約1分で読めます

京都国際写真祭2018ことキョウトグラフィーにいきませんか?

4月28日〜30日の連休で参加者が多い日にしようと考えてます(私は前半のGWはフリー\(^o^)/)

 

 

ちなみにキョウトグラフィーは京都内のいくつかの会場にテーマにそった写真を昔の写真家、現代の写真家達が展示します。
会場は無料と有料がありそのなかからいくつかをピックアップしてまわる予定です。
(ランチしたりオヤツしたりお茶したりしながら)

 

 

テーマは「up」で過去開催された中ではわかりやすい部類に入りそうです(詳細はHPを)良質な写真を見る機会であり昔はこういう写真が評価されて今はこういうのが評価されているのかというのを直接肌で感じれるいいイベントだと思ってます。

 

見たから写真が上手になるかというとならんでしょうがものの見方や引き出しの肥やしにはなるんではないかなと。

 

展示みながらわいわい撮り歩きーの、お茶しいーのくらいに思ってもらえたら幸いかなと。ちなみにまだ祭りの会場やらが正式に公表されてないので詳細はおいおい決めていきます(^◇^;)

http://www.kyotographie.jp/

 

 

-----2018年3月25日追記-----

京都グラフィーのマップが公開されました。これ行きたいってのありましたらあげてくださいな。個人的には無料をいくつか、有料を1つを予定してます。場所は地下鉄、阪急で行ける範囲で。

https://www.kyotographie.jp/

 

スポンサードリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事