• おすすめのカメラバッグ その他レビュー
    普段使いにもいい!おしゃれでおすすめのカメラバッグを紹介
    2017年1月11日
  • インスタグラムフィーチャーアカウントまとめ その他
    Instagram(インスタ)国内のフィーチャーアカウントとハッシュタグ紹介!
    2017年11月8日
  • ポートレートにおすすめの単焦点レンズ レンズ
    ポートレートにおすすめの単焦点レンズを紹介します!
    2017年9月25日
  • 国内の女性写真家 写真家
    カメラ女子へ!国内のオススメの女性写真家をまとめてみた!
    2017年1月19日
  • おしゃれなレザーカメラストラップ その他レビュー
    カメラ女子・男子におすすめ!おしゃれなレザーカメラストラップ
    2018年1月8日
  • フィルムカメラを始めよう カメラ
    フィルム初心者の方へ!フィルムカメラを始めよう!フィルムカメラ入門
    2016年12月29日
  • 撮影した写真 撮影
    屋上で撮るポートレート!曇りの半逆光でのストロボライティング
    2018年1月13日
  • ポートフォリオサイト Web
    フォトグラファーのポートフォリオサイトを簡単に作れる便利なツール紹介
    2018年1月5日
カメラをしている人へ!シーン別でおすすめの三脚を紹介!

まだ三脚を持っていない方、持ってるけどいい三脚が欲しいという方に向けておすすめのカメラ用の三脚を紹介します。安くてもしっかりカメラを支えられなければ三脚の意味はありませんし、とりあえず高いのを買ったけど、大きすぎて持ち運びに不便…など、三脚は意外と失敗しやすいアイテム。撮りたいシーン・用途別に最適なおすすめ三脚をまとめました。

 

 

スポンサーリンク

三脚の必要性

 

まず、三脚の必要性について。ブレのない写真や、ノイズの少ない、より綺麗な写真を撮ろうと思ったら三脚は必ず必要なアイテムとなります。どのようなジャンルの写真を撮るかにもよりますが、写真をやっていく上では三脚を必要とするシチュエーションは多いです。また三脚があると撮影できる写真の幅は大きく広がります。一つ持っておいて損はないでしょう。

 

三脚が必要なシチュエーション

では実際に三脚を使うシチュエーションとはどのようなものなのかをいくつかまとめていきたいと思います。

 

長時間露光撮影

星空撮影
星空撮影や花火撮影など、シャッタースピードを遅くして撮影する長時間露光の撮影では三脚を必要とします。

 

 

マクロ撮影

小野友暉の写真

マクロ撮影は目には見えない世界で、かなり被写体を大きく写すので、普通の撮影よりも手ブレや被写体ブレ、ピンボケが発生しやすくなります。手持ち撮影できるマクロレンズもありますが、基本的にはマクロ撮影に三脚は必須のアイテムです。

 

 

超望遠撮影

超望遠撮影

シャッタースピードが遅くなると手ブレがしやすくなってしまうのですが、レンズの焦点距離が長くなればなるほどシャッタースピードは遅くなってしまいます。超望遠レンズを使う際は手ブレが発生しやすくなってしまうため、三脚があると綺麗に撮影できます。

 

 

構図固定の撮影

構図固定の撮影

構図を完全に固定して同じ絵を複数枚撮影する場合も、三脚が必要となります。ブラケット撮影などの、同じ画を明暗で撮影する場合や、ブツ撮りライティングなどがそうです。

 

 

 

動画撮影

動画撮影

動画撮影時にも三脚があると便利です。綺麗に動画を撮影しようと思うと手持ち撮影では限界があります。滑らかな動きができるビデオカメラ用の三脚があると、ストレスの少ない映像が撮れるようになります。

 

 

集合写真撮影

SHARE

グループの集合写真を撮影する場合も、三脚が必要となります。全員で写りこみたい場合、シャッターを切ることができないんで、そんな時に三脚があると、カメラを設置し、セルフタイマーで人手を使わずにみんなで集合写真を撮ることができます。

 

 

 

スポンサーリンク

三脚の構造

三脚の構造
続いて三脚の構造について説明していきます。三脚は雲台部分と三脚部分に分けることができます。雲台とはカメラを乗せる台のことを言います。雲台にも自由雲台や、3way雲台など、様々な種類があります。撮影用途やカメラにあった雲台を選ぶといいでしょう。

 

一般的に販売されている三脚は雲台もついた状態で売られていますが、別で雲台だけ購入してつけ変えたりもできます。その場合、雲台にあった三脚を用意しないと、安定しなかったり、三脚としての役割を果たさない場合があります。その辺りを注意して購入しましょう。

 

 

 

おすすめの三脚をシーン・用途別に紹介

 

写真をやっていると「三脚を必要とするシチュエーションが非常に多い」ということがよくわかったと思います。ですが、一つの三脚で、様々なジャンルの撮影をカバーするのは難しいです。三脚にはそれぞれ特徴があり、自分が撮りたいジャンルにあった三脚選びをしなければ、非常にもったいないです。なるべく失敗しないためにもシーン・用途別におすすめの三脚を紹介していきたいと思います。

 

 

長く使える万能な三脚

どうせお金をかけるのであれば長く使える三脚を!という方におすすめの三脚を紹介します。

 

Manfrotto(マンフロット) Befree アルミ MKBFRA4D-BH

Manfrotto Befree アルミ MKBFRA4D-BH

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

おすすめ度

 

素材 アルミ
段数 4段
本体重量 1.4kg
積載重量 4kg

 

コメント
本体重量1.4kgと軽量ながら、非常に安定感の高いマンフロットの三脚です。洗練されたイタリアンデザインがかっこ良く、カラーバリエーションも豊かです。少々お値段はしますが、長く使えるという点では持ちがいないと思います。

 

 

 

Manfrotto(マンフロット) Befree カーボンファイバー MKBFRC4-BH

Manfrotto Befree カーボンファイバー MKBFRC4-BH

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

おすすめ度

 

素材 カーボン
段数 4段
本体重量 1.1kg
 積載重量 4kg
コメント
先ほど紹介したマンフロットの三脚がアルミ製だったのに対して、こちらはカーボン製の三脚になります。本体重量はさらに軽くなり、1.1kgと驚きの軽量を実現しました。これで持ち運びは苦になりません。憧れのカーボン製の三脚は間違いなく長く愛用できます。

 

 

 

SLIK(スリック)ライトカーボン E84

SLIKライトカーボン E84

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

おすすめ度

 

素材 カーボン
段数 4段
本体重量 2kg
積載重量 5kg
コメント
三脚のブランドで有名なSILMからカーボン製の三脚です。3way雲台を採用しており、使いやすさは抜群にいいです。しっかり撮りたい!という方にはおすすめの三脚。全長1724mmで積載重量も5kgとスペックも高いので、重たいカメラでもしっかりと安定して乗せることができます。

 

 

 

マクロ撮影におすすめ三脚

続いてマクロ撮影する際におすすめの三脚を紹介していきます。マクロ撮影では接写になるため、ローポジションでの撮影が可能な三脚があると大変便利です。また、普通の三脚などが設置しづらい場所でも好きな角度で設置できる三脚があるとなお思い通りの写真が撮りやすくなります。

 

 

Velbon(ベルボン) ウルトラ553 ミニ

Velbon ミニ三脚 ウルトラロック ULTRA mini 5段 小型 アルミ製

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

おすすめ度

 

素材 アルミ
段数 5段
本体重量 597g
積載重量 1.5kg
コメント
マクロ撮影ならではのローポジションにも対応したVelbonの三脚です。自由雲台を採用していてある程度好きな角度に固定できます。収納時は500mlのペットボトルよりも小さくなるため、大変持ち運びも便利な接写用三脚です。

 

 

JOBY(ジョビー) 一眼レフカメラ用フレキシブル三脚

JOBY 一眼レフカメラ用フレキシブル三脚

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

おすすめ度

 

素材 プラスチック
段数 -
本体重量 386g
積載重量 3kg
コメント
最近よく見かけるようになったJOBYのフレキシブル三脚です。積載重量3kgと見かけに寄らず意外と重いカメラにも耐えてくれます。普通の三脚が設置しにくいような場所でも、場所を選ばず、ある程度好きな角度で設置できます。ローポジのみになってしまいますが、野外のマクロ撮影では便利で、撮影の幅も広がります。普段のメインとしてはなり得ないにしても、サブの三脚としてはとても欲しくなる三脚です。

 

 

 

長時間露光におすすめ三脚

続いて、星空撮影(長時間露光)におすすめの三脚を紹介します。星空撮影での三脚は野外での設置になるため、風の影響があってもしっかりブレずに耐えてくれる三脚が求められます。スタートレイルのような写真を撮ろうとと思ったら重くて大きめの三脚が向いていると思われます。

 

GITZO(ジッツォ) マウンテニア 2型 GT2532
GITZO 三脚 マウンテニア 2型 カーボン 3段 GT2532

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

おすすめ度

 

素材 カーボン
段数 3段
本体重量 1.6kg
積載重量 18kg
コメント
三脚の行き着く先はGITZOと言われます。星空撮影ではブレがあると致命的。絶対にブレを無くしたいのであれば、GITZOをおすすめします。プロの愛用家も多く、価格を見るとびっくりしますが、高いパフォーマンスを魅せられてついつい納得させられます。今までの三脚と比べても積載重量が18kgと、比べ物になりません。このGT2532はGITZOの中でも比較的安く、持ち運びしやすいため山登り時の風景撮影や星空撮影などにはもってこいです。

 

 

 

安くて質の高い三脚

とりあえず三脚が欲しい...、あまりお金をかけられないけどなるべく質の高い三脚が欲しい...。とお考えの方におすすめの安くて質の高い三脚をまとめてみました!

 

 

SLIK(スリック) GX 6400

SLIK(スリック) GX 6400

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

おすすめ度

 

素材 -
段数 4段
本体重量 1.2kg
積載重量 1.5kg
コメント
SILMからコスパ最強の三脚です。ある程度の重量にも耐えれて、全長も1540mmとそこそこあります。収納時にもそれなりの大きさがあるので、持ち運びにはやや不便ですが3,000円台でこれだけの三脚が手に入るのであれば、コスパは抜群と言えます。

 

 

Velbon(ベルボン)ファミリー三脚 M45

Velbon 三脚 レバー式 M45 4段 小型 3Way雲台付 クイックシュー対応 アルミ製

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

おすすめ度

 

素材 アルミ
段数 4段
本体重量 945g
積載重量 1.5kg
コメント
Velbonからもとんでもなく安い三脚が出ています。先ほど紹介したSILKの三脚もコスパ良いと感じますが、この三脚もなかなかです。値段は若干こちらが安く、重量も軽く、積載重量は全く同じでこちらもコスパの良い三脚となってます。初めて三脚を買うという方はとりあえずこの辺をせめていってもいいかもしれません。無駄な買い物とはなりにくいです。

 

 

ビデオ撮影におすすめの三脚

続いてビデオカメラ用、ビデオ撮影におすすめの三脚を紹介していきます。ビデオカメラ用の三脚と写真用の三脚はどう違うのか?意外と知らない人が多いのですが、説明するとビデオカメラ用の雲台はフリュード雲台と呼ばれる、滑らかな動きができる雲台を採用しているので、撮る映像も滑らかなものになります。それに対して写真用の三脚は動かす前提にはそもそも作られていないので、滑らかな動きはできません。そこの違いを知った上でおすすめのビデオカメラ用三脚を紹介します。

 

 

 

SONY(ソニー) VCT-VPR1

SONY VCT-VPR1

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

おすすめ度

 

素材 アルミ
段数 4段
本体重量 1.3kg
積載重量 -
コメント
ビデオカメラ用の三脚はかさばりがちなのですが、このソニーの三脚は折りたたんだ時に全長480mmと比較的コンパクトに収まります。そしてこの三脚の最大の特徴はリモコン付きだということ。カメラを付けて、リモコンで操作しながら撮影できるので、快適な撮影が楽しめます。

 

 

 

Velbon(ベルボン) EX-447 VIDEO

Velbon ビデオ用三脚 レバー式 EX-447 VIDEO

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

おすすめ度

 

素材 アルミ
段数 4段
本体重量 1.15kg
積載重量 1kg
コメント
とりあえずビデオカメラ用の三脚が欲しい!という方におすすめなのがこの三脚、ビデオカメラ用の三脚としては非常に安く、それなりの安定感があります。本格的な撮影は難しいですが、ホームビデオ用などであれば十分に使えます。

 

 

 

Manfrotto(マンフロット)MSタイプ MVK500AM

Manfrotto MSタイプ MVK500AM

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

おすすめ度

 

素材 アルミ
段数 3段
本体重量 3.1kg
積載重量 5kg
コメント
ビデオカメラ用の三脚でもやはりマンフロットの三脚は人気が高いです。重量も重く、折りたたんだ時の全長もそれなりの大きさなので、持ち歩きは少々大変でしょうが、安定感のある滑らかな映像は約束してくれます。積載重量も5kgまでと、余裕のある設計となっています。

 

 

 

最後に

以上、シーン・用途別におすすめのカメラ三脚を紹介しました。カメラ三脚はカメラをやる上では必需品となりうるアイテムと言えます。しっかりと三脚の種類や特徴を理解した上で、最適な三脚を選ぶことができればいいですね。

スポンサードリンク
関連キーワード
  • 写真集岸本セシル CECIL10
    岸本セシル写真集「CECIL10」感想レビュー
  • ビル・カニンガム
    映画「ビル・カニンガム&ニューヨーク」写真家ビル・カニンガム
  • 玉城ティナ渇望レビュー
    玉城ティナ写真集「渇望」感想レビュー
  • カメラをしている人へ!シーン別でおすすめの三脚を紹介!
  • おしゃれなレザーカメラストラップ
    カメラ女子・男子におすすめ!おしゃれなレザーカメラストラップ
  • 2017年に発売された写真集
    2017年に発売された注目写真家の写真集紹介

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
新規メンバー
SHAREダイアリー
SHAREに新規のメンバーが加わりました。 えりなちゃんと カエル君こと、こうたろう君。 2人とも息ぴったり! 女の子のえりなちゃんは...