『息吹』

北村尚登の作品

『息吹』 北村尚登

里山風景の残る枚方、穂谷の片隅で地産と旬にこだわった割烹料理を営んでいる「心根」さんと、たくさんの命の奇跡が生まれている助産院「ゆずりは助産院」さんで年の暮れに催されるお餅つき。

毎年、たくさんの方の笑顔が見れる素敵な催しで、一年に一度だけ、お餅つきに使われる石臼の朝の様子を切りとりました。その石臼は裏山そばの庭先に置かれ、普段は山の土や木々と共に静かに自然の一部として時を刻んでいます。

餅つきが催されるこの日は自然の中の眠りから目覚め、人の心強い相棒としてたくさんの「よいしょ!」を受け止めてくれます。12月の終わりの朝のピーンと冷たい空気の中、熱いお湯がはられ、少しづつ温もりを取り戻し、息吹のような湯気を立ちのぼらせながら目覚めていきます。

その様子は神秘的で神聖な儀式の様で、とても静かで、とても力強い生命力を感じられる時間でした。

 

撮影場所:枚方市氷室 割烹「心根」/「ゆずりは助産院」

撮影機材:Canon EOS50D

サイト運営者 小野友暉

写真家 小野友暉

鹿児島県出身。大阪在住の写真家。関西写真部SHARE代表。1992年11月20日生まれ。主に関西で活動する。他にもWebデザイナー・グラフィックデザイナー・SEOコンサルとしても仕事をしている。月間4万PVのブログを運営するブロガーでもある。

>>小野友暉のプロフィールページ

最近の記事

  1. SHARE COLLECTION 打ち合わせ
  2. FUJIFILM X-T2
  3. 南京町
  4. 豊崎神社夏祭り

気になったらクリック

PAGE TOP