スポンサーリンク

関西写真部SHAREへ応募し、審査を通過後撮影までしたモデルたちをWebで紹介する企画【SHARE Models】も3回目となりました。第3回目のゲストはモデルRinaです。

 

撮影&インタビュアー 山田晃士
山田晃司本職はグラフィックデザイナーとして広告物を作成していますが、映像制作やスチール撮影などもやらせていただいてます。『カッコイイ!』と感じてもらえる世界観を、写真や動画で表現していきたいと思っています。特にファッションフォトに特化して活動していきますので、よろしくお願いいたします。 Instagram
モデル Rina
モデルRina1998年生まれの魚座。現女子大生。大学では剣道部に所属している。高校生の時からサロンモデルとして活動するようになり、現在もサロンモデルをしたりフリーモデルとして活動している。好きな言葉は「自分らしく」で明るくてハキハキしているところが取り柄。行動力には自信があり、出発日の2日前くらいにいきなり考える一人旅が好き。  Instagram

 

 

山田
Q.SHAREのモデル募集に応募したきっかけはなんですか?

Rina
前から撮影するのが好きだったのもあり、 自分を被写体として撮影してくれるようなカメラマンさんを探して いたところ、たまたまSHAREのホームページを見つけました。 ホームページのポートフォリオの写真の雰囲気でいくつか好きなも のがあり、 自分もこんな風にカメラマンさんに撮ってもらいたいと思ったのが 、応募のきっかけです。

 

 

 

山田
Q.初回の撮影の感想を教えてください。

Rina
初めての撮影は、小野友輝さんとの中崎町での撮影でした。 初めてということもあり少し緊張もしましたがそんな緊張もすぐ解 け、すぐに小野さんと打ちとけることができました。 初めての撮影で慣れない部分があっても小野さんが的確にポーズを 指示してくれたので、やりやすかったです。 すごく楽しい撮影でした。
モデルRina
撮影小野友暉

 

 

 

山田
Q.今までの撮影の中で印象に残っているものは?

Rina
山田晃士さんとの淀川での撮影です。
今まで物を使って撮影したことがなかったのですが、 山田晃士さんが持ってきて下さったチュール素材の布や白い大きな 布を使って撮影に挑みました。 河原の草が生い茂っているところに立ち、 木の棒に持ってきた白い布をくくりつけて私が持って撮ったり、 チュール素材の布を顔の前にもってきて撮影したり、 今までにないとても面白い撮影になりました。

モデルRina

撮影山田晃士

 

 

 

山田
Q.SHAREのモデルをしてその後の変化はありますか?

Rina
写真を撮る回数が増えていくごとにカメラマンさんだけでなく、 自分もいい作品を撮りたいと思うようになり撮影への意識が変わりました。めちゃくちゃ私はおしゃべりなので、 撮影する前はものすごいマシンガントークをするんですけど、、( 笑) 撮影する時はいい写真を撮るためにカメラマンさんと真剣に撮影に 取り組むようになりました。
それに、 撮影した後のデータをSNSに載せると周りの人からの反響が良く て、 これからもっと頑張って周りに影響を与えられるようなモデルにな りたいと思えました。

 

 

 

山田
Q.モデルをしている上で大事にしていることはありますか?

Rina
感謝の気持ちです。どの場所でも「ありがとう」 という言葉はよく使うと思います。 ありがとうと言われてきっと嫌な気持ちがする人はいないですよね 。何をしてもらうにもありがとうという気持ちをを忘れません。 これは私の祖母の教えです。
自分の時間を割いて写真を撮って下さったり、 無償でデータを下さることは当たり前ではないと思うので、 SHAREのカメラマンさんにはいつも感謝です。
モデルRina
撮影山田晃士

 

 

 

山田
Q.最後に何か一言ください

Rina
SHAREに入ってよかったと思うことは、 沢山ありますが特に思うのは色々な人と出会えたことと、 新しい自分をみつけられたことです。まず、 色々な人と出会えたというのは、 小野友輝さんと撮影したことがきっかけで、 撮影した私の写真を見た山田晃士さんが、 私を撮りたいと思って下さったので、 小野友輝さんとの撮影がなかったら、 山田晃士さんと撮影することはなかったかもしれません。 そのことから人との繋がりは大事にしようと思いました。次に、 新しい自分を見つけたというのは撮影していく中で「 自分はこんな表情ができるのか」と驚くことが多々あります。
それは撮って下さるカメラマンさんが引き出してくれたものだと思 っています。 撮影する度に新しい自分を発見することができるので毎回の撮影が とても楽しみです。

 

スポンサーリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事