MENU

RESISTANCE カンボジア 屈せざる人々の願い / 高橋智史

1423
3

“この写真集には、カンボジアで闘い続ける人々の思いと、僕の願いを全て込めています。”

私たちの取材でそう答えてくれたフォトジャーナリストである高橋智史さんの被写体は、自分自身でも身近にいる人でもなく、命をかけて社会と闘い続けるカンボジアの人々です。

 

「RESISTANCE カンボジア 屈せざる人々の願い」は、高橋智史さんが15年に渡り撮影し続けてきたカンボジアの人々の苦しみ、叫び、祈りが詰まった1冊であり、高橋さんがどれほど熱い思いでシャッターを切ったのかが伝わってきます。

 

美しいものだけにカメラを向けてしまう、それは間違いではないけれど、「カメラを通じて何を発信するのか」を考えさせられます。

 

高橋智史(たかはしさとし)
1981年 秋田県秋田市生まれ、日本大学芸術学部写真学科卒。
大学在学中の2003年からカンボジアを中心に東南アジアの社会問題の取材を開始。2007年4月からカンボジアの首都プノンペンに居を移し、同年から4年間、カンボジアの社会問題や生活、文化、歴史を取材し、秋田魁新報新聞連載「素顔のカンボジア」で発表。現在は、政府と開発業者による土地の強制収容問題の人権問題に焦点を当て、権力の横暴に命をかけて立ち向かう人々の切望を記録し、Cambodia Daily、CNBC、The Guardianなどの英字メディアを中心に報道写真を発表している。昨年でカンボジア取材通算15年目を迎え、最新の写真集「RESISTANCE カンボジア・屈せざる人々の願い」を刊行した。主な受賞歴に、2014年「第10回名取洋之助写真賞」、2016年「三木淳賞奨励賞」がある。

 

参考:フォトジャーナリスト高橋智史 インタビュー記事

 

タイトル RESISTANCE カンボジア 屈せざる人々の願い
著者・写真 高橋智史
発行所 秋田魁新報社
初版発行 2018年12月10日

 

Amazon 販売ページ

 

文章 かんばらふうこ