スポンサーリンク

かんばら
どうも、関西写真部SHARE専属ライターのかんばらふうこです。

 

2019年6月12日、富士フイルム株式会社より新時代チェキ「instax mini LiPlay」が発売されました!

写真だけでなく“音”を撮れるインスタントカメラとして、とても注目を集めています。また、instax mini LiPlayはこれまで発売されたチェキシリーズからさらに進化し、プリント作業がスピーディーになったり、遠隔からの撮影が可能になったりと、見逃せない機能が満載です。

そこで、発売されたばかりのinstax mini LiPlayの新しい機能についてご紹介したいと思います。

 

 

新時代チェキ「instax mini LiPlay」登場

instax mini LiPlay

出典:富士フィルム

新時代チェキ「instax mini LiPlay」はオシャレなデザイン&高性能でありながら2万円以下で購入できる最強のカメラです!

これまでに発売されたチェキシリーズも男女問わず人気を集めていましたが、今回発売されたinstax mini LiPlayは「‟音”を撮れる」という新しい機能が加わりさらに注目されています。

 


フル充電で約100枚の写真を撮ることができ、画像データを送信してから排出までは約12秒とスピーディーなプリント作業が進化した機能のひとつです。

スタイリッシュな外観でカメラ好きな大人も手軽に使えるところが魅力的です。

 

スポンサーリンク

instax mini LiPlayの魅力

instax mini LiPlayに搭載されている機能をいくつかご紹介します。

音をチェキに録音できる

instax mini LiPlay

出典:富士フィルム

カメラ好きもびっくり!instax mini LiPlay の最大の魅力は「音」も撮れるところです。

カメラで録音した音をQRコードにし、撮影した画像と一緒にプリントすることができます。QRコードにスマホをかざすと、画像とともに音も再生されます。

友人への誕生日に音声メッセージを録音したチェキをプレゼントしたり、旅行先で撮影した写真とともにその時の気持ちを録音したり…、さまざまなシーンで活躍してくれます。

 

好きな写真を選んでプリントできる

instax mini LiPlay

出典:富士フィルム

instax mini LiPlayは撮影後すぐに写真がプリントされるわけではなく、カメラで撮影した写真の中から好きな写真を選択してプリントしたい画像だけをチェキプリントすることが可能です。

何度も撮影し直すことができるので、失敗写真をプリントすることもなく用紙の無駄を減らせます。

 

豊富なフレームとフィルターで写真を楽しめる

instax mini LiPlay

出典:富士フィルム

楽しみ方いろいろ!instax mini LiPlayには30種類のフレームと6種類のフィルターを搭載しており、撮った写真をその場で編集しプリントすることができます。

フレームには動物の耳や風船、メッセージを手書きできる吹き出しなどが用意されています。ポップでかわいいデザインのフレームが充実しているので、プレゼント用にもおすすすめです!フィルターにはレトロなカラーフィルターからモノクロフィルターまで、どんな写真もお洒落に演出してくれます。

 

スマホの写真もプリント可能!

instax mini LiPlay

出典:富士フィルム

instax mini LiPlayとスマホをBluetoothで接続すれば、スマホの写真をチェキプリントできます。

スマホで撮影したお気に入りの写真を友達や家族にプレゼントしたい、簡単な写真入りメッセージカードをお送りたいときなど、昔の写真もプリントできるのでとても便利です。

 

スマホがリモコンに!?遠隔操作を実現

instax mini LiPlay

出典:富士フィルム

スマホがリモコンに!?instax mini LiPlayは専用のスマホアプリから遠隔操作で撮影することもできちゃいます!

applestoreまたはGooglePlayから専用アプリ「instax」をダウンロードすれば、カメラを少し離れたところに置いていてもスマホで撮影を行えます。子供やペットの自然な姿を撮りたいときにおすすめです。

 

製品仕様

instax mini LiPlay

出典:富士フィルム

instax mini LiPlayの主な仕様をリストにまとめたのでご参考ください。

撮像素子 1/5型CMOS原色フィルター
記録画素数 2560x1920ピクセル
記録メディア 内蔵メモリー、microSD/microSDHCメモリーカード(別売)
記録枚数 内蔵メモリー約45枚、microSD/microSDHCメモリーカード1GBあたり約850枚(音無しの場合)
記録方式 DCF準拠 Exif Ver.2.3
焦点距離 f=28㎜(35㎜フィルム換算)
絞り F2.0
オートフォーカス シングルAF(AF補助光付)
撮影可能距離 10㎝~∞
シャッタースピード 1/4秒~1/8000秒(自動切換え)
撮影感度 ISO100~1600(自動切換え)
露出制御 プログラムAE
露出補正 -2.0EV~+2.0EV(1/3EVステップ)
測光方式 TTL256分割測光、マルチ測光
ホワイトバランス オート
フラッシュ オート/強制発光/発光禁止
撮影可能範囲 約50㎝~1.5m
セルフタイマー 約10秒/約2秒
画像エフェクト フィルター6種、フレーム10種、差し替え可能フレーム3種
音声記録 1枚につき、撮影時音声記録、再生時音声記録、上書き、が可能

 

 

まとめ

以上、新時代チェキ「instax mini LiPlay」についてご紹介しました。今までのチェキから機能もデザインも進化し、その場の瞬間を写真で切り取るだけでなく、思い出をより鮮明に記録できる音声録音機能も追加されました。

旅行やパーティーにはもちろん、普段使いにも楽しめるカメラなのでぜひゲットしてください!

 

 

スポンサーリンク
スポンサードリンク
関西写真部SHARE「LINE@」でお役立ち情報配信中!
関西写真部SHARE LINE@

関西写真部SHAREの公式LINE@を友だち追加しておくと、カメラ・写真に関するお役立ち情報や、キャンペーン情報などいち早く受け取ることができます。友だち追加よろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事