スポンサーリンク

約3分で読めます

最近愛用の中判カメラ、PENTAX 67Ⅱを持って、大阪の中崎町でモデルのはるかとポートレート撮影をしてきました。今回は僕、小野友暉とメンバーの小幡君。そして新規メンバーとして関西写真部に入ることになった山田さんと、3人で撮影してきました。

 

大阪 中崎町で撮影

撮影場所は大阪の中崎町。普段からよく撮影している場所です。慣れている場所での撮影となしました。中崎町の中心にある済美公園で早速撮影スタート。

まずは山田さんがデジタルでポートレート撮影をしています。

 

中崎町でポートレート撮影

 

モデルさんとのコミュニケーションも忘れずに。ポートレート撮影する上ではこれめちゃくちゃ大事です。

 

モデルさんとコミュニケーション

 

そして小幡君は動画撮影担当。機械式のスタビライザー装着で撮影しています。

 

みんなでポートレート撮影

この日撮った動画もまた後日公開したいと思います。

 

 

PENTAX67Ⅱを持ち出した理由

PENTAX67Ⅱでポートレート

今回は慣れているモデルさんとの撮影だったので、中判カメラの PENTAX67Ⅱを持ち出しました。新規のモデルさんとの撮影ではまず使うことのないカメラです。その理由は見ての通りの馬鹿でかい図体で持ち運びが大変ということと、ブローニーフィルム(中判カメラ用のフィルムで、1本で10枚しか撮れないフィルム)を使用するので、枚数を多く撮ることができないことです。(新規のモデルさんの時はたくさん枚数撮るため、あまり向かない。)

 

 

正確には枚数を撮ることも可能なのですが、その場合コストがかなりかかってしまいます。今回使用したFUJIFILM Pro400Hで計算すると1本10枚撮りのブローニー5本入りで約5,000円。つまり1枚あたり100円の計算!さらにそこから現像代なんかも入るので、1枚100~200円近くかかります。フィルムはお金がかかりますねぇ(泣)

 

 

そのぶん写りはかなり高品質で、見事な描写力で撮ってくれます。なので僕も慣れているモデルさんの時にしか、まずこのカメラは持ち出しません!

 

PENTAX67Ⅱで撮影!

撮影風景

いざ、撮影してみました。構えるだけで、ずっしり重みがきついです。女性の方だとかなり大変かもしれませんね。さすがバケペンと呼ばれるだけあって、その大きさと重さはなかなかです。今回レンズは中判カメラ用の90mmのレンズ(35mm換算で44mmくらい 35mm換算ドットコムで調べられます。)を使用しました。ポートレートには程よい感じの焦点距離です。シャッター音もかなりずっしりとした振動の伝わる重みのあるシャッターが切れます。「撮ってるなぁ〜」という実感はかなり感じられるカメラです。

 

 

フィルムカメラは撮った結果をすぐに見ることができない上に、枚数もデジタルみたいに何枚もは撮れないので、1枚1枚真剣に被写体と向き合えます。その写真としっかり向き合っている時間はやはりとても楽しいですね。デジタルカメラが楽しくないというわけではありませんが、(デジタルカメラはデジタルカメラでまた違う楽しみがあります!)コストかかっても最近はフィルムでばっかり撮ってします。

 

 

PENTAX67Ⅱで撮影した写真

それではPENTAX67Ⅱことバケペンで撮影した写真を何枚か紹介していきたいと思います。レンズはPENTAX SMCP 67 90mm F2.8を使用して撮影。フィルムはFUJIFILMのPro400Hを使用しています。pro400の特徴仕上げで仕上げているので緑っぽい仕上がりになってます。

 

モデルはるか

 

モデルはるか

 

モデルはるか

 

モデルはるか

 

やはり描写力は35mm(フルサイズ)とは比べ物になりません。写真の情報量が35mm(フルサイズ)の約4倍も違うので、当たり前といえばそうなんですが。綺麗に撮ろうと思ったらやはり中判カメラですね。ただ、綺麗に撮った写真がいい写真かどうかはまた別の話です。そこがまた写真の難しいところでもあり、魅力でもあり、奥の深いところです。

 

 

最後に

以上、PENTAX67Ⅱで撮影したポートレートでした。最近中判カメラの魅力にハマりつつあるので今後ももっともっと突き詰めていきたいと思います!!

 

また過去にPENTAX67Ⅱのレビュー記事と今回使用したブローニーフィルム、 FUJIFILM Pro400Hのレビュー記事も書いていますので、よければそちらもご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事