幻想的な写真が撮れるTAMRON マクロレンズ SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

マクロレンズとは!?

今回はTAMRONのマクロレンズの機材購入レビューです。まずは、マクロレンズって何?と思っている方のためにマクロレンズの解説からしたいと思います。

マクロレンズとは被写体を大きく寄せて撮影出来るレンズのことです。いわゆる接写が出来るレンズ。  マクロレンズには、「標準マクロレンズ」と「望遠マクロレンズ」その間の「中望遠マクロレンズ」の3種類があります。

 

 

最大撮影倍率とは

マクロレンズを使う上で最大撮影倍率という言葉があります。この最大撮影倍率とは簡単に言うと、被写体をどれくらい大きく移せるかのを数字で表したものです。この数字が大きければ大きいほどより被写体を大きく写すことができます。マクロレンズと呼ばれるものはこの最大撮影倍率が1倍〜1/2倍のものが多いです。ちなみにこのTAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F004)も最大撮影倍率は1倍になります。マクロレンズと呼ばれるものはほとんどが最大撮影倍率が1倍になります。また1/2倍のものは「ハーフマクロ」1/4倍のものは「クォーターマクロ」と呼ばれます。

 

 

3種類のマクロレンズ焦点距離

最初の説明でマクロレンズには「標準マクロレンズ」「中望遠マクロレンズ」「望遠マクロレンズ」の3種類があると説明しました。それぞれの説明をしていきたいと思います。

  • 標準マクロレンズ

標準マクロレンズは焦点距離50mm前後のマクロレンズのことを言います。

  • 中望遠マクロレンズ

中望遠マクロレンズとは焦点距離90mm〜100mm前後のマクロレンズのことを言います。

  • 望遠マクロレンズ

望遠マクロレンズとは、焦点距離200mm前後のマクロレンズのことを言います。

初めてマクロレンズを買うのであればオススメは中望遠マクロレンズです。中望遠マクロレンズはボケが綺麗で画角もちょうどいいです。僕自身初めてのマクロレンズは中望遠マクロレンズのTAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F004)でした。

 

 

マクロ撮影方法

マクロ撮影は三脚が必須アイテムになってくるのですが、このTAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F004)は優れた手振れ補正が付いているため三脚なしでも手持ちで撮影可能になっています。これがこのレンズのいい部分ですね。

AF(オートフォーカス)でもMF(マニュアルフォーカス)でも好きな方で撮って構いませんが、より接写で撮影する場合はAFが思うように効いてくれないので僕はMFで撮影します。MFで撮影するのも、ファインダーを覗いてピント合わせするのではなく、ライブビューにしてピントを合わせたい部分を拡大しまくった後、MFでピントを合わせてからシャッターを切ると上手くいきます。(あくまで僕のやり方です。)ただ、そこまでするのであれば、三脚は用意した方がいいですが(笑)

 

マクロレンズで撮った写真

先ほど説明したやり方でTAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F004)を使って撮影した写真を紹介していきたいと思います。

小野友暉の写真

この写真は手持ちで撮影しています。手持ちでも結構綺麗に撮れていますよね。なかなか幻想的な感じに撮れるのでマクロレンズは撮っていて楽しくなります。他にもこんな写真も撮りました。

小野友暉の写真

この写真も手持ちで撮影しています。寄ろうと思えば、まだ寄れますが、この時の撮影状況が風強い中でピント合わせが難しかったため、このくらいでシャッターを切りました。

小野友暉の写真

この写真も手持ちで、家にたまっていた外国のコインを撮りました。

 

 

マクロ撮影以外にも使える

マクロレンズだからマクロ撮影にしか使えないと思われがちですが、そうとは限りません。マクロレンズも単焦点レンズの1種なので、普通にポートレートなんかも撮影可能です。TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F004)で撮ったポートレートも紹介したいと思います。

ポートレート

この写真もTAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F004)で撮影しました。全然綺麗に撮れていますよね。90mmという焦点距離がポートレートにもなかなかいい焦点距離なので、マクロレンズにしては幅広く使えるレンズだと思います。

 

 

最後に

以上、マクロレンズのTAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F004)について書きました。現在はこのモデルの新モデルも発売されているようなので、気になった方は是非チェックしてみてください。

 

 

小野友暉

写真家 小野友暉
鹿児島県出身。大阪在住の写真家。関西写真部SHARE代表。1992年11月20日生まれ。主に関西で活動する。他にもWebデザイナー・グラフィックデザイナー・SEOコンサルとしても仕事をしている。
>>小野友暉のプロフィールページ

スポンサードリンク

梅佳代女性写真家の梅佳代。彼女の撮る日本の面白い日常スナップとは!?

お勧め写真集ポートレートを撮る人におすすめの写真集を紹介します。

関連記事

  1. モデル虹帆

    ブローニーフィルムFUJIFILM PRO400H使用レビュー

    中判カメラ用のフィルム、ブローニーフィルム(120Film)である富士フィルム(FUJIFILM)の…

  2. フルサイズ機最強機種!ついにニコン(Nikon)D5を買ってしま…

    Nikon D5購入レビュープロフェッショナル向けフラグシップ機のNikonD5をついに購入しま…

  3. 〜私の選んだカメラ〜 Nikon F3 野崎梨奈

    人との出会いが一期一会であるように、カメラとの出会いも同じように一生に一度の出会いであり、共にある時…

  4. 〜私の選んだカメラ〜 Canon EOS 5D Mark IV …

    写真部メンバーや、その他写真をやっている人に対して、使用しているカメラとの出会いから、なぜそのカメラ…

  5. X-T2動画レビュー

    4K動画の撮れるFUJIFILM X-T2 で動画を撮ってみた!…

    以前、FUJIFILM X-T2を購入後のレビュー記事を書きました。今回は動画も何本か撮影したので動…

  6. Bagsmartのカメラバッグ検証その4

    BAGSMARTのカメラバックレビュー!

    以前書いた「普段使いにもいい!おしゃれでおすすめのカメラバッグを紹介!」で紹介したカメラバッグの中か…

  7. ポートレートにおすすめの単焦点レンズ

    ポートレートにおすすめの単焦点レンズを紹介します!

    関西写真部SHAREでモデル募集をするようになってから、多くのモデルのポートレートを撮影してきて、ポ…

  8. カメラリグを使って撮影中

    富士フィルム X-T2用のカメラリグを使って動画撮影に挑戦!

    今回、動画の評判がいいFujifilmのX-T2用のカメラリグを購入し、早速お試しの動画撮影してみま…

サイト運営者 小野友暉

写真家 小野友暉

 

鹿児島県出身。大阪在住の写真家。元バンドマンからカメラを初めて、2年3ヶ月で年間書籍「プロカメラマン File 2018」に掲載。関西写真部SHARE代表も務める。1992年11月20日生まれの現在24歳。
 
カメラ以外にもWebを使ってマイクロビジネスを展開中。
 
>>小野友暉のプロフィールページ

スポンサーリンク Amazon

最近の記事

  1. インスタグラムフィーチャーアカウントまとめ
  2. 木村伊兵衛写真賞

スポンサーリンク

PAGE TOP