発売から生産終了まで20年間愛され続けてきた名機Nikon F3!購入レビュー!

Nikon F3を衝動買い!

衝動買い

フィルムカメラの新規機材として、Nikon F3を購入したので、早速購入レビューを書いていきたいと思います。このカメラの購入の予定は全くなかったのですが、最近フィルムカメラを使用する機会が増えてきて、ふとカメラ屋さんに足を運んだ時に、2万円で売られているNikon F3を見つけました!前々からチェックしていたカメラで、状態もなかなか良く、2万円ポッキリという破格の値段で売られていたのでついつい衝動買いしてしまいました!笑

 

 

Nikon F3とは?

Nikon F3とは、ニコンのフラッグシップ機Fシリーズの3台目の機種として、初めて電子制御式シャッター・絞り優先AEを搭載したカメラです。発売された1980年から生産終了までの20年の長期にわたって販売されました。多くの人に愛され、累計販売台数約80万台を誇る大ベストセラーとなったカメラでもあります。生産終了してからもその人気は衰えることはなく、Nikon F3を現役で使っている写真家も多いですね。今話題の若手写真家、奥山由之さんもこのNikon F3を使っていることで有名ですね。写真家奥山由之さんについては過去記事からご覧ください。

 

 

Nikon F3を早速使ってみた!

Nikon F3の外観

Nikon F3

購入後早速Nikon F3を使ってみました。これが正面から見たNikon F3です。見た目からかなりかっこいいですね。今から37年前に発売されたカメラとは思えないほど、洗練されたデザインです。

 

Nikon F3

これが上から見た図。この頃のカメラの特徴として、電源をつけずとも外観から絞り、シャッタースピード、感度などの設定を確認することができます。これはデジタルカメラにはない(ものによってはある)いい部分ですね!

 

 

手動巻き上げのやりがちな失敗

Nikon F3

これはカメラの裏蓋を開けた時の写真。ここにフィルムを入れていきます。フィルムカメラには自動巻あげタイプと手動巻き上げタイプがあるのですが、Nikon F3は手動巻き上げタイプになります。撮るたびに手動でフィルムを巻き上げないといけません。ただその巻き上げる作業がとても心地いいです。これは使ってみて実感するかと思います(笑)

ちなみに僕が普段愛用しているフィルムカメラNikon F6は自動巻あげタイプです。普段自動巻あげに慣れている人がNikon F3のような手動巻き上げタイプを使った時によくやってしまうのが、撮り終えた後にフィルムを巻き終える前に、カメラ裏蓋を開けてしまうことです。基本撮っている最中に裏蓋を開けてフィルムに光を入れてしまうと、露出オーバーで撮ったものがすべて駄目になってしまいます。僕もこれは一度やってしまいました…。しっかり巻いたのを確認してからフィルムは取り出しましょう!!

 

 

フィルムの装填

それともう一つ、Nikon F3で戸惑ったのはフィルムの装填です。初めてフィルムカメラを使うという人であれば難しく感じるかもしれません。慣れていてもたまに失敗してしまうこともあるので、気をつける必要があります。Nikon F3でのフィルムの装填方法を解説している動画がありましたので、載せておきます。

 

 

Nikon F3のファインダー

Nikon F3

出典:https://fivestarcamera.net

Nikon F3はFシリーズで初めてファインダー内部が液晶化されました。写真にもある通り、ファインダー上部右側の小さな四角の部分に絞りが表示され、その横の左側にはシャッタースピードが表示されます。ここで設定を確認しながら撮ることができますね。また、実際に覗くとわかるのですが、ファインダーの中心に円がありそこを基準として、周りの部分(この写真で言うところの円の周りの半透明の部分。)がボケたりします。その中心の円に合わせて周りのピントを合えば、ピントの合っている状態です。僕も初めて見た時はびっくりしましたが、慣れたらむしろこっちの方がピント合わせやすいような気もします。これは説明するより実際に覗いた方が早いので、興味ある方は中古カメラショップで触らしてもらってきてください!

 

 

 

 

Nikon F3で撮った写真

それでは実際にNikon F3で撮影した写真を紹介していきたいと思います。

Nikon F3で撮った写真

Nikon F3で撮った写真

Nikon F3で撮った写真

Nikon F3で撮った写真

Nikon F3で撮った写真

Nikon F3で撮った写真

Nikon F3で撮った写真

Nikon F3で撮った写真

Nikon F3で撮った写真

他にもここからNikon F3で撮影した写真を見ることができます。

NIKON(ニコン)のフィルムカメラF3 で撮影した写真(画像)一覧- 写真共有サイト:PHOTOHITO

 

 

 

最後に

衝動買いでNikon F3を購入してしまいましたが、とてもいい買い物ができました。実際に使ってみると長く愛されていた理由がよくわかりました。こらからどんどん使っていこうと思います。

 

 

 

【PR】Nikon F3を中古で購入するならカメラのキタムラ


 

 

小野友暉

写真家 小野友暉
鹿児島県出身。大阪在住の写真家。関西写真部SHARE代表。1992年11月20日生まれ。主に関西で活動する。他にもWebデザイナー・グラフィックデザイナー・SEOコンサルとしても仕事をしている。

>>小野友暉のプロフィールページ

スポンサードリンク

tomoスマホでフィルムカメラを楽しめる!?36枚撮りの不便なカメラアプリ「TOMO」

清水富美加今話題のあの人!千眼美子こと清水富美加さんの写真集&出版本&MVをまとめてみた!

関連記事

  1. Nikon D5500インタビュー記事

    超軽量!人気一眼レフカメラNikon D5500の使用感をインタ…

    Nikon D5500を愛し続けた女世界最小最軽量の一眼レフカメラとして名高いNikon…

  2. RICHO THETA S

    360°カメラ RICHO THETA S 購入レビュー

    2015年10月に発売された360°カメラ、RICHO 「THETA S」を今更ながら購入しました!…

  3. プロダクトアワー賞

    2016年【カメラ部門】価格.comプロダクトアワー賞をとったカ…

    プロダクトアワー賞とは引用:http://kakaku.com/プロダクトアワー…

  4. RICHO GRⅡ再レビュー!

    RICHO GRⅡを約1ヶ月使ってみての使用レビュー!

    RICHO GRⅡを購入して1ヶ月経ちました!最強のスナップシューターRICHO GRⅡを購入し…

  5. Kodak PORTRA400フィルム

    Kodak(コダック)PROFESSIONAL PORTRA 4…

    Kodak(コダック)のPROFESSIONAL PORTRA 400 フィルムの特徴をまとめたレビ…

  6. RICHO GRⅡ

    スナップ撮る人に本気でオススメする最強コンデジ!RICHO GR…

    最強のスナップシューターとして名高いRICHO GRⅡ。僕の今まで使ってきたどのカメラよりもこのカメ…

  7. RICHO GR1

    フィルムカメラRICHO GR1購入レビュー!

    RICHO GR1まで買ってしまった!僕の持っているカメラの中でも最強のスナップカメラとして活躍…

  8. ロモグラフィーから発売!写ルンですとほぼ同スペックのフィルム交換…

    ロモグラフィーから衝撃的なカメラが発売されました。その名も 『Simple Use Film Cam…

サイト運営者 小野友暉

写真家 小野友暉

鹿児島県出身。大阪在住の写真家。関西写真部SHARE代表。1992年11月20日生まれ。主に関西で活動する。他にもWebデザイナー・グラフィックデザイナー・SEOコンサルとしても仕事をしている。月間4万PVのブログを運営するブロガーでもある。

>>小野友暉のプロフィールページ

スポンサーリンク Amazon

最近の記事

  1. Bagsmartのカメラバッグ検証その4
  2. RICHO THETA S
  3. ポートレートトップ

スポンサーリンク

PAGE TOP