スポンサーリンク

かんばら
関西写真部SHAREライターのかんばらふうこです。

 

今回、皆さんにご紹介するのはカメラ初心者からプロまでの方におすすめの、「ライティング撮影」のコツを学べる書籍です。

機材を購入したものの上手く使いこなせていない、ライティング撮影に挑戦してみたいけど教えてくれる人が身近にいない、そういったフォトグラファーの悩みを解決してくれます。

ライティングテクニックをマスターして、最高の写真を撮りましょう!

 

1.ポートレートライティングの超絶レシピ

ポートレートライティングの超絶レシピ

出典:amazon

ライティングのプロフォトグラファー12名が集結!基礎編からテクニック編までを1冊で学べます。

機材のガイドから屋内・屋外のライティング基礎など、ライティング初心者でも分かりやすく、丁寧にまとめられています。作例写真とともに、実際に機材を使用して撮影しているシーンも掲載されているところがこの書籍のおすすめポイント。

テクニック編では「ストロボで自然光風ライティング 」や「美人に写すメソッド“頭蓋骨理論"」など、各フォトグラファー達が独自のライティングテクニックを披露しています。

 

スポンサーリンク

2.基礎から始めるプロのためのポートレイトライティング

基礎から始めるプロのためのポートレイトライティング

出典:amazon

ポートレート撮影でのライティング基礎をメインとした入門書。スタジオ照明機材の取り扱い方法ライティングの基礎知識ポートレート撮影でのライティングで必要となるテクニックを紹介しています。

また、広告、ファッションフォト業界で活躍する写真家10名がライティング撮影の作品とコツを紹介しているので、カメラを仕事にしたい人は必見です!

スタジオ機材を使用したことのない人でも、ライティングを楽しく学べる一冊となっています。

 

3.ポートレート撮影 レフ板ライティング完全マスター

ポートレート撮影 レフ板ライティング完全マスター

出典:amazon

レフ板ライティングを集中的に学べる完全マスター本。ポートレート撮影をする上で欠かせないレフ板の基本的な使い方から応用編までを紹介しています。

また、使い方だけでなく、「夕日が差し込む雰囲気が欲しい」「直射光がまだらに当たる」といった実際の撮影シーンに合わせた撮影法も書かれています。

他の書籍では知ることのできない、レフ板に特化した書籍なので、野外でのポートレート撮影に持ち歩きたい一冊です。

 

4.実践人物ライティング―「写真の学校」

実践人物ライティング―「写真の学校」

出典:amazon

プロカメラマンに必要不可欠なライティング技術を学べる一冊。ライティング撮影を実践する前に知っておくべき「人の興味を惹く写真とは」から始まり、光を使いこなすためのテクニックが紹介されています。

撮影したいイメージに合わせて項目を見つけられるので、とても読みやすく、撮影中にもおさらいしやすいところが魅力です。

また、インタビュー撮影やロケ撮影でのライティング講座もあるので、仕事でライティングが必要な方にもおすすめです。

 

5.クリップオンストロボ 本格ライティング

クリップオンストロボ 本格ライティング

出典:amazon

オフカメラストロボ(カメラから離した位置にセットしたストロボ)でライティング撮影の幅を広げよう!初心者の方でも簡単にプロのような写真撮影ができるテクニックを学べる本です。

ライティング撮影に必要な機材、オフカメラストロボのためのマニュアル撮影を勉強し、一通りのライティング知識を得たところで実践編に入ります。

その他、18パターンの撮影シチュエーションに合わせたオフカメラストロボ撮影の紹介もあり、ボリュームたっぷりの満足度高い一冊になっています。

 

6.プロワザが身につく ストロボライティング基礎講座

プロワザが身につく ストロボライティング基礎講座

出典:amazon

クリップオンストロボモノブロックストロボを使いこなすためのライティング教科書。

機材の有無でどれほどの違いが出るのか、機材の効果についても説明されているので、ライティング撮影初心者の最初に読みたい1冊にもおすすめ。

ロケ、スタジオ撮影それぞれのライティング撮影のポイントも解説されています。テクニックの前に基礎をしっかりと身に付けたい方は、ぜひ読んでみてください。

 

7. プロが教えるライティングとフォトレタッチ・テクニック

プロが教えるライティングとフォトレタッチ・テクニック

出典:amazon

全米フォトショップ・プロフェッショナル協会の会長であるケルビー・スコットが著者を務めた同名書籍の日本版が登場。

スタジオでのライティング撮影講座から、撮影した写真のレタッチ術までを贅沢に公開しています。全部で12種類のライティング方法を紹介しており、作品のイメージに合わせて撮影のコツを見つけることができます。

撮影方法だけでなく、ライティングをした撮影を活かしたレタッチをしたい方におすすめの一冊です。

 

8. DVDでよくわかる! 定番ストロボライティングの教科書

DVDでよくわかる! 定番ストロボライティングの教科書

出典:amazon

92分DVDムービー付き!プロフォトグラファーのライティング術をわかりやすく学べる参考書。

商品からポートレートまで、ライトセット55パターンが用意されています。バック紙の選び方から、デジタル一眼レフですぐに使えるモノブロックストロボの決定版トリセツ」も丁寧に解説されています。

説明文もシンプルで、ライティング撮影初心者でもスラスラ内容になっています。

 

9. 実践ライティング&撮影テクニック

実践ライティング&撮影テクニック

出典:amazon

プロ写真家5名から、ライティング撮影&撮影テクニックを一緒に学べる贅沢な一冊。

ライティングの基礎からはじまり、写真のプロが実際にしようしている自作機材など、お役立ち情報が満載です。ただ撮影するだけでなく、写真表現の幅を広げるコツや、本書でしか知ることのできない撮影機材の上手な活用方法などの豆知識も掲載されています。

色々なジャンルで活躍しているフォトグラファーから学べるので、それぞれのテーマに個性があって読み応えのある本になっています。

 

10.人物ライティング

人物ライティング

出典:amazon

プロフォトグラファー22名が伝授するライティング撮影のテクニック本。

照明機材別プロの撮影現場レポート」や「デジタルカメラを使うライティング」など、撮影のワークフローなどを学べます。カメラを仕事にしたい、プロへの近道を知りたい方にぴったりな内容が満載です。

ライティングの知識はあるけど、もっとレベルアップして広告撮影の依頼も自信を持って引き受けたい!という方におすすめの一冊です。

 

まとめ

以上、「ライティング撮影」のコツを学べる書籍をご紹介してきました。

基礎といっても、各書籍によって説明の仕方や紹介の仕方が違うので、自分の撮影スタイルや理解しやすそうだなと感じた本を選んでくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事