Graphite アイキャッチ
スポンサーリンク

かんばら
どうも、関西写真部SHARE専属ライターのかんばらふうこです。

 

どんな写真もアートフォトに大変身!無料写真加工アプリ『Graphite』をご紹介します。

Graphiteは写真をリアルなイラストや絵画、スケッチのように編集できるスマホアプリで、気になるフィルターをワンタップするだけで編集を行えます。

今までスマホに眠っていたボツ写も、見慣れた日々の景色も、Graphiteで加工すると芸術的な作品に仕上がります。

『Graphite』とは

Graphite

出典:app store

Graphiteは、写真を一瞬でアートなイラストフォトに変身させる写真加工アプリです。

Graphite独自のAIテクノロジーでiPhoneやiPadから読み込んだ写真、またはアプリで撮影した写真をアーティスティックに仕上げてくれると話題を集めています。

アプリのダウンロードは無料。基本的に写真を無制限に加工することができますが、Graphite Premiumは有料です。

 

スポンサーリンク

いつもの日常がアートに!? Graphiteを使ってみた

Graphiteで撮影した写真をアーティスティックに編集してみました!

まずは編集する写真を撮影or選択しよう

Graphiteでは、元々iPhoneアルバムに保存されている写真を選択するか、カメラを起動して写真を撮影し編集する方法があります。

今回は、カメラを選択してアプリ内で写真撮影を行います。

Graphite

 

紫色のシャッターボタンを押して撮影した写真がこちら。

Graphite

撮影した編集前の写真は自動で写真アルバムに保存されます。

シャッターを切った後は自動で編集画面が開くので、さっそく編集していきたいと思います!

 

写真編集から保存まで

編集画面には、写真にフィルターを加える「スタライズ」と、明るさやハイライトなど細かく写真を編集できる機能を搭載した「編集」の2つがあります。

Graphite

まずはスタライズで自分好みなフィルターを探します。

いろいろなフィルターを試した結果、優しい雰囲気に仕上げてくれる「エドガー」を選択しました。一瞬でスケッチした絵のような素敵な世界に加工され、先ほどまで写真だったのが信じられません!

 

スタライズでフィルター加工するだけでも綺麗ですが、細かく調節をしたい方は編集を使ってみてください。

Graphite

無料版では、明るさ・彩度・コントラスト・ハイライト・シャドー・黒点・深さ、の7つの機能が利用可能です。

 

私は「深さ」を選択し、どれくらい写真の雰囲気が変わるか試してみました。

使いたい調節機能のマークをタップすると、指で左右に動かすだけで簡単に調節できる編集画面が表示されます。

Graphite

左に動かすと浅くなり…、

 

Graphite

右に動かすと深さが増します。

私的には深さのある方が好きなので、フィルター適用時より深みを増やしました!

 

編集が完了したら、保存ボタンをクリックします。

Graphite

写真はiPhoneアルバムに保存されます。

保存完了画面になると、そのままSNSやLINEでシェアすることも可能です。

 

保存した写真がこちら!!

Graphite

パッとしなかったスナップ写真も、Graphiteの力でとても素敵なアートフォトに大変身しちゃいました。

ポストカード印刷したり、オリジナルフォトグッズを作っても良さそうですよね。

 

Graphiteで使える20種類のフィルター機能

Graphiteで使えるフィルターは20種類!

レパートリーが多いので、1枚の写真でいろいろなアート表現を楽しめるところが魅力的です。

 

フィルター比較しやすいよう、20種類のフィルターの中からいくつか選び同じ写真に適用してみました。

 

【描画B&W】

Graphite

【ソフトカラー】

Graphite

【フェルトペン】

Graphite

【ヴィンテージ】

Graphite

【ジュリ】

Graphite

【フランシス】

Graphite

 

編集機能には有料版もありますが、フィルターは全て無料で使え、細かい調節をしなくてもAIが自動で写真に合った加工をしてくれるので無料版でも大満足です。

 

Graphiteで撮影&編集したアート写真たち

Graphiteで編集した写真をスナップ・フード・ポートレートの3つのカテゴリに分けてご紹介します。

スナップフォト&風景写真

スナップ&風景写真は、街を散策しながらアプリ内で写真撮影&編集を行いました。

Graphite

Graphite

Graphite

Graphite

私自身カメラ散歩は好きなのですが、長時間しっかりウォーキングしたい日はカメラの持ち運びが負担になりスマホだけ持って出かけることが多いので、写真アプリで撮影を楽しむことが多いです。

いつものお散歩コースの景色も、Graphiteを使うことでなんだか違う場所を撮影した気分になって面白かったです。

 

フードフォト

旅行先やお出かけ先のお店で撮ったフードフォトたち。

スマホでよく食べ物の写真を撮るのですが、角度や構図が難しく他のカメラアプリでフードフィルターを使用しても中々思うように加工できなくてボツ写真が大量に眠っていたのでGraphiteで編集してみました。

Graphite

Graphite

Graphite

Graphite

味気ない写真があっという間にプロが描いたアートイラストのようになりました。

すでにお気に入りの写真ではなく、スマホに眠っているボツ写真や、うまく撮れなかった写真を編集してみるのもおすすめです!

 

 

ポートレート写真

スナップフォトやフード写真との相性がいいGraphiteですが、ポートレートに適用したらどんな写真に仕上がるか気になり加工しみました!

Graphite

Graphite

Graphite

Graphite

まるで画家に描いてもらったようなアートポートレートに!

3枚目のように自然と一緒に写っている写真であれば、フィルターによって綺麗な質感になります。

 

 

Graphiteは芸術家気分を味わえる最高のアプリ

Graphite

どんな写真もアートな世界観にしてくれるGraphite。私は普段、スマホで撮影した写真はSNOWやフィルム風加工アプリで編集することが多いのでイラスト風に編集するのがとても新鮮だったのですが、ボツ写真も素敵に変身させてくれてハマってしまいました!

当たり前のように歩いている道も違った景色にしてくれるので、写真を撮りに出掛けたくなっちゃいます。ぜひ、皆さんもGraphiteを試してみてください!

 

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサーリンク
関西写真部SHARE「LINE@」でお役立ち情報配信中!
関西写真部SHARE LINE@

関西写真部SHAREの公式LINE@を友だち追加しておくと、カメラ・写真に関するお役立ち情報や、キャンペーン情報などいち早く受け取ることができます。友だち追加よろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事