Google One
スポンサーリンク

スマホの中にある大量の写真や動画、一眼で撮った写真たち。みなさんどのように保存していますか?

私はPCのローカルか、クラウドでは「Googleフォト」を使用していたのですが、2021年5月末で「Googleフォト」が画像の無料無制限保存を終了すると発表しました。

(2021年2月現時点では元々ある個人アカウントの上限15GBまでは無料みたいです)私はきっと15GBを超えてそうなので、あと数ヶ月でするっと有料に切り替わるみたいです。ピンチ!

というわけで、今後このまま「Googleフォト」を有料サービス「Google One(グーグルワン)」を契約して使うべきか他のサービスへ移行するべきか考えねばなりません・・・そこで、よく比較される「Amazon Photos(アマゾンフォト)」と検証してみました!

Googleフォトを継続して使う場合「Google One(グーグルワン)」を契約

Google One

出典:GoogleOne(グーグルワン)

Googleが提供する有料クラウドサービス。実は2018年から開始されていて、「Googleフォト」に容量上限ができますよ〜というアナウンスが出たことをきっかけに注目度が上がりました。

Google One(グーグルワン)は、GoogleフォトはもちろんですがGmailやGoogleドライブのGoogleサービス全てのデータ容量がまとめて15GB以上になる個人向けなので、もともと法人アカウントの方はGoogle Workspaceを検討することをおすすめします。

Google Workspaceはこちらから

 

Google One

さてさて、金額に関してですが有料プランは容量が100GBから30TBまでで、100GBで月額250円(年払2,500円)。安いのか高いのか・・・うーん。悩ましい金額ですね。特に容量・金額に変更なく永年かかってくると思うと1年で年払いにしたとして2,500円。5年で12,500円。安いレンズなら買えそうな金額になってきそうですね。特に今までかかっていなかった分、なんとなくお金がかかることに大して抵抗感があります。

そして100GBだと一眼で撮った容量大きめの写真だと結構すぐ足りなくなってしまいそうだなというのがあり、流動的に使うならまだしも保存という意味では少し頼りないのかもしれないな〜というのが印象でした。

 

スポンサーリンク

Amazon Prime会員ならこっち?「Amazon Phots(アマゾンフォト)」

Google One

出典:Amazon Photos

Amazon prime会員だと、有力候補に上がるのは「Amazon phots(アマゾンフォト)」。ご存知の方も多いと思いますがAmazon primeとは、Amazonで注文した商品配送料が無料、ビデオ・音楽・ラジオなどのサブスク機能も備えている有料サービスです。このサービスの中に「Amazon phots(アマゾンフォト)」も含まれていて、Amazon primeについてくる特典サービスを利用できて月額500円(年払いだと4,900円)で利用できます。

ちょうど私がAmazon Prime会員なので、実際に使用してみました。

Google One

PCからの操作ですが、使い勝手はGoogleフォトとそんなに大差ないように感じます。スマホからだとアプリを使用して、自動バックアップ機能もあるそうです。すごい。

 

Amazon Photos(アマゾンフォト)アプリダウンロードはこちらから

 

と、ここまで金額や容量で比較してきましたが実際に私が使用するときに譲れない2つを比較してみようと思います。

 

スポンサーリンク

ローカルにおくとすごい容量になってしまうRAWデータの保存。

Google One

基本的にはRAWデータはローカルにおいておくことが多いのですが、容量が大きい上違うところで作業したいときにクラウド上においておけると便利なので、ここもできればおさえておきたいところです。さて、両者どうなのでしょうか。

※カメラ Canon5D mark4/PC Windows&Mac bookの両方/ブラウザ chrome ver88.0.4324.182 で検証しました

Google One

Amazon Phots(アマゾンフォト)は問題なくアップでき、ダウンロードもRAWデータのままで行うことができました。

▶︎Amazon Phots(アマゾンフォト)の対応データ一覧はこちら◀︎

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/ref=as_li_ss_tl?nodeId=201649930&linkCode=sl2&tag=appliv-topics-22&linkId=df09dfba9c14b5e92c0213741d489ff9

Googleフォトは、アップするときはRAWで出来るけどダウンロードするとJPEGになってしまうという話もチラホラ聞いているので、ちょっとドキドキしてるのですが・・・

Googleフォトも問題なくアップでき、RAWデータでのダウンロードができました。

▶︎Googleフォトの対応データ一覧はこちら◀︎

 

 

両者RAWデータのアップ・ダウンロードに関しては問題なく行えたので、自分のカメラが対応しているかだけちゃんと確認すればどちらでも問題なさそうですね。

 

写真と同じだけ動画もある、大量の動画を保存できるのはどっち?

Amazon Phots(アマゾンフォト)は動画に関しては5GBまでの制限あり、Googleフォトに関しては契約容量内であれば、動画の制限はないそうです。

というわけで、契約容量によりますがGoogleフォトの方がたくさんあげれそうな気がしますね。特にVlogを書く方や、Youtubeなどに動画をあげる方はGoogleフォトの方が汎用性が高い気がします。

▶︎Googleフォト動画バックアップについて(対応拡張子など書いています)◀︎

 

まとめ

Amazon Prime会員の私はひとまずAmazon phots(アマゾンフォト)へ移行することとなりそうです。Amazonから発売されているFire TV Stick(を使えばアプリを通してテレビで写真や動画を見ることができるようで、Fire TV Stickがすでに手元にある方は、さらにAmazon phots(アマゾンフォト)を楽しめそうですね。

しかし、ちょうどこの記事を書いている数日前にGoogleフォトが新機能を発表し、動画エディター機能を追加すると発表しました。詳細はまだ出ていませんが、写真や動画を保存するだけではなく編集機能もつくとなると動画編集ソフトやアプリにお金をかけなくても動画編集が簡単にできるアプリとして人気にもなっていきそうです。こう考えるとGoogleフォトもおもしろそうですよね。今後もアップデートされていきそうなので、動向を追いたいと思います~!

 

スポンサードリンク
スポンサーリンク
関西写真部SHARE「LINE@」でお役立ち情報配信中!
関西写真部SHARE LINE@

関西写真部SHAREの公式LINE@を友だち追加しておくと、カメラ・写真に関するお役立ち情報や、キャンペーン情報などいち早く受け取ることができます。友だち追加よろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事