10,000円以下で買える!カメラ購入時に一緒に買うべきのカメラアイテムを紹介します。

カメラとレンズ以外のアイテム

カメラを始めると、当然カメラ本体とレンズ以外のアイテムが必要になってきます。例えば、メンテナンスグッズやカメラバッグ、ストラップなどです。撮るジャンルによっては必要な撮影機材なんかも出てきます。フィルターや三脚、リモートリモコンなどがそうです。今回はそれらのアイテムに焦点を当てて、10,000円以下で買えるカメラグッズを紹介していきたいと思います。

 

メンテナンスグッズ

ブロアー

ブロアー

引用:https://www.amazon.co.jp

これからカメラを長く使い続けるのであればメンテナンスグッズは必須になります。最低限ブロアーは用意しましょう。ブロアーとはカメラやレンズの埃を吹き飛ばしてくれるお掃除アイテムです。ものにもよりますが基本的にそんなに値段もしません。一つは持っておいたほうがいいアイテムです。

 

エアダスター

エアダスター

引用:https://www.amazon.co.jp

ブロアーを使っていると、目に見えているのに飛ばないホコリなんかも出てきます。そんな時にあると便利なのが、エアダスターです。こちらの方がかなり勢いが強いので、しっかりとホコリを飛ばしてくれます。逆さ噴射OKのものを選ぶとより便利です。使い捨てなので、ブロアーよりは高くつきますが、しっかりとホコリを取り除きたいという方にはオススメです。

 

レンズペン

レンズペン

引用:https://www.amazon.co.jp

野外での撮影時に持ち歩くように1本持っておくとかなり便利なアイテムです。野外での撮影では場所によっては埃や塵が多く発生しているところもあります。思わぬアクシデントでレンズやカメラを汚してしまったという時にもレンズペンが1本あるとかなり重宝します。そんなに場所もとらないのでカバンに入れっぱなしにしておけばいいと思います。(僕もそうして毎日持ち歩いてます。)

 

レンズ保護フィルター

レンズ保護フィルター

引用:https://www.amazon.co.jp

レンズを購入した時は必ず、レンズ保護フィルターを購入しましょう。僕もレンズを追加した際は必ず一緒に保護フィルターを買います。保護フィルターとはその名の通りレンズが傷つかないように保護してくれるフィルターです。レンズの表面を直接傷つけてしまったら、修理代などを考えるとかなりお金がかかります。

バッグ類

カメラバッグ

ヘリンボーンカメラバック

引用:https://www.amazon.co.jp

野外にカメラを持ち出すのであればカメラバッグは最低限必要になってきます。普通のカバンにいれれないことはありませんが、クッションがないとやはり不安ですし、もしものことを考えるとしっかりとクッションのついたカメラバッグを用意することをお勧めします。カメラの買い替えや修理代にお金を使うくらいなら、カメラバッグをしっかり用意しましょう。最近はおしゃれなカメラバッグも増えてきています。以前、カメラバッグに関する記事も書いているので、よければお読みください。


 

インナーバッグ

インナーバッグ

引用:https://www.amazon.co.jp

カメラバッグを買うほどの予算がないという方にオススメなのがこのインナーバッグです。これを持っていれば普段使っているカバンにカメラを入れて持ち歩くことができます。カメラバッグを新品で買うよりは安く済みます。

 

撮影アイテム

予備バッテリー

バッテリー

引用:https://www.amazon.co.jp

旅行の際や、野外での撮影など、外出先で長時間カメラを使用するのであれば予備バッテリーが一個あると便利です。僕はお仕事としてカメラを持つことも多いので、予備バッテリーは必ず持ち歩きます。バッテリーが切れて写真撮れません!じゃ話にならないので。仕事としてしていない人でもせっかくカメラを持ち歩いているのに撮れなくなったんじゃ困りますよね。そういう時のためにも予備バッテリーを用意しておくことをお勧めします。

 

SDカード

SDカード

引用:https://www.amazon.co.jp

カメラとレンズだけあっても記録媒体がなければ写真を撮ることはできません。SDカードは必須のアイテムですね。SDカードを選ぶ際に見るべきポイントは容量、読み込み・書き込み速度、耐久性、値段といったところでしょうか。連写することが多く、決定的瞬間を逃したくないという方は少し値は張りますが、容量が大きくて速度の速いSDカードを買うことをお勧めします。逆に安く抑えたいという方は、容量小さめで速度の遅いSDカードを選べば、かなり安い値段で手に入れることもできます。また、メーカーによっても耐久性が違うので自分に合ったSDカードをしっかり見極めましょう。

ミニ三脚

ミニ三脚

引用:https://www.amazon.co.jp

これは必須アイテムではありませんがあると意外と便利です。「三脚を持ち運ぶのは大げさだし荷物になるからあんまり持ち歩きたくない…けどいざという時に三脚は欲しい!」という時にかなり活躍してくれます。このサイズ感であればカバンの中にもしまっておけるので、ちょっとした集合写真や風景撮影などにいいと思います。

 

 

まとめ

以上、カメラ購入時に一緒に買うべきのカメラアイテムを紹介しました。今回紹介したもの全て10,000円以下で買えてしまうので、全部とはいかなくとも揃えられるものは揃えておきましょう!

 

 

小野友暉

写真家 小野友暉
鹿児島県出身。大阪在住の写真家。関西写真部SHARE代表。1992年11月20日生まれ。主に関西で活動する。他にもWebデザイナー・グラフィックデザイナー・SEOコンサルとしても仕事をしている。

>>小野友暉のプロフィールページ




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

写真部新企画!初めての写真批評会を開催しました!

SHAREフォトコン結果発表!第1回開催 2017年1月 テーマ「笑顔」

関連記事

  1. 沖縄料理屋『海の彼方』

    沖縄料理屋『海の彼方』

    知り合いの店主がやってる沖縄料理屋へ行ってきました。元々店員で働いていた方が…

  2. フルサイズ機最強機種!ついにニコン(Nikon)D5を買ってしま…

    Nikon D5購入レビュープロフェッショナル向けフラグシップ機のNikonD5をついに購入しま…

  3. 朝の自然光を使って

    トーンカーブを使って雰囲気のあるワンランク上の作品を作ろう!

    トーンカーブを使った写真最近ちょっと暇な時間ができたので、PCの整理をしていたら過去に撮…

  4. 懐かしのインスタントカメラ、チェキを始めよう!おすすめを紹介しま…

    デジタルカメラやスマホが普及してきた現代で、逆にアナログのカメラもブームになっているそうです。昨年2…

  5. 双松桃子

    女優・タレントで活動している双松桃子さんと写真集に向けて撮影をし…

    写真集プロジェクトSHARE代表の小野友暉です。最近の活動報告をします。…

  6. フィルム写真

    写真を”撮る”ということの意識が変わる!フィルムカメラを使ってス…

    デジタルが当たり前の時代アナログ時代からデジタル時代へと移り変わった現代では、デジタル製品を使う…

  7. 枚方T-SITE

    枚方T-SITE

    先月OPENしたばかりの枚方T-SITEへ仕事で取材に行ってきました。枚方T-SIT…

  8. 旅行におすすめカメラ

    旅行に超おすすめのカメラ!その他必須アイテム!をまとめてみました…

    旅行に最適なカメラとは?せっかく旅行に行くんだから旅行先での写真を綺麗に収めたいと思っている方も…

Webライター小野友暉

写真家 小野友暉
鹿児島県出身。大阪在住の写真家。関西写真部SHARE代表。1992年11月20日生まれ。主に関西で活動する。他にもWebデザイナー・グラフィックデザイナー・SEOコンサルとしても仕事をしている。月間3万PVのブログを運営するブロガーでもある。
>>小野友暉のプロフィールページ

最近の記事

  1. 撮影風景
  2. ファッション&ライブショー
  3. 明瞭度
  4. 撮影風景

気になったらクリック!

PAGE TOP