スポンサーリンク

2018年9月20日、GoPro, Inc.は4K/60Pの撮影に対応したフラッグシップモデル「GoPro HERO7 Black」を発表しました。

さらに、Black(フラッグシップ)のみならず、機能を制限した下位モデル、「GoPro HERO7 Silver」(ミドルシップ)、「GoPro HERO7 White」(ローエンド)の全3機種を同時発表。「GoPro HERO7 Black」のメーカー希望小売価格は税込5万3,460円となっています。

 

進化した「GoPro HERO7 Black」の特徴&魅力

前モデル「GoPro HERO6 」から大きく性能アップした「GoPro HERO7 」の特徴と魅力を「 Black」を中心にご紹介していきます。

 

「HyperSmooth」のジンバル並みの滑らかな映像

「GoPro HERO7 Black 」はビデオスタビライゼーション「HyperSmoothビデオ」という機能搭載で、手ブレ補正を強化。まるで電動ジンバルを使用しているような滑らかな映像が撮れるようになりました。前モデルの「GoPro HERO6」と比べてみても、手ぶれ補正がかなりよくなっていることが映像からわかります。

 

 

カメラ本体で手ぶれ補正をしてくれるので、電動ジンバルの使えない水中などでも滑らかな映像が撮れるのはかなり嬉しいポイントです。

 

 「GoPro HERO7 Black」のみ対応の機能。「GoPro HERO7 Silver」「GoPro HERO7 White」は未対応。

 

新エフェクト機能「TimeWarpビデオ」

新しく追加されたエフェクト機能「TimeWarpビデオ」が追加され、まるで「魔法の絨毯」に乗っているような、スピードアップした動画の撮影が可能になりました。

 

 

衝撃耐久性・防水性もアップ

衝撃耐久性・防水性もアップ

出典:GoPro HERO7 Black

ハウジングなしで水深10mまでの防水を実現しています。また、衝撃耐久性能も向上しているので、マリンスポーツや激しいスポーツの記録でも、ちょっとやそっとで壊れることはないので、気を遣わず存分に楽しみながら撮影できます。

 

 

音声コントロールで手ぶら撮影も可能

手ぶら撮影対応

出典:GoPro HERO7 Black

自転車、バイク、スキー、カヌーなど、手の塞がるスポーツでの映像を記録したいという場合でも、大丈夫!音声で呼びかけるだけで、Go Proを操作することができる音声コントロールが可能。またタッチ操作にも対応や顔・笑顔の検出機能の搭載されています。これにより手ぶらでの撮影も可能になり、いちいちボタンを押す必要もなくなって、とても便利になりました。

 

 

LIVEストリーミングでSNSシェアも

「GoPro HERO7 Black 」はSNSとの連携も強化していて、LIVEストリーミングでSNSへのシェアもできるようになりました。

 「GoPro HERO7 Black」のみ対応の機能。「GoPro HERO7 Silver」「GoPro HERO7 White」は未対応。

 

 

高品質な8倍スローモーション

「GoPro HERO7 Black 」は超高フレームノートの 1080p240の撮影に対応していて、最大8倍スローモーションの映像が撮れます。決定的な瞬間、一瞬の美しさをスローモーションで楽しむことができます。

 8倍スローモーションは「GoPro HERO7 Black」のみ対応の機能。「GoPro HERO7 Silver」「GoPro HERO7 White」は2倍スローモーションまで。

 

 

 

スポンサーリンク

GoPro HERO7 Black、Silver、Whiteのスペック比較

「GoPro HERO7 Black」、「GoPro HERO7 Silver」、「GoPro HERO7 White」それぞれのスペックを比較します。

 

Black Silver White
ビデオ撮影モード 4K/60fps、2.7K/120fps、
1080p/240fps
4K/30fps、1440/60fps、
1080/60fps
1080/60fps
タッチスクリーン
ビデオ安定化 HyperSmooth 標準 標準
音声コントロール
音声起動 × ×
タイム ラプス ビデオ
スーパーフォト × ×
TimeWarp ビデオ
× ×
ライブストリーミング × ×
スローモーション 8x 2x 2x
QuikStories
ハウジングなしの防水性能
GPS ×

参考:https://jp.gopro.com/help/articles/block/compare-cameras

 

まとめ

以上、「GoPro HERO7 Black」の紹介でした。個人的に、アクションカメラは画質も低いし、使い勝手も悪いので選択肢の中に入ることはありませんでしたが、ここまで機能向上させてきた「GoPro HERO7 Black」は正直とても欲しくなるカメラになりました。

今までアクションカメラを使ったことのない人へもオススメできるカメラとなりそうです。

 

Top画像出典:Amazon

スポンサーリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事