「Godox SL60W」外観
スポンサーリンク

 

小野友暉
どうも関西写真部SHAREの小野友暉(@yu_ki__kono)です。

 

今回は、初心者でも扱いやすい、写真や動画撮影で使える定常光「Godox SL60W」のレビューをお届けしたいと思います。

初めての定常光でお悩みのフォトグラファーや動画クリエイターにぜひおすすめしたい優れた定常光です!

 

また、過去記事でおすすめの定常光のまとめ記事を書いています。よければこちらもご覧ください。

 

 

「Godox SL60W」はカメラ初心者やYoutuberにおすすめ!

定常光「Godox SL60W」はライティング初心者のカメラマンやVlogや語り形のYoutuber、動画クリエイターにおすすめです。

理由としては

  • 価格か安い
  • 扱いが簡単
  • アクセサリーが豊富

があげられます。

 

「Godox SL60W」は1万円代で購入することができる安価な定常光になります。本格的なライティングだと60Wでは明るさが物足りない場面もあるかもしれませんが、簡単な写真、動画撮影、補助光としてであれば十分な光量です。

定常光は基本的に電源をつけて、明るさを%で調整するだけなので、ストロボに比べると扱いは比較的簡単です。

また、シャッターを切った瞬間だけ光るストロボ光と違い、定常光は常に発行しているので、撮影の結果が肉眼で確認できます。ライティングが苦手な方でも手をだしやすいと思います。

さらにGodox製品ということもあり、ソフトボックスや、バーンドア、リフレクターなどのアクセサリー類も非常に豊富です。

Amazonで調べたら欲しいものは大体手に入れられるので、後から買い足すこともできます。もともとGodox製品を使っているカメラマン、動画クリエイターであれば、アクセサリー類を使いまわすこともできます。

 

 

 

スポンサーリンク

「Godox SL60W」の外観をチェック

それでは「Godox SL60W」の外観をチェックしていきます。

「Godox SL60W」外観

本体は全長約25cmです。

 

重さがそれなりにあるので、取手がついているのはありがたいです。

 

こちらが照明部分。

「Godox SL60W」外観

 

普段使わないときは付属の専用カバーを付けておきます。

「Godox SL60W」外観

 

「Godox SL60W」外観

またリフレクターも付属していました。アンブレラを刺す用の穴も空いています。

 

「Godox SL60W」外観

リフレクターを装着すると全長は35cmとかなりの大きさになります。

 

「Godox SL60W」のマウントはBowensマウントになります。定常光をダイレクト光で使うことはあまり無いので、一緒にBowensマウントのソフトボックスを購入することをおすすめします。

 

僕は85cmと90cmと120cmのソフトボックスを持っています。

 

 

120cmのソフトボックスは大きすぎたので、85cm、90cmあたりがおすすめです。

 

 

 

そしてこちらが電源コード。

「Godox SL60W」外観

 

購入したところによって、電源コードが3ピンになっていることがあります。(僕が購入したところでは3ピンの電源コードが送られてきました...確認不足でした!)

「Godox SL60W」外観

 

その場合は変換器が必要になります。

「Godox SL60W」外観

ここは購入時に確認しておきましょう。

 

 

電源プラグを指して、電源をつけるとあとはつまみで明るさを調整することができます。

「Godox SL60W」外観

グループとチャンネルの設定は1灯で使う場合は使うことはありません。

 

これだけで簡単に使用することができます。

 

 

 

「Godox SL60W」を使って撮影した作例紹介

Godox SL60W

それでは実際に「Godox SL60W」を使って撮影した写真と動画をそれぞれご紹介していきたいと思います。

 

 

「Godox SL60W」を使って撮影した写真

まずは「Godox SL60W」を撮影した写真の作例から。「Godox SL60W」をに85cmのソフトボックス+ハニカムグリッドをつけてポートレートを撮影してみました。

『Godox SL60W』 写真作例

 

『Godox SL60W』 写真作例

 

『Godox SL60W』 写真作例

ハニカムグリッドをつけているせいもあって、周辺光量は落ち気味ですが、顔寄りで撮影する分には十分な光量です。

 

全身の撮影ではしんどいかなと感じました。

 

 

 

 

 

 

「Godox SL60W」を使って撮影した動画

続いて、「Godox SL60W」を使って撮影した動画の作例をご紹介します。先ほどと同じく「Godox SL60W」と85cmのソフトボックス+ハニカムグリッドを付けて撮影しています。ちょっとイキった感じの動画を撮影してみました...!

 

 

部屋を真っ暗な状態にして、「Godox SL60W」1灯だけで撮影しましたがやや明るさが足りないかなと思うシーンがたびたびありました。こちらの動画はあえて暗めに撮影しましたが、状況によっては光量不足を感じることが出てくるかもしれません。

 

 

実際に使ってみた感想まとめ

実際に使って写真や動画を撮影してみました!まず良かった点からあげると、とっても簡単に扱うことができました。

今回機械が苦手という女の子にも「Godox SL60W」を使ってもらったのですが、電源プラグをさして電源をONにするだけで、あとはつまみを回して明るさを調整するだけだったので、とても簡単に扱えたと言っていました。

 

ストロボを使ったライティングが苦手な方におすすめです。

 

気になる点をあげると、本格的なライティングでは光量が物足りないなと感じました。メインとなるキーライトとしての使い方は室内での寄りのカットで制限されてしまいそうです。

また本体はなかなかの大きさなので、持ち運ぶのは結構大変です。

 

まとめると室内で、ブツ撮りやバストアップくらいのポートレート撮影、動画撮影などで使うのに向いています。この価格でこれだけの定常光が手に入るのであれば文句なしです。結果としては満足度の高い買い物でした。

 

 

最後に

以上、カメラ・動画初心者におすすめの定常光「Godox SL60W」のレビューをお届けしました。自然光で撮影する写真も素敵ですが、ライティング撮影も習得しておけば、写真や動画でより良く見せることができます。

 

写真・動画のクオリティが高くなることは間違いないでしょう。いきなり高額な機材は購入するにも勇気が入りますが、「Godox SL60W」はコスパ抜群で価格以上の働きをしてくれる定常光だと思うので、とてもおすすめです。気になったクリエイターはぜひ購入をご検討ください。

 

 

また過去に海外Youtuber風の動画ライティングについての記事も書いているので、よければこちらもご覧ください。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
関西写真部SHARE「LINE@」でお役立ち情報配信中!
関西写真部SHARE LINE@

関西写真部SHAREの公式LINE@を友だち追加しておくと、カメラ・写真に関するお役立ち情報や、キャンペーン情報などいち早く受け取ることができます。友だち追加よろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事