スナップも風景もポートレートも鳥カフェ撮影もRICOH GRⅢが最強!
スポンサーリンク

げん
どうも、インコを見ているだけで幸せ指数が5割上がっちゃうげんです。

 

 

今回は僕が愛用しているスナップカメラ「RICOH GRⅢ」のレビュー記事です。

もう、記事の結論を言いますと、GRⅢは最高のカメラです

なぜなら、軽くて、小さくて、スッとポケットの中に入るんですよね。あと、カメラの起動も早くて、写真もめっちゃ写り良しなので、このカメラがあればいつでもどこでもいい写真が撮れちゃいます。正に究極のスナップシューターです。

そんなGRⅢの魅力を伝えるべく、僕が好きな被写体である「インコ」を激写しました。神すらも興奮するコラボ(当社比)。そして現時点で当メディア記事で最もかわいいと連呼する記事になりました。(小野さん、先に謝っときますね。)

スナップ、風景、ストリート、ポートレート、そしてインコも撮れちゃう究極のスナップシューターGRⅢで果たしてかわいいインコをかわいく撮れるのか?を検証しました。

それでは、インコのかわいさとGRⅢのお写真に酔いしれてください。

 

【今回の撮影場所は小鳥カフェ 森ノ宮小鳥ひろば さんです。】

鳥カフェ好きのげん

大阪城のお膝元、森ノ宮駅前にインコや文鳥たちで癒やされる小鳥カフェ

場所:〒540-0003 大阪市中央区森ノ宮中央1-16-6 (JR・OsakaMetro(地下鉄)の「森ノ宮駅」から徒歩1~3分。)

HP:http://kotori-hiroba.net/

 

 

RICOH GRⅢの個人的に感じた魅力

GRⅢは、片手で収まるほどの小型のボディです。見た目はでかわいいですが本体価格は約10万円ほどです。全然値段はかわいくないですが買って損はないです。究極のスナップシューターと呼ばれる程の高性能です。

あんまり多すぎるとわかりにくいので個人的に、GRⅢの個人的良かった事を3つ挙げたいと思います。

 

1一眼レフカメラに引けを取らない程の高画質

GRⅢには、高解像・広ダイナミックレンジのAPS-Cサイズ相当CMOSイメージセンサー(有効画素数約2424万画素)を搭載していてGR IIと比べても約1.5倍に相当する高画素と、高解像のレンズ特性を活かしきるローパスフィルターレス構造により、ディテールまで高精細な描写を実現しています。とてもきれいに写真が撮れます。

 

 

2ポケットの中に収まる携帯性

GRⅢは高機能な機能を搭載しながらも、小型化を徹底的に追求しています。ボディサイズもGR IIと比べて一回り小さいです。実際に使用した感想としては、服のポケットの中にカメラを収める事ができるのでとても携帯性に優れています。軽いので身体に優しいです。

 

3瞬間を捉える速写性

電源オンしてから、わずか0.8秒でシャッターが押せるこの高速起動力。レンズキャップの取り外しが不要のレンズバリア機構も合わさって、突然のシャッターチャンスを逃がさず撮影できます。正に究極のスナップシューターです。

 

以上3つが個人的に使って良かったと思えるポイントですね。他にも、魅力的な機能やこだわりの仕様などは公式ページをご覧くださいね。そちらの方がもっと詳しく解説しておりますので。

 

反対に実際に使ってみてこれは不満だと思えた事は、バッテリーの持ちが非常に悪い事です。もし、GRⅢを購入検討しているなら予備バッテリーをついでに購入することをオススメします。(ちなみに、僕はバッテリー4本体制です。)

 

 

 

スポンサーリンク

これがRICOH GRⅢで撮影したインコちゃんだ

それでは、実際にRICOH GRⅢで撮影したかわいいインコ写真をご覧ください。

 

可愛い瞳。出して欲しいな全開のモモイロインコ

 

今回撮影したお写真のほとんどはマクロモードで撮影しました。個人的に、小動物は寄って撮った方がかわいく撮れるんですよね。。鳥カフェに在籍してるインコちゃんは人間に慣れているのでなるべくカメラを近づけて撮影するのがオススメです。もちろん、慣れていない鳥さんもいてるのでしっかりと観察してるからカメラを向けましょう。

 

【写真はマクロモード状態のGRⅢ。レンズが前面に移動する。】

 

レンズ先端から6~12cmの範囲でAFを行うマクロモードは、豊かなボケで印象的な接写が楽しめます。このモードを駆使して至近距離からかわいいインコちゃんの表情を激写しました。

 

カメラに興味津々なオカメインコちゃん

つぶらな瞳がSo Cute

口元もセクシーですね。はい。

 

上の3つのお写真は、オカメインコちゃんの美しい羽毛やトレードマークである頬のチークを主役にして撮影しました。いつもよりも大きく写るのでオカメインコちゃんのかわいさが際だちますね。

 

被写体さんに近づいて撮れるので、さりげないインコちゃんのかわいい表情を残せますね。この被写体さんはヒナなので対象を人間と置き換えたらニューボーンフォトになりますね。はい。

ヒナちゃんの満面の笑みを激写しました

 

またGRⅢに搭載されているレンズは18.3mm(35ミリ判換算28mm相当)F2.8という焦点距離で明るい単焦点レンズになります。広すぎず、狭すぎず、オールマイティーなレンズです。

率直な感想を言いますとちょうどいい距離感で撮れます。カメラも小型なので被写体さんに圧力をかけずに近づいて良い絵を撮れるのもGRⅢの魅力ではないでしょうか?

 

水浴びシーンも撮れるなんて最高ですね。

 

羽の手入れはオシャレの基本。

 

たぶん、宇宙と更新してる。

 

適度な距離感で撮る。もっと寄りたい。そんな心理戦が楽しめる。

 

インコのくちばしは強いので怪我には気をつけてね♡

 

こうゆう決定的瞬間を残したいな。かわいい。

 

RICOH GRⅢは究極のスナップシューター

こんなにかわいくインコちゃんが撮れるので

 

以上、GRⅢでかわいいインコちゃん達を激写しました。癒やされたでしょうか?

この記事を皮切りに関西の鳥カフェをGRⅢで制覇していきたかったのですがこのご時世、ほぼ全ての鳥カフェさんが臨時休業されております。コロナ終息しましたらかわいいインコちゃん達満載な記事を量産していくので楽しみにしてくださいね。

そんな訳で、GRⅢは最高のカメラでした。

GR仲間募集中だよ。

 

それでは、またまた〜

 

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサーリンク
関西写真部SHARE「LINE@」でお役立ち情報配信中!
関西写真部SHARE LINE@

関西写真部SHAREの公式LINE@を友だち追加しておくと、カメラ・写真に関するお役立ち情報や、キャンペーン情報などいち早く受け取ることができます。友だち追加よろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事