RICHO GRⅡを約1ヶ月使ってみての使用レビュー!

RICHO GRⅡを購入して1ヶ月経ちました!

最強のスナップシューターRICHO GRⅡを購入してから約1ヶ月が経ちました。この1ヶ月間、外出する際にポケットにGRⅡを入れていました。そして気が付いた場所ではとにかく撮影!といったことを繰り返してみました。買って間もない頃にはわからなかったことも、1ヶ月間使用してみると気づいたこともたくさん出てきました。ということで今回は、1ヶ月使用してみてのレビューを書いていきたいと思います。

買って間もない頃のレビュー記事はこちら

 

やっぱりスナップには最適のカメラ!

一ヶ月間使って率直に感じたのは、評判通りスナップには最適なカメラだなと思います。歴代のRICHO GRシリーズがずっと28mmの単焦点レンズを使用しているのも納得しました。この焦点距離がスナップ撮る上では非常に程よい焦点距離で、ズームがなくとも全く不便に感じることはありませんでした。

 

サイズ感がめちゃくちゃいい!

RICHO GRⅡ

一ヶ月間、ほぼ毎日持ち歩いていましたが、全然持ち歩いていても邪魔にはなりませんでした。やはり、ポケットに入れっぱなしにできるほどのサイズ感は持ち歩く上ではめちゃくちゃいいと感じました!これが後少しでも大きければ持ち歩くのにも少し苦労ですが、このサイズは全然苦になりませんでした。後は、外で撮影する上でもこのサイズ感であれば周りの人もそんなに警戒しませんし、黒が一番目立ちにくい色なので、よく考えられて作られているんだなと実感しました。

 

オートフォーカス速度は少し遅め

使用していて、感じたのはオートフォーカスの速度は少し遅めかなーといった印象でした。最初はそんなに遅い印象もありませんでしたが、街中を歩いている時に「この瞬間を撮りたい!」と思った時に、カメラをポケットから出して起動まではいいのですが、フォーカスが遅くてシャッターチャンスを何回か逃した時がありました。でもそこもオートフォーカスの初期設定を“マルチAF”から“スナップ”に変えてあげたら、スナップ撮る上ではストレスないスピードになったので、スナップを撮る場合は、オートフォーカスのモードを“スナップ”にして撮影することをお勧めします。

 

Wi-Fi専用アプリはイマイチ

このGRⅡからWi-Fi機能が搭載されました。Wi-Fi機能を使うことで撮った写真をスマホに転送することができます。ちょうどこの1ヶ月間で旅行する機会があり、旅行先でスマホに写真を移したいなーと思って、アプリを使ってみました。使ってみた感じですが、一言で言うとイマイチでした。アプリの使い方がややこしくて、なかなか理解するのが大変でした。理解しても使いづらい印象でした。アプリはその時一度使用して以来、使ってません(笑)今後のアップデートでどう変わるか期待ですね。

 

意外と使える多彩なエフェクト機能

使用していて、意外とエフェクト機能も使えるなと感じました。RICHO GRⅡのエフェクトは種類豊富で特に、白黒(ハイコントラスト)のエフェクトはカッコいいスナップ写真が撮れます。ここで白黒(ハイコントラスト)で撮影した写真を紹介したいと思います。

RICHO GRⅡで撮った写真

RICHO GRⅡで撮った写真

RICHO GRⅡで撮った写真

RICHO GRⅡで撮った写真

RICHO GRⅡで撮った写真

RICHO GRⅡで撮った写真

雰囲気バリバリありますよね。少々コントラストきつめですが、夜の雰囲気をより引き立たせてくれます。おすすめのエフェクトです。

 

 

ポートレートにも意外と使える。

僕は普段、人(ポートレート)を撮る機会が一番多いのですが、RICHO GRⅡは人を撮るのにも意外と使えます。描写力も高い上に、カラーのレンジも広めなので、いい感じの仕上がりで撮れます。

RICHO GRⅡで撮った写真

RICHO GRⅡで撮った写真

RICHO GRⅡで撮った写真

RICHO GRⅡで撮った写真

すごくふんわりとした感じで柔らかく撮れています。先ほどの白黒(ハイコントラスト)の写真とはまた全然違った印象です。同じカメラで撮ったとは思えませんね。お子さんのいるご家族の方なんかも子供さんの写真を綺麗に撮りたいと思って一眼レフカメラを買って撮ってらっしゃる方もいると思いますが、RICHO GRⅡ1台でそれなりに活躍してくれます。子供の荷物も持ち歩きつつゴツくて重い一眼レフを持ち歩くのは大変ですよね。サブカメラとしてでもRICHO GRⅡがあればふと瞬間をパッとポケットから出すだけで撮れるので、シャッターチャンスは逃さないかなと思いました。

 

まとめ

以上、RICHO GRⅡを一ヶ月間使用してみての使用レビューをまた書いてみました。結論、このカメラはコスパ抜群だと僕は思います。買って損はありませんでした。むしろかなり気に入って毎日持ち歩いてますし、GRⅡに続いて、フィルムカメラのRICHO GR1も中古で購入してしまいました(笑)そちらの方もまた使用レビューを書いていきたいと思っています。

 

 

小野友暉

写真家 小野友暉
鹿児島県出身。大阪在住の写真家。関西写真部SHARE代表。1992年11月20日生まれ。主に関西で活動する。他にもWebデザイナー・グラフィックデザイナー・SEOコンサルとしても仕事をしている。
>>小野友暉のプロフィールページ

スポンサードリンク

夜景ポートレートクリップオンストロボを使った夜景ポートレートでドラマチックな写真に挑戦!

カメラをしている人にオススメするカメラ雑誌!

関連記事

  1. 撮影風景

    Nikon SB-400購入レビュー。中之島公園のバラ園でフィル…

    先日モデルの虹帆と中之島公園に撮影に行ってきました。今回もフィルムカメラでの撮影だったのですが、新し…

  2. Nikon F6で撮った写真

    フィルムカメラの最高峰 Nikon F6を持ってウメキタ広場へ!…

    前回の記事の続きになります。前回記事はこちらから&nbs…

  3. フルサイズ機最強機種!ついにニコン(Nikon)D5を買ってしま…

    Nikon D5購入レビュープロフェッショナル向けフラグシップ機のNikonD5をついに購入しま…

  4. NikonF6で撮った写真

    フィルムカメラの最高峰 Nikon F6

    フィルムカメラNikon F6を購入私事ではありますがずっと欲しかったフィルム一…

  5. Fujifilm XF35mm F1.4R

    Fujifilm(富士フィルム) のレンズXF35mm F1.4…

    Fujifilm(富士フィルム)のX-T2と一緒に購入したレンズ、Fujifilm XF35mm F…

  6. Kodak PORTRA400フィルム

    Kodak(コダック)PROFESSIONAL PORTRA 4…

    Kodak(コダック)のPROFESSIONAL PORTRA 400 フィルムの特徴をまとめたレビ…

  7. 発売から生産終了まで20年間愛され続けてきた名機Nikon F3…

    Nikon F3を衝動買い!フィルムカメラの新規機材として、Nikon F3を購入したの…

  8. Nikon D5500インタビュー記事

    超軽量!人気一眼レフカメラNikon D5500の使用感をインタ…

    Nikon D5500を愛し続けた女世界最小最軽量の一眼レフカメラとして名高いNikon…

サイト運営者 小野友暉

写真家 小野友暉

鹿児島県出身。大阪在住の写真家。関西写真部SHARE代表。1992年11月20日生まれ。主に関西で活動する。他にもWebデザイナー・グラフィックデザイナー・SEOコンサルとしても仕事をしている。月間4万PVのブログを運営するブロガーでもある。

>>小野友暉のプロフィールページ

スポンサーリンク Amazon

最近の記事

  1. Bagsmartのカメラバッグ検証その4
  2. RICHO THETA S
  3. ポートレートトップ

スポンサーリンク

PAGE TOP