかPictureかどちらが正しいのか迷う方もいるのではないでしょうか?

結論、写真を撮ってもらう時には、Photo・Pictureのどちらを使っても通じます

そのため、パッと出てくる方を使って問題ありません。

しかし、PhotoとPictureの違いが気になる方もいますよね。

ここでは、簡単に2つの単語の意味の違いをご紹介します。

PhotoとPictureの違い
・Photo(Photograph)は写真のみを意味する
・Photo(Photograph)とは写真を意味します。これは、カメラで撮影した写真に限ります。

そのため、Photographyは「写真撮影」、Photographerは「写真家」という意味で使いますよね。また、動詞として使うこともでき、その場合は「写真を撮る」という意味になります。

Pictureは写真、絵、絵画を表す。Pictureは、カメラで撮影した写真の他にも、絵や絵画も含まれます。

Photoよりも広い意味で使うため、その分、海外では使う頻度は多いかもしれません。また、動詞として使うこともでき、その場合は「絵を描く、想像する」という意味になります。Pictureは意味が広い分、勘違いすることもあります。

もし、「写真」といいたいときに、「どちらを使えば困る」という方は、「Photo」を使えば問題ないでしょう!

 

スポンサーリンク

写真を撮ってほしい場面での英語フレーズ

英語フレーズ

ここでは、シンプルに写真を撮って欲しい時のフレーズをご紹介いたします。

今回は、「写真=Photo」として記載していますが、「Picture」に置き換えても問題ありません!

写真を頼むとき

シンプルに写真を撮って欲しいときに使うフレーズです。

「写真を撮ってくれませんか?」

1.Can you (please) take my(or our) photo?

2.Can you (please) take a photo of me(or us)?

※CanをCouldやWouldにすればもっと丁寧になります!

3.Do you mind taking a photo of me(or us)?

 

もっと詳しく頼むとき

背景やアングルをこだわりたい場面でのフレーズです。

「この角度から撮ってください」

・Can you take a photo from this angle.

 

「この景色が入るように撮ってください」

・Can you take a photo with the scenery in the background.

 

「もう一枚撮ってください」

・One more please!

・Could you take another one?

 

「ここから撮ってください」

・Take a photo from here please.

 

一緒に写真を撮ってほしいとき

友達やその場で出会った人と一緒に写真を撮る場面で使えるフレーズです。

「一緒に写真を撮りませんか?」

友達に対して

・Let’s take a photo together!

丁寧な言い方

・May I take a photo with you?

 

スポンサーリンク

写真を撮ってあげる場面での英語フレーズ

英語フレーズ

写真を撮ってもらうだけでなく、写真を撮ってあげるときに使えるフレーズをご紹介いたします。

写真を撮ってもらった後に流れで言ってみると、よりスマートかもしれません!

撮ってほしいか尋ねるとき

「写真を撮りましょうか?」

・Would you like me to take your photo?

 

写真を撮るときの合図

・Three, Two, One!

・One, Two, Three!

・Say cheese!

日本での「ハイチーズ」は、「Say Cheese」に当たります。

他にも、カウントダウンする形であればどの国の人にも伝わるので使いやすい方で使ってみてください!

 

指示するとき

「この角度は微妙だな・・・」「もっとこうした方がいいのにな・・・」と思った時は、位置の指示をしてあげましょう!

そうやって写真を通して、もっと仲良くなれるかもしれません。

「もうちょっと左(右)によってください」

・Can you move slightly to the left(right)?

・Move a little bit to left(right)

「笑ってください」

・Smile!

 

確認してもらうとき

「チェックしてもらえますか?」

・Can you check the photos?

 

写真撮影可能か尋ねる場面での英語フレーズ

英語フレーズ

場所によっては、撮影禁止の場所もあります。

最悪の場合、罰金や拘束されてしまうこともあるので、気になるときは迷わず聞いてみるようにしましょう。

場所

その場所が撮影可能か聞くときのフレーズです。

「ここで写真を撮ってもいいですか?」

・Is it okay to take a photo here?

・Can I take a photo here?

 

その場にいた人の写真を撮りたい時に使えるフレーズです。

「あなたの写真を撮ってもいいですか?」

・Do you mind if I take your photo?

 

 

英語のフレーズはテンプレとして覚えてみよう!

海外旅行へ行くときは、写真をとってもらうこと以外にも英語を使う必要があります。

そこで、英語のフレーズを丸覚えするだけでなく、枠となるフレーズのテンプレを覚えるようにしましょう。

写真を撮ってもらうとき以外でも使えるテンプレには

写真を撮ってもらうとき以外でも使えるテンプレ
■Would you like to~(〜したいですか?)
■Can(Could) you please~(してもらえませんか?)
■Can I ~(してもいいですか?)
■Do you mind~((私が)〜してもいいですか?)
■Is it okay to~(〜してもいいですか?)

などがあります。

これらのフレーズを覚えておけば、お店でご飯を注文するときや、道を聞くときなどさまざまな場面で活用できます。

 

あとは、上記のフレーズにプラスして、必要な単語もお覚えておきます。

たとえば、写真に関する英語として

たとえば、写真に関する英語
■Press・Push(押す)
■Photo・Picture(写真)
■Take(撮る)
■Move(動く)
■in the background (背景に)

 

などを覚えておけば、問題ないでしょう。

英語は伝わればOK!

完璧な英語を話すことよりも、会話を楽しむようにしてみると、どんどん英語を話せるようになりますよ!

 

英語フレーズを覚えて海外旅行を楽しもう!

以上、場面ごとでの「写真」に関する英語フレーズをご紹介いたしました。

英語は日本語と同じく、同じ意味でもいろんな言い回しがあります。そのため、自分が言いやすいフレーズを覚えていればOKです!

また、日本では丁寧な話し方を心がけますが、海外では初対面でもフランクに話しかけた方が距離が縮まり仲良くなれるケースもあります。

丁寧な言葉が使えなくても、お願いするときの態度や表情で失礼のないようにすれば、相手に不快な思いをさせることはありません。

あとは、写真を撮ってもらったときに感謝の気持ちを込めて、笑顔で「Thank you」と伝えるようにしましょう!

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサーリンク
関西写真部SHARE「LINE@」でお役立ち情報配信中!
関西写真部SHARE LINE@

関西写真部SHAREの公式LINE@を友だち追加しておくと、カメラ・写真に関するお役立ち情報や、キャンペーン情報などいち早く受け取ることができます。友だち追加よろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事