MENU

写真を読む夜 / 山内宏泰

1618
4

こちらは写真集ではありませんが、石田真澄、奥山由之らの若手写真家や、川島小鳥、蜷川実花、高木こずえ、青山裕企など日本を代表する写真家13人の撮影哲学をまとめた一冊になります。撮影時に意識しているものや、「写真」といものの捉え方など、写真家たちの考え方がこの本を読むとわかります。13人分のトークショーを聞いたようなそんな気分になれるお得な本だと思います。

これから写真家として活動していく方にはぜひとも読んでいただきたい本です。

【13人の写真家】

  • 高橋恭司
  • 佐内正史
  • 蜷川実花
  • 奥山由之
  • 川島小鳥
  • 高木こずえ
  • 青山裕企
  • 高橋宗正
  • 中井菜央
  • 小瀬村真美
  • 山元彩香
  • 石田真澄
  • 杉本博司

 

 

ライター 山内 宏泰 (やまうち ひろやす)
アート、文学その他について執筆。「文学ワイン会」「写真を読む夜」などのイベントも主宰。著書に『文学とワイン』(青幻舎)、「上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史」(星海社新書)など。
引用 : 文春オンライン

 

 

タイトル 写真を読む夜
著者・写真 山内宏泰
発行所 誠文堂新光社
初版発行 2018年12月17日

 

Amazon 販売ページ

 

文章:小野友暉