2016.05 『ファインダー越しの私の世界』

関西発の写真部「SHARE」が初の写真展を開催!〜ファインダー越しの私の世界〜

写真展ポスター

SHAREとは?

写真展

関西写真部SHAREは写真展をきっかけに結成されたメンバーです。もともと知り合いだったわけではありません。リーダーでもある小野友暉「写真してるんならせっかくだし写真展とか開きたいよなぁー」と言う突発的な思いつきから写真のSNS、Instagramなどを通じて、写真好きが集まって僕らは出会いました。僕らがこうして出会ったように”写真をきっかけにして新しい出会いや繋がりをたくさん作る”をコンセプトに写真展を開催しよう!ということで企画から開催まで頑張りました。

クラウドファンディング

今回はさらにクラウドファンディングというサービスを利用して写真展開催費用全額支援していただきました。クラウドファンディングとはやりたいこと、実現したいことを掲げて、それに必要なお金を全国の投資家たちに支援してもらい、支援していただいた方には金額に応じてそれぞれリターンを行う、資金調達のサービスです。今回お世話になったのはあのAmebaブログで有名なサイバーエージェントの運営するクラウドファンディング、Makuakeさんです。

プロジェクト公開ページはこちら

皆さんのご支援の甲斐もあり開催費用の20万円が集まり、見事プロジェクト成功しました。ご支援していただいた方、本当にありがとうございました。人との繋がりをより感じることができました。

クラウドファンディング

写真展開催

開催費用も無事集まり、数ヶ月前から準備をしていました。そしていよいよ写真展開催へ。写真展開催当日、みんなで朝早くから集まってせっせと準備しました。

準備中

写真展開催

ギリギリまで作業してなんとかOPENすることができました。何もかもが初めての経験なので思わぬハプニングばかりです。わからないことだらけで不安がいっぱいですがとにかく進むしかありません。そんな不安とは裏腹に、写真展OPEN直後からたくさんのお客さんが来てくれました。

お客さん

お客さんお客さん

出会い・繋がり・笑顔

たくさんの新しい出会い繋がりがたくさんできました。当初のコンセプト通りです。写真を通じて繋がりができました。

写真部SHAREとお客さんSHAREとお客さん

そして、何よりたくさんの人が”笑顔”になってくれました。

笑顔

笑顔

とても幸せな気持ちになれました。本当に企画してよかったです。応援してくれた方々本当にありがとうございました。関西写真部SHARE、これからもたくさんの人たちと関わってたくさんの人たちを笑顔にするような企画を実行していきたいと思います。

小野友暉

写真家 小野友暉
鹿児島県出身。大阪在住の写真家。関西写真部SHARE代表。1992年11月20日生まれ。主に関西で活動する。他にもWebデザイナー・グラフィックデザイナー・SEOコンサルとしても仕事をしている。
>>小野友暉のプロフィールページ

スポンサードリンク GoogleAd




スポンサーリンク Amazon

サイト運営者 小野友暉

写真家 小野友暉

 

鹿児島県出身。大阪在住の写真家。元バンドマンからカメラを初めて、2年3ヶ月で年間書籍「プロカメラマン File 2018」に掲載。関西写真部SHARE代表も務める。1992年11月20日生まれの現在24歳。
 
カメラ以外にもWebを使ってマイクロビジネスを展開中。
 
>>小野友暉のプロフィールページ

最近の記事

  1. インスタグラムフィーチャーアカウントまとめ
  2. 木村伊兵衛写真賞

スポンサーリンク

PAGE TOP